*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

by BITTIMES

早期アクセスから一般アクセスに移行

Web2・Web3対応の次世代ドメインを展開しているD3社は2024年3月27日に、シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の次世代ドメインとなる「*Shib Name Token」のパブリックアクセスを開始したことを発表しました。

*Shib Name Tokenは、NFT形式で発行されるWeb2・Web3対応の次世代ドメインであり、ドメイン購入者は複雑なウォレットアドレスを「myname*shib」のような簡単な文字列に置き換えたり、メールでドメインを使用したり、複数のサービスでIDとして使用したりできるようになる予定となっています。

D3社は2024年3月7日に「*Shib Name Token」の早期アクセス登録受付を開始していましたが、今回は全ての一般ユーザーがアクセスできる「パブリックアクセス」が開始されたことが報告されています。

Woof ShibArmy! 🐕

Shiba Namesは正式にパブリックアクセスを開始しました。

早期アクセスに関する興味深い事実と今後の展開についてご紹介します👇🧵

Shib Nameの取得状況や今後の予定に関する報告も

今回の発表では「早期アクセス時におけるShib Nameの取得状況」や「今後の予定」に関する報告もなされています。

取得されている「Shib Name」の種類

D3社の報告によると、Shib Nameの早期アクセス開始後には「名前・苗字・動物・数字・単語・仮想通貨用語」などを含む何千種類もの名前が取得されたとのことで、具体的には以下のような特徴があると報告されています。

  • 平均的な名前の長さを8文字
  • 最短の名前は2文字
  • 最長の名前は46文字
  • 他にも面白い名前が多数登録されている

今後はウォレットマッピングなどを追加予定

今後の予定については「ウォレットマッピングの追加や、Shib Nameで売買・オファーできるD3マーケットプレイスのローンチなど、今後数週間でエキサイティングな開発を計画している」と説明されています。

Shib Name購入者は現在、D3社の公式サイトにログインすることによって、取得した名前をトークン化したり、契約内容を確認したりできるようになっていますが、今後は新たな機能が追加されていくことになると予想されます。

一般的なWeb3ドメイン関連サービスでは、取得したドメインに自分の各種ウォレットアドレスを紐付けたり、自分のドメインに関連したウェブサイトを作成したりできる機能が提供されているため、D3社が今後提供する具体的なサービス内容にも注目です。

ネームトークンの説明動画も公開

D3社は2024年3月20日に、各種ネームトークンについて簡単に説明する動画も公開しています。

この動画内では、D3社が提供する「*Shib Name Token」などのネームトークンが以下のような用途で使用できることが説明されています。

  • ネームトークンで複数チェーンのウォレットアドレスを一括管理
  • ネームトークンを複数のプラットフォームのユーザー名として使用(SNS・dApps・DeFi・ゲーム・ブロックチェーンエクスプローラーなど)
  • ネームトークンをインフラストラクチャ識別子として使用
  • Webドメインで分散型のウェブサイト&アプリを展開
  • ネームトークンを簡単売買
  • ネームトークンで自分の関心ごとを表現する

>>SHIB関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所FXcoin「法人口座開設の申込受付」開始

暗号資産取引所FXcoin「法人口座開設の申込受付」開始

Chiliz&Socios:クロアチアの強豪「Dinamo Zagreb」と提携|$DZGファントークン発行へ

Chiliz&Socios:クロアチアの強豪「Dinamo Zagreb」と提携|$DZGファントークン発行へ

メタマスク:仮想通貨を法定通貨に換金できる新機能「Sell」追加

メタマスク:仮想通貨を法定通貨に換金できる新機能「Sell」追加

Chiliz&Socios:世界初「サッカーアルゼンチン代表」のファントークン($ARG)発行へ

Chiliz&Socios:世界初「サッカーアルゼンチン代表」のファントークン($ARG)発行へ

Chiliz「NFL・MLB」でもファントークン発行へ|LagardèreSportsと提携

Chiliz「NFL・MLB」でもファントークン発行へ|LagardèreSportsと提携

ゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開へ|第1フェーズ開始

ゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」メインネット公開へ|第1フェーズ開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

SHIB関連のDeFiサービス「K9 Finance」のプレビュー画像公開

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

仮想通貨決済のBitPay:対応銘柄を大幅拡充「利用可能なトークンリスト」も公開

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Shibarium基盤NFTを格安販売「イースターエッグイベント」開催:Mantra Protocol

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す