人工知能×ブロックチェーン「Animechain.ai」のライトペーパー公開|独自トークン・AIRAも発行予定

by BITTIMES

「Animechain.ai」のライトペーパー公開

アニメチェーン合同会社は2024年5月8日に、クリエイターの創作活動をAIとブロックチェーンで支援するプロジェクト「Animechain.ai」の概要を記載したライトペーパーを公開した。

Animechain(アニメチェーン)は、AI(人工知能)ブロックチェーンに関する日本国内の有識者らが参加するブロックチェーンプロジェクトであり、独自トークンを発行する計画なども発表されている。

今年1月には、生成AIにまつわる著作権や論理的問題を解決して、コンテンツやエコシステムのさらなる拡大を目指す「アニメチェーン構想」が発表されていたが、今回はクリエイターファーストのAI×Blockchainプロジェクト「Animechain.ai」のライトペーパーが公開されている。

アニメ制作に特化した生成AIを提供

ライトペーパーによると、Animechain.aiは「アニメ制作に特化した生成AI」を開発・提供するとのことだ。

この生成AIは、許可された著作権データのみを使用してAIをトレーニングするオプトインモデルの生成AIとなっているため、権利所有者に適切な補償が提供される仕組みになっている。

また、トレーニングに使用される著作権データとどのモデルがブロックチェーン上で特定の出力を生成するかについての検証可能な記録はブロックチェーン技術を用いて保存されるとも説明されている。

これによって、適切な対価を還元しつつ、クリエイターも安心して利用できる論理的なエコシステムを構築することができると期待されている。

独自トークンとAIRAで経済圏を形成

アニメチェーンのプロジェクトでは「Animechain.aiトークン(仮称)」と呼ばれる独自トークンや、「Al Rights Assets(AIRA)」と呼ばれる著作権資産も発行される。

Animechain.aiトークン(仮称)は複雑な契約なしでアニメIPに直接投資できるようにする独自トークンで、Al Rights Assets(AIRA)はアニメIPへの投資を可能にするAI著作資産となっている。

AIRAは投資家とクリエイターによって共同所有される仕組みで、代替可能トークン(FT)または代替不可能トークン(NFT)などのトークン形式で発行される。

AIRAを活用するクリエイターはアニメIPのゲームやグッズなど高品質なコンテンツを制作することが可能で、それによって得られた利益は「AIRAを保有する投資家」や「クリエイター」に利益として分配される仕組みになっている。

これによって、アニメIPを活用した最大限の収益化が可能になり、独自トークンとAIRAを活用した価値共有型経済圏を形成することによって、アニメ・コンテンツ産業の持続的な発展を支えていくことができると期待されている。

今回公開されたライトペーパーは「ライトペーパー公開用の特設サイト」から氏名・メールアドレスを入力することによってダウンロードすることができる。

>>日本国内の仮想通貨ニュースはこちら

アニメチェーン合同会社発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

PlanB氏「最悪の場合の2021年ビットコイン価格予想」を提示|下落はいつまで続く?

PlanB氏「最悪の場合の2021年ビットコイン価格予想」を提示|下落はいつまで続く?

【速報】ビットコイン価格「50,000ドル」突破|BTC時価総額は約100兆円に

【速報】ビットコイン価格「50,000ドル」突破|BTC時価総額は約100兆円に

Google:動画配信ネットワーク「Theta(シータ)」のバリデータに参加

Google:動画配信ネットワーク「Theta(シータ)」のバリデータに参加

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

Brave Wallet:iOS・Android版アプリでも「Solana DApps」への接続が可能に

Brave Wallet:iOS・Android版アプリでも「Solana DApps」への接続が可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

メタプラネットのビットコイン戦略が成功|Rebel Satoshi(RECQ)は他のプレセール機会を上回る?

メタプラネットのビットコイン戦略が成功|Rebel Satoshi(RECQ)は他のプレセール機会を上回る?

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

ビットコイン「2030年までに380万ドル」キャシー・ウッド氏が価格予想を引き上げ

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

無登録の仮想通貨サービス利用に「FBI」が警告|捜査の影響を受ける可能性も

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

NIDTの利用機会がさらに広がる?「今後のスケジュール・Web3施策」発表:オーバース

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

OKCoinJapan:アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供へ

OKCoinJapan:アバランチ(AVAX)のステーキングサービス提供へ

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

学んで稼げるLearn-to-Earn型BRC-20トークン、99Bitcoinsのプレセールが150万ドルを突破

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す