米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

by BITTIMES

米国証券取引委員会(SEC)は2024年1月24日に、世界最大の資産運用会社「ブラックロック」が申請していた現物イーサリアムETFの承認判断を2024年3月10日まで延期したことを発表しました。

BlackRock(ブラックロック)は昨年末に「iShares Ethereum Trust」と呼ばれる現物イーサリアムETFの申請を行なっており、12月にはこの現物ETFの承認判断期限が「2024年1月25日」に設定されていました。

今回の発表では、この期限が2024年3月10日まで延期されたことが報告されており、延期理由については「提案された規則変更とそこで提起された問題を検討するのに十分な時間を確保するため」と説明されています。

なお、米SECは最大240日間まで判断を延期することができるため、ブラックロックの現物イーサリアムETFに関しては2024年8月7日までに最終決定を下す必要があると報告されています。

現物イーサリアムETFは「BlackRock・Fidelity・VanEck・Hashdex」など複数の企業によって申請されており、VanEckやHashdexの申請の結果発表は2024年5月に予定されています。

これらのETFが承認される可能性については専門家の間でも意見が分かれており、「5月に承認される可能性が高い」とする意見や「承認までにはもうしばらく時間がかかる」という意見が出ています。

>>イーサリアム関連の最新記事はこちら

米SEC発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

APENFT「TRON関連資産保有者へのエアドロップ停止」国内取引所も対応変更

APENFT「TRON関連資産保有者へのエアドロップ停止」国内取引所も対応変更

ベンツ:ブロックチェーン技術で「サプライチェーン管理」透明性の向上図る

ベンツ:ブロックチェーン技術で「サプライチェーン管理」透明性の向上図る

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

Libra協会:仮想通貨プロジェクトの名称を「Diem(ディエム)」に改名

Libra協会:仮想通貨プロジェクトの名称を「Diem(ディエム)」に改名

チリーズ(Chiliz/CHZ)ブラジル最大の暗号資産取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)ブラジル最大の暗号資産取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

関東財務局:暗号資産取引所コインベストに行政処分「IEO業務の停止・改善」を命令

関東財務局:暗号資産取引所コインベストに行政処分「IEO業務の停止・改善」を命令

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説