イングランド:サッカークラブ「Derby County FC」がブロックチェーン企業と提携

by BITTIMES   

ブロックチェーン(Blockchain)の技術を活用したスポーツとエンターテイメントのプラットフォームである「Jetcoin Institute(ジェットコイン・インスティテュート)」は2018年9月12日、イングランドで長い歴史と伝統をもつサッカークラブである「Derby County FC(ダービー・カウンティ FC)」とのスポンサーシップを発表しました。

こちらから読む:スポーツ業界で続く「ブロックチェーン企業」とのスポンサー契約

伝統的フットボールクラブ「Derby County FC」

Derby-County-FC

「Derby County FC」は、イングランド・ダービーシャー州ダービーに本拠地を構える伝統的な歴史を持つプロスポーツクラブです。現在はイングランドサッカーの「EFLカップ」で競技しています。

1888年に創設されたサッカーリーグの元となった12のクラブチームの1つでもある「Derby County FC」は、イングランドを代表する有名なサッカークラブであり、チェルシーのレジェンドとして知られる元イングランド代表のFrank Lampard(フランク・ランパード)氏が指揮官を務めることでも有名です。

今回の提携によって、Derby County FCが2018年から2019年のシーズン中に使用する様々なスポーツ用品一式が新しいものへと置き換わることになります。

「Derby County FC」のAshley Peden(アシュレイ・ペデン)氏は「Jetcoin」との提携にあたり次のようなコメントを述べています。

私たちは、この数年間でエンターテインメントやスポーツ業界での影響力を劇的に拡大している「Jetcoin」とのパートナーシップを大変嬉しく思っています。

Jetcoinは、2018〜19年のシーズンで私たちが使用する道具一式の大部分をカバーしてくれます。私たちは今回のパートナーシップを「Derby County」と「Jetcoin」のエキサイティングな協力関係の始まりであると考えています。

ブロックチェーンでスポーツファン参加型へ

Jetcoinのロゴ

Jetcoin(JET)は、「Jetcoin Institute」が発行している仮想通貨です。
Jetcoin Institute(ジェットコイン・インスティテュート)は「JET」を使った独自の報酬制度を通じて、スポーツファンやサポーターの人々に選手たちとの新しい繋がりや、そこから利益を得ることができる新たな機会を提供しています。

このプロジェクトで提供される一連のサービスでは、すべのスポーツファンが新しい才能を創出すること貢献し、その間のプロセスから報酬を得ることを可能にします。

「Jetcoin Institute」が提供するブロックチェーンプラットフォームは、ファンが選んだ新たな才能を積極的にスポーツ業界に参加させることによって、伝統的な有名人とファンの関係に新たな変化をもたらすことを目指しています。

Jetcoinのプラットフォームを利用することによって、Jetcoinのプロジェクトに参加するすべてのスポーツファンが、有望な才能を持つ「Jetcoinチャンピオンズ」を明日のスーパースターに変身させ、その過程で利益を得ることができます。

JetcoinのCEOであるEric Alexandre(エリック・アレクサンドル)氏は、今回の提携にあたって次のようなコメントを語っています。

私たちは「Derby County」と協力してフットボール業界の将来を担うスター選手や新たな才能を発掘していけることを大変嬉しく思っています。

Derby Countyのファンたちは、イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で実装されたJetcoinのプラットフォームを通じて、クラブチームとの新しい繋がりを持てることを楽しみにしていてください。

Jetcoinはこれまでにも「Serie A」に所属する、
・AC Chievo Verona(AC キエーヴォ・ヴェローナ)
・Hellas Verona FC(エラス・ヴェローナ FC)
という2つのサッカーチームともスポンサー契約を交わしています。

Jetcoin(JET)は、2018年9月13日の時点では、時価総額ランキング1044位にランク付けされており、1JET=3円前後で取引されています。

サッカー業界ではこの他にも数多くのクラブチームやサッカー選手がブロックチェーンや仮想通貨のプロジェクトに関わりを持っています。当メディアではサッカーを含むその他のスポーツに関連する様々なプロジェクトを紹介しているので、そちらも合わせて読んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

ジョン・マカフィー:一部アルトコイン価格「10倍増」宣言|BTC強気予想も維持

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

2018年12月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2018年12月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

ドバイ国土庁:ブロックチェーンで「不動産取引」を効率化|大手通信会社とMoU締結

ドバイ国土庁:ブロックチェーンで「不動産取引」を効率化|大手通信会社とMoU締結

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

ビットポイント台湾:ジャパン側に「約26億円相当の補償」求める|訴訟の可能性も

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

イーサリアムウォレット「MetaMask」スマホ向けアプリ・ベータ版を公開

イーサリアムウォレット「MetaMask」スマホ向けアプリ・ベータ版を公開

ビットコイン先物に「複数の課題」Bakktの計画に潜むリスクを指摘=匿名関係者

ビットコイン先物に「複数の課題」Bakktの計画に潜むリスクを指摘=匿名関係者

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

楽天ウォレット:仮想通貨取引アプリ「iOS版」をリリース

楽天ウォレット:仮想通貨取引アプリ「iOS版」をリリース

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

電話番号で仮想通貨を送受信できる「SIMカード」を公開:Telx Technologies

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

ネット副業・仮想通貨投資など「モノなしマルチ商法」が増加|国民生活センターが警告

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

英大手銀行「Barclays」仮想通貨取引所コインベースとの提携解消か

英大手銀行「Barclays」仮想通貨取引所コインベースとの提携解消か

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す