NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

by BITTIMES

「NTTドコモ・グローバル」2024年7月に設立予定

NFTドコモは2024年5月10日に、Web3・ブロックチェーン・AI(人工知能)などを活用したサービスのグローバル展開に向けて「株式会社 NTTドコモ・グローバル」という新会社を2024年7月に設立することを発表した。

NTTドコモ・グローバルは、ドコモグループのグローバル事業を統括して、事業横断で統合的かつ機動的にグローバル事業を推進する新会社であり、パートナーと共に「新たなライフスタイルの創出」と「それを通じた社会・産業の構造変革」に取り組む。

具体的には、個人や企業がブロックチェーン技術を簡単・安全に利用して、便利で新しい決済サービスを享受できるよう社会実装を実現するためのアプリケーション・サービス事業を展開する。

また、通信キャリアの価値向上や効率化を実現する「Open RAN」のような事業も展開される予定で、将来的には他事業への拡大も検討し、幅広く統合的なグローバル戦略の企画・立案を行い、迅速に事業を拡大していくと説明されている。

Open RANとは、無線送受信装置などの仕様をオープンにして、様々なベンダーの機器やシステムと相互接続できるようにする標準化された無線アクセスネットワーク(RAN)のことだ。

新会社の事業内容と事業戦略

新会社の軸となる事業内容・事業戦略については以下のように報告されている。

NTTドコモ・グローバルの事業内容

  • アプリケーション・サービス事業
    Web3・AIを活用したDMP(データマーケティングプラットフォーム)など、デジタル&データPF事業をグローバル展開する。
  • キャリアイネーブリング事業
    Open RAN(オープンな無線アクセスネットワーク)やNTN(非地上ネットワーク)などによるキャリアビジネスのトランスフォーメーションに取り組む。

NTTドコモ・グローバルの事業戦略

  • 基本戦略
    ドコモグループが保有するグローバル領域の出資先を新会社の傘下に移管・集約するとともに、現地の顧客基盤と販路・ブランド力を有する有力企業への事業投資を通じて海外顧客基盤を獲得し、アプリケーション・サービス事業とキャリアイネーブリング事業とを統合的に展開。中長期的には自らの顧客基盤・販路による事業拡大を目指す。
  • 地域戦略
    新たに事業開拓するアプリケーション・サービス事業を市場規模と消費人口の高成長が期待される「東南アジア・北米地域」から展開。基本戦略に基づいて事業を統合的に展開し、中長期的には欧州・中東などグローバルな事業拡大を目指す。既存のコネクテッドサービスに関わる事業は顧客ニーズに合わせてグローバル(欧米・アジア等)に展開する。
  • 人材戦略
    グローバル人材ポートフォリオを可視化し、キャリア採用や資本提携による外部市場からの人材獲得を通じ、事業投資・事業経営・統合的事業展開を担える人材強化・体制強化を図る。

新会社運営準備も進行中

NTTドコモは2024年5月10日に、新会社の運営準備を目的として「グローバル事業企画株式会社」も設立した。

今後は2024年7月の事業開始に向けて「株式会社NTT Digital、株式会社OREX SAI、海外現地法人」の3社の株式移管準備が進められることになる。

海外現地法人については、各国での営業活動を始めグローバル展開の総合的なサポート拠点として活動するとのことだ。

(画像:NTTドコモ)(画像:NTTドコモ)

NTTドコモが行ってきたWeb3関連の取り組み

NTTドコモは数年前からWeb3関連の取り組みを進めていて、2022年にはWeb3の普及に向けてAstar Networkを開発している「Stake Technologies」や「アクセンチュア」と連携している。

また、2023年6月にはゲーム特化型ブロックチェーンである「Oasys」のネットワークを支えるバリデータとして、NTTドコモの子会社である「新領域企画準備株式会社」が参画したことも発表されている。

さらに、2023年7月には「NTT DigitalがWeb3の社会実装に向け13社と連携すること」も発表、2024年3月には電話番号で利用できる仮想通貨ウォレット「scramberry WALLET」の提供も開始されている。

>>日本国内の仮想通貨ニュースはこちら

NTTドコモ発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

SBI証券など4社、セキュリティトークン扱うコンソーシアム「ibet for Fin」運営開始

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

JASRAC:ブロックチェーン上で「音楽作品の情報管理」実証実験を実施

JASRAC:ブロックチェーン上で「音楽作品の情報管理」実証実験を実施

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

デジタル円の発行「数年かかる可能性が高い」元日本銀行局長

米国会での「ブロックチェーン活用」を提案|共和党指導者ケビン・マッカーシー

米国会での「ブロックチェーン活用」を提案|共和党指導者ケビン・マッカーシー

ADA Payプラグイン「Wordpress」など8つのプラットフォームで利用可能に

ADA Payプラグイン「Wordpress」など8つのプラットフォームで利用可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「JPYC・LISK・ADA・SHIB」などの注目記事

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

ビットコイン採用の動きは「アルゼンチン」でも?エルサルバドルと意見交換

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

シバイヌ(Shiba Inu)で大量保有者の動きが注目される中、Borroe Financeが期待を上回る

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

仮想通貨取引所Gateから「Shibarium」が消えた理由が判明|近日中には復活か?

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

東京都「デジタル証券の発行支援で補助金」対象事業者の募集開始

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

キャプテン翼RIVALS「Oasys版のゲーム」リリース|GENESIS NFTで2つの特典機能も

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

米SEC:イーサリアム現物ETFの19b-4申請を全て承認|年内上場に期待高まる

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

オアシス(OAS)価格急騰|韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」に上場

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

コインチェック:2024年内にNASDAQ(ナスダック)上場か|ティッカーはCNCK

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

Pepeの高騰でミームコインの復活が期待、マルチチェーンのDOGEVERSEはプレセール最終段階へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す