太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

by BITTIMES   

太陽光発電を用いて仮想通貨のマイニングを行うプロジェクトが発足しました。オーストラリアのデータセンター運営会社である「DC Two」とその子会社である「D Coin」は、再生可能エネルギーを利用してビットコイン(BTC)などの採掘作業をより効率的に行うための新しい施設を建設しています。

こちらから読む:ビットコインを支える重要な仕組み|マイニング(採掘)について学ぶ

オーストラリアの州都パースの南に建設されたこの新しいマイニング施設は、データセンター運営会社「DC Two」と子会社「D Coin」によって開発され、「Hadouken」という会社が建設した太陽光発電所の電力が供給される予定となっています。

このプロジェクトは再生可能エネルギーを使用することによって、オーストラリアで最も低コストで高密度なデータセンターを提供することを目指しています。このセンターは仮想通貨のマイニングに世界中の人々が参加できるようにカスタマイズすることができるとも伝えられています。

公式の発表によると、同社は低いレートと優れた投資収益率を提供することによって、グローバルなビットコインマイニング事業に参入することを検討しています。このプロジェクトは、最初の段階では最大4メガワットの電力供給が期待できるとのことで、2019年には形になると言われており、その後の成長は指数関数的になると言われています。

伝えられている内容によると、同社のマイニング設備は一年間で650BTCを掘り起こすことができると言われています。これは2018年8月10日時点の価格に換算すると、約4億7,000万円に相当します。しかしながらこれは初期段階での見積もりであるため、プロジェクトが進むにつれて採掘量はさらに増加していくことになると考えられています。

注目すべきもう一つの点は、このような膨大な利益をもたらすマイニング設備が、『クリーンエネルギーで運用されている』という点です。太陽光を用いることによって、大量の二酸化炭素を排出する従来の火力発電などの電力に頼る必要がなくなるため、地球環境の保護にも貢献することができます。

ビットコイン(BTC)のマイニングによる大量の電力の消費については世界中から批判する声が出ています。このような問題に対処するために、太陽光や風力発電などを用いてマイニングに取り組むプロジェクトは、既に複数の国で既に進められています。

風力発電でビットコインマイニングに取り組む企業はこちら

このようなプロジェクトが今後さらに増えることによって、ビットコインの成長と共に地球環境をより良く改善していける可能性があります。ここ最近では様々な企業がビットコインのマイニング事業に参加しており、テレビやWi-Fiルーターでマイニングを行うことができる機器なども登場してきています。
このような流れとともに、環境にも優しい低コストなマイニング関連商品がさらに増えることに期待しましょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は取引手数料無料キャンペーンなども開催している仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BTC強気派Anthony Pompliano氏の「ビットコイン投資比率」が明らかに

BTC強気派Anthony Pompliano氏の「ビットコイン投資比率」が明らかに

国内に、低コスト採掘事業「OZマイニング株式会社」設立

国内に、低コスト採掘事業「OZマイニング株式会社」設立

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

Chiliz:ブロックチェーングッズ発行に向け「Enjin/ENJ」と提携

Chiliz:ブロックチェーングッズ発行に向け「Enjin/ENJ」と提携

プロボクサー兼政治家のマニー・パッキャオ氏、独自仮想通貨「Pac Token」を発表

プロボクサー兼政治家のマニー・パッキャオ氏、独自仮想通貨「Pac Token」を発表

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

TaoTao株式会社「SBIリクイディティ・マーケット」の完全子会社に|全ての株式を譲渡

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

【重要】コインチェック「Facebookログイン機能」廃止へ|期日までに設定変更を

【重要】コインチェック「Facebookログイン機能」廃止へ|期日までに設定変更を

【Cardano/ADA】Ouroborosの論文「2015年〜2019年で最も引用された論文の1つ」に選出

【Cardano/ADA】Ouroborosの論文「2015年〜2019年で最も引用された論文の1つ」に選出

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す