ブロックチェーンを使った資産管理に向け「NASDAQ」らと提携:シンガポール金融管理局

by BITTIMES   

シンガポール(Singapore)の金融管理局(MAS)は、デジタル資産での決済を効率化させることを目指して、シンガポール証券取引所(SGX)やAnquan(アンクアン)、Deloitte(デロイト)、NASDAQ(ナスダック)など複数の企業を提携したことを2018年8月24日に発表しました。このプロジェクトでは、ブロックチェーン(Blockchain)技術を活用して資産や証券の移転作業の効率化を測ります。

こちらから読む:連日報道が続く話題の新技術「ブロックチェーン」とは?

NASDAQら4つの機関と協力

事実上シンガポールの中央銀行にあたる「MAS」は、分散型台帳技術(DLT)を銀行間決済に活用してシンガポール・ドル(SGD)をトークン化するための実証実験である「Project Ubin(プロジェクト・ウビン)」の一貫として、
・シンガポール証券取引所(SGX)
Anquan(アンクアン)
Deloitte(デロイト)
NASDAQ(ナスダック)
と提携したことを発表しました。

MASは今回の提携と通して、資産や証券を効率的に移転するためにブロックチェーン技術を導入すると述べており、Anquan、Deloitte、NASDAQが異なるブロックチェーン上で管理されているトークン化された資産のDVP(*1)を構築するための技術提供を行います。
(*1)DVP(Delivery Versus Payment):証券の引渡し(Delivery)と代金の支払い(Payment)を同時に実施し、一方が行われない限りもう片方も行われないようにする決済方法

シンガポール証券取引所(SGX)の技術部門の代表者であるTinku Gupta(ティンク・グプタ)氏は、今回のプロジェクトによって「買い手と売り手のどちらもDVPにおけるリスクを抑えることができる」と説明しています。

MASは現在、仮想通貨に友好的な法規制の構築に取り組んでいます。「プロジェクト・ウビン」の成果が実際に現れてくるのは2020年頃になると予想されており、MASのフィンテック部門で最高責任者を務めているSopnendu Mohanty(ソプネン・モハンティ)氏は次のように述べています。

ブロックチェーンの技術は既存の金融取引のあり方を劇的に変化させます。ブロックチェーン間でシームレスに取引することが出来れば、新しいビジネスの機会を開くことができるでしょう。

主要な技術パートナーとの提携は、これを実現することへの商業的な関心の高まりを示しています。

ブロックチェーン技術の活用は世界中で

blockchain

ブロックチェーン技術を活用した取り組みは、今や毎日世界中で次々に報告されています。この最新技術を活用しているのは民間企業だけでなく、国の政策にも関わりのある機関も含まれています。

仮想通貨に対する意見や考え方については未だに意見が分かれており多くの議論が買わされています。ですが、ブロックチェーンの技術に関しては非常に多くの国や企業がブロックチェーン技術が持つ可能性を認めており、実際に活用していくためのプロジェクトに取り組んでいます。

多くの活用事例を見ておくことによって、ブロックチェーン技術の魅力やどのような技術なのかが少しづつ理解できるようになってくるので、ブロックチェーン技術について、まだイマイチ理解できていないという方は、少しづつ関連ニュースを読んでみるようにしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

システム障害で「約50の自治体データ」に大規模被害|ブロックチェーンなら防げたのか?

システム障害で「約50の自治体データ」に大規模被害|ブロックチェーンなら防げたのか?

マンガアプリ「GANMA!」人気ブロックチェーンゲームとコラボ企画を開催

マンガアプリ「GANMA!」人気ブロックチェーンゲームとコラボ企画を開催

ウエストバージニア州:ブロックチェーンを用いた「選挙投票アプリ」の使用を開始

ウエストバージニア州:ブロックチェーンを用いた「選挙投票アプリ」の使用を開始

ブロックチェーン×人工知能「ENDOR Protcol」公開!AIが予測する未来情報を人々に

ブロックチェーン×人工知能「ENDOR Protcol」公開!AIが予測する未来情報を人々に

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

【重要】BINANCE:日本ユーザーの「取引機能制限」を告知

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano Shelleyテストネット:アクティブユーザー数「20,000人」迫る

Cardano Shelleyテストネット:アクティブユーザー数「20,000人」迫る

元UFCチャンピオン:ついにビットコインを購入「もう傍観してられない」と発言

元UFCチャンピオン:ついにビットコインを購入「もう傍観してられない」と発言

仮想通貨交換所ELQUIREX「ウォレット・投資オプション」の機能を追加

仮想通貨交換所ELQUIREX「ウォレット・投資オプション」の機能を追加

仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Google:動画配信ネットワーク「Theta(シータ)」のバリデータに参加

Google:動画配信ネットワーク「Theta(シータ)」のバリデータに参加

「ビットコインについて教えて」ハリー・ポッター作者の質問に業界著名人が回答

「ビットコインについて教えて」ハリー・ポッター作者の質問に業界著名人が回答

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

コインチェック利用のドメイン登録サービスで「不正アクセス」個人情報漏洩の可能性

コインチェック利用のドメイン登録サービスで「不正アクセス」個人情報漏洩の可能性

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

GMO:日本円連動型のステーブルコイン「GYEN」5月中に公開へ

GMO:日本円連動型のステーブルコイン「GYEN」5月中に公開へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月24日〜30日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月24日〜30日

日本暗号資産取引業協会:国内主要銘柄の「参考価格」公表を開始

日本暗号資産取引業協会:国内主要銘柄の「参考価格」公表を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す