米裁判所:BINANCE元CEOに「禁錮4ヶ月」の実刑判決|CZ氏から感謝のメッセージも

by BITTIMES

懲役3年の要求を退け「懲役4ヶ月」の実刑判決

ワシントン州西地区連邦地方裁判所の判事は2024年4月30日に、暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)の創業者・前CEOであるジャオ・チャンポン(CZ)氏に対して「懲役4ヶ月」の判決を下したことが明らかになりました。

検察側は「CZ氏の違法行為の範囲と影響は甚大だった」として量刑を18ヶ月から3年に引き上げるように求めていましたが、リチャード・ジョーンズ判事はこの要求を退けて禁錮4ヶ月の実刑判決を言い渡したと報告されています。

CZ氏の弁護側は「初犯であること・怯むことなく責任を認めたこと・5,000万ドルという巨額の罰金を支払ったこと・これまでのほぼ同様の事件で被告が投獄されていないこと」などを理由として執行猶予を求めていました。

一方検察側は、BINANCEの犯罪が他の犯罪よりも桁外れに大きいものであることから「犯罪の重大さを反映させるために十分な投獄期間を含む判決が必要である」と述べており、「執行猶予付きの判決を下した場合には、他の犯罪者が同様の犯罪行う動機になってしまう」と説明したと報告されています。

しかし、リチャード・ジョーンズ判事は最終的に懲役3年の要求には同意しておらず「CZ氏が具体的な違法行為について知らされていたという証拠はない」「CZ氏が再犯を犯す可能性は低い」と説明しています。

今後は教育に集中、仮想通貨も継続して保持

ジャオ・チャンポン(CZ)氏は2024年5月1日のX投稿で、CZ氏に対して応援メッセージを送っていたコミュニティに対する感謝のコメントも投稿しています。

同氏は「手紙やX投稿などで寄せられた様々な応援メッセージは私を強くしてくれた」と述べており、今度は人生の次の章である「教育」に集中して取り組んでいくと説明しています。

また、仮想通貨に関しては「今後も積極的な投資家・保有者であり続ける」と説明されていて、「仮想通貨業界は新しい段階に突入した。コンプライアンスは非常に重要だ」ともコメントされています。

手紙を書いたり、Xで応援してくれたりなど、様々な形で気遣いとサポートを行なってくださった皆様に感謝します。それらの行動の全て私にとって大きな意味があるものであり、私を強くしてくれました。

私は自分の時間を過ごし、この段階を終え、人生の次の章(教育)に集中するつもりです。

仮想通貨に関しては積極的な投資家(および保有者)のままであり続けます。仮想通貨業界は新たな段階に入りました。コンプライアンスは非常に重要です。

このプロセス全体の明るい兆しは、バイナンスが厳格な監視下に置かれていることです。そして資産は安全です。

ユーザーを守りましょう!

CZ氏は以前の投稿で、Giggle Academy(ギグルアカデミー)と呼ばれる新しい教育プロジェクトを立ち上げたことも明かしているため、今後は同氏の教育関連プロジェクトなどにも注目です。

>>バイナンス関連の最新記事はこちら

裁判所の傍聴記録

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ基盤ステーブルコイン「Djed」来週公開へ|Bitrueも上場発表

カルダノ基盤ステーブルコイン「Djed」来週公開へ|Bitrueも上場発表

中国デジタル人民元「マクドナルド・スタバ」などでもテスト実施か=現地メディア報道

中国デジタル人民元「マクドナルド・スタバ」などでもテスト実施か=現地メディア報道

コスモス(Cosmos/ATOM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

コスモス(Cosmos/ATOM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

エマーゴ:インドのブロックチェーン教育促進に向け「EMURGO Academy」を設立

エマーゴ:インドのブロックチェーン教育促進に向け「EMURGO Academy」を設立

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

ビットコインの未決済ポジション数「2023年の最高値」に到達|価格変動には要警戒

ビットコインの未決済ポジション数「2023年の最高値」に到達|価格変動には要警戒

注目度の高い仮想通貨ニュース

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

自動損益計算のクリプタクト「Astar zkEVM」に対応|確定申告をサポート

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

シバイヌDeFiのK9 Finance「流動性ステーキングのモバイル版動画」を公開

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

米オクラホマ州「仮想通貨の基本的権利を保護する法案」を可決

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

ビットコイン保有事業者が増加する?Square「店舗売上のBTC自動変換機能」を提供

ビットコイン保有事業者が増加する?Square「店舗売上のBTC自動変換機能」を提供

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

KARRATプロトコルが始動:ゲーム、エンターテイメント、AIイノベーションの新時代を切り拓き、ハリウッドと提携

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

ワールドコイン(WLD)「PayPal・OpenAIとの提携」を検討=報道

ワールドコイン(WLD)「PayPal・OpenAIとの提携」を検討=報道

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

ワールドコイン:最長6ヶ月間にわたる「WLDトークン販売計画」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す