YOROIウォレットは「Cardano 1.3.1」でテストネットへ|Charles Hoskinson

by BITTIMES   

カルダノエイダコイン(ADA)の生みの親として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は9月7日、Twitterを通じてCARDANOのサブプロジェクトであるICARUS(イカロス)やYOROI(ヨロイ)の進行状況について語りました。

こちらから読む:CARDANOの最新プロジェクト「ICARUS」と「YOROI」の解説から

「ICARUS」と「YOROI」プロジェクトの進行状況

ICARUS(イカロス)についてホスキンソン氏は、プロジェクトが順調に進んでいると語りました。また、EMURGO(エマーゴ)によって新しく発表されたYOROI(ヨロイ)ウォレットは、「Cardano 1.3.1バージョン」でテストネットモードに入る予定だと伝えられています。

ホスキンソン氏は、YOROIが生産できる品質に達したため現在はセキュリティ監査を受けていると伝えており、チームメンバーが「ICARUS」や「YOROI」のプロジェクトやそこから得られた結果に満足していると述べています。

これは非常に優れたRuskコードであり、非常に優れたJavaScriptです。

私たちは「ICARUS」での取り組みや、EMURGOが「YOROI」と共に成し遂げたことにとても満足しています。彼らは非常に良いチームを作り始めています。

このようなことから、私たちは「YOROI」のテストネット公開からメインネット公開までにかかる待ち時間は非常短くなると期待しています。来月の公開を楽しみにしていてください。

ホスキンソン氏は「ICARUS」や「YOROI」が誕生したことによって、ユーザーの選択肢がさらに広がったことについても語りました。

ホスキンソン氏は、何らかの理由でDaedalus(ダイダロス) ウォレットを利用できないユーザーのために、そのような人々の要望をすべて満たすことができる「Google Chrome」での拡張機能を提供することを提案しました。

これによってユーザーは、
・Daedalus(ダイダロス)
・ICARUS(イカロス)
・YOROI(ヨロイ)
の中から自分の環境で最も利用しやすいウォレットを使って、カルダノエイダコイン(ADA)を保管することができるようになりました。

また、開発チームは元帳をサポートするために必要となるすべての作業を終えており、現在はファームウェアの更新を待っている状態であるとも説明されています。ホスキンソン氏は「YOROI」が元帳を使う初めてのインターフェースだとしています。

すでにUSB規格を経由して拡張機能に接続する方法は確立されているため、今後はEMURGOと複数の事についての話し合いが行われることになるとのことです。

ホスキンソン氏は、現在カルダノの開発チームがEMURGOとランタイム検証についての深い話し合いが続いていることを伝えています。

カルダノエイダコイン(ADA)の価格|2018年9月9日

カルダノエイダコイン(ADA)は、2018年9月5日に大きく価格が下落しており、現在の1ADAの価格は10円を下回っています。

2018年9月9日の時点でもさらに下落する傾向は続いており、記事執筆時点では8円前後で取引されています。

2018年9月9日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2018年9月9日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

投票結果に基づき「Cardano/ADA」の購入機能追加:ハードウェアウォレットELLIPAL

投票結果に基づき「Cardano/ADA」の購入機能追加:ハードウェアウォレットELLIPAL

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

PundiX(NPXS)の仮想通貨決済アプリが「Samsung Galaxy S10」で利用可能に

SEBC:好きな仮想通貨がもらえる「2つのキャンペーン」開始|相談窓口の営業日拡張記念

SEBC:好きな仮想通貨がもらえる「2つのキャンペーン」開始|相談窓口の営業日拡張記念

【カルダノ開発者必見】スマートコントラクトを学ぶための「入門ガイド」公開:IOHK

【カルダノ開発者必見】スマートコントラクトを学ぶための「入門ガイド」公開:IOHK

IOHK:Cardanoネットワークの「完全分散化」に向けたタイムラインを公開

IOHK:Cardanoネットワークの「完全分散化」に向けたタイムラインを公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取扱開始

Kraken「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」取扱開始

Bloktopia:メタバース用3Dアバターを自動生成できる「Ready Player Me」と提携

Bloktopia:メタバース用3Dアバターを自動生成できる「Ready Player Me」と提携

LINE NFT:国内初『ゴジラVSヘドラ』のオリジナル特撮NFT販売へ

LINE NFT:国内初『ゴジラVSヘドラ』のオリジナル特撮NFT販売へ

新たなM2Eアプリと話題「Aglet(アグレット)」とは?基本情報・特徴などを解説

新たなM2Eアプリと話題「Aglet(アグレット)」とは?基本情報・特徴などを解説

Huobi Japan:取引所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

Huobi Japan:取引所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

Chiliz&Socios:スター選手2名が出演する「初のテレビCM」放送へ

Chiliz&Socios:スター選手2名が出演する「初のテレビCM」放送へ

エルサルバドル「ビットコインシティの模型画像」を公開|市街地・空港・展望台なども

エルサルバドル「ビットコインシティの模型画像」を公開|市街地・空港・展望台なども

DEA社:Project B-idolコラボ第一弾「INIMI」プロデュースの楽曲NFT発売へ

DEA社:Project B-idolコラボ第一弾「INIMI」プロデュースの楽曲NFT発売へ

Spotify「アーティストのプロフィール欄でNFTを宣伝できる機能」をテスト

Spotify「アーティストのプロフィール欄でNFTを宣伝できる機能」をテスト

DEP発行のDEA社「事業戦略発表会」開催|日本市場での事業展開について説明

DEP発行のDEA社「事業戦略発表会」開催|日本市場での事業展開について説明

OpenSea:柔軟かつ効率的なNFT売買を可能にするプロトコル「Seaport」を発表

OpenSea:柔軟かつ効率的なNFT売買を可能にするプロトコル「Seaport」を発表

Polygon用いた音声NFT専門マーケットプレイス「Echo NFT」β版公開へ:softia株式会社

Polygon用いた音声NFT専門マーケットプレイス「Echo NFT」β版公開へ:softia株式会社

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す