Bitcoinの価格は再び165万円に「今が良い買い時」元Goldman Sachs VP

by BITTIMES   

ビットコインの価格は依然として65〜70万円台で低迷を続けていますが、元Goldman Sachs(ゴールドマン・サックス)投資管理部門担当バイスプレジデント(Vice President/VP)であるChristopher Matta(クリストファー・マッタ)氏は、CNBCの番組で「BTCの価格は再び1万5,000ドル(約165万円)に達する」という予想を語っています。

こちらから読む:ゴールドマン・サックス元社長が語る仮想通貨の未来

66万円は良いエントリーポイント

米国の新興運用会社である「Crescent Crypto Asset Management」の共同設立者でもあるマッタ氏は、「ビットコイン投資家は長期的な視野で投資を行う必要がある」と語っています。

具体的には、2〜5年間にかけての長期投資を勧める彼は「ビットコインに対する強気な感情は過去6ヶ月で変化していない」と説明しました。

マッタ氏は規制当局が仮想通貨規制に向けた具体的な取り組みを開始していることから、今後は仮想通貨市場がさらに安定して成長していくことになると考えています。

「私たちは、より適切な規制が定められることが良いことであると思っている」と語る彼は、「長期的に強気な姿勢でいるのであれば、6,000ドル(約66万円)はまともなエントリーポイントである」と述べています。

先物取引によるボラティリティへの影響

『ビットコイン先物取引の導入が"ビットコインのボラティリティ"に影響を及ぼしたと思うか』という質問を受けたマッタ氏は、「ボラティリティは高水準で継続している」と答えました。彼は「先物がボラティリティに影響を与えているかどうかを判断することは難しい」と述べており、「必ずしもそこに因果関係があるとは思わない」と語っています。

マッタ氏はビットコイン投資家が良い結果を出すためには、長期的な視野でもう少し待たなければならないとしています。また、ビットコインの価格が高騰していたタイミングで投資を始めた人々は2万ドル(約220万円)近くで購入しているため、現在の約6,000ドル(約66万円)という価格には落胆していると思われるものの、長期投資を行う投資家にとっては、現在の価格がちょうど良い『買い時』であると説明し、現在の状況に不安を抱いている投資家に対してこのようにコメントしました。

慌てずにホールドすることが大切です。
インフラの整備と改善は、より多くの個人投資家を招くだけでなく、 彼らは機関投資家の助けとなるでしょう。

またマッタ氏の他にも、仮想通貨ヘッジファンド「Pantera Capital(パンテラ・キャピタル)」のCEOであるDan Morehead(ダン・モアヘッド)氏も、ビットコインについてコメントし「今が買い時である」と述べています。

ビットコインの価格|2018年7月15日

ビットコイン(BTC)の価格は先月末に約65万円付近まで下落した後に何度か上昇し、2018年7月15日時点での価格は約70万円となっています。

ここ数週間では70万円前後で横ばいの状況が続いているため、以前に比べると回復しつつあるようにも見られます。

2018年7月15日ビットコインのチャート(引用:coingecko.com)2018年7月15日ビットコインのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入は仮想通貨の積立サービスも提供している Zaif(ザイフ)などがおすすめです。

仮想通貨取引所 Zaif の画像 仮想通貨の積立もできる取引所Zaifはこちら

「Zaifコイン積立」の詳しい解説はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bakkt:ビットコイン先物の「オプション取引」提供へ|サービス開始日も発表

Bakkt:ビットコイン先物の「オプション取引」提供へ|サービス開始日も発表

ビットコインの半減期「カウントダウン」開始|注目ポイントなどをおさらい

ビットコインの半減期「カウントダウン」開始|注目ポイントなどをおさらい

仮想通貨は今後5〜7年間で法定通貨を凌ぐ存在に:米投資家Tim Draper

仮想通貨は今後5〜7年間で法定通貨を凌ぐ存在に:米投資家Tim Draper

仮想通貨による「給与支払い」が合法に|課税方法のガイダンスを公開:ニュージーランド

仮想通貨による「給与支払い」が合法に|課税方法のガイダンスを公開:ニュージーランド

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

VanEck・SolidX:ビットコインETF「機関投資家限定」で今週販売か=WSJ報道

VanEck・SolidX:ビットコインETF「機関投資家限定」で今週販売か=WSJ報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す