Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

by BITTIMES   

仮想通貨市場への参入を計画していると噂されていたアメリカの大手金融サービス会社Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメント)の最高経営責任者(CEO)であるAbigail Johnson(アビゲイル・ジョンソン)氏は、同社が数多くの暗号通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)の関連製品を開発していることを明らかにしました。

こちらから読む:金融大手Fidelityも活用する「ブロックチェーン技術」とは?

仮想通貨関連の商品を複数計画

Fidelity-logo

アメリカ・マサチューセッツ州の都市ボストンで開催された「Fintech Weekカンファレンス」でアビゲイル・ジョンソン氏は、Fidelityが仮想通貨業界に参入するための計画を進めていることを明かしました。

どのような内容なのかについての具体的な説明はなかったものの、世界的にも有名な金融サービス会社である「Fidelity」の今後の発表には今後も最新の注意を払う必要があると話題になっています。

仮想通貨関連のサービスに関するFidelityの計画についてジョンソン氏は、次のように述べています。

私たちは複数の計画をすでに進めていますが、実際には適切な時期ではないので部分的に行われていることもあります。

年末までには、それらの内容を発表できるようにと願っています。

今回明らかになった内容は仮想通貨市場にとって歓迎すべきニュースと言えるでしょう。
「Fidelity」は約264兆円もの資産を管理していると伝えられています。世界的にも有名な大手金融機関である同社が参入することによって、仮想通貨市場はさらに大きいものになると考えられます。

ブロックチェーン技術のニーズを把握

blockchain-diversification

今年の6月には「Fidelity」が仮想通貨関連のサービスを開発するためのシステムエンジニアを探しているということが報じられ話題となりました。また、その後には同社が新しい仮想通貨基金のファンドマネージャーを雇用することにも関心を示しているとも報じられていたため、さらに注目を集めていました。しかしこれらの噂について同社は何もコメントしていませんでした。

ジョンソン氏は、『ブロックチェーン関連の技術にはどのような活用方法があるのかを模索している途中でアイデアを修正しようとしている』と述べており、今後の目標として『これらの技術のニーズが市場のどこにあるのかを正確に把握して提供することを目指している』と語っています。

私たちは、ビットコイン、イーサリアム、その他の仮想通貨そしてブロックチェーン技術のユースケースのリストを作成することから始めました。

今ではそれらのほとんどが廃却されているか、少なくとも一旦は棚の上に置かれています。実際に生き残ったものは、必ずしも私たちが期待したものではありませんでした。

私たちは市場に耳を傾け、何が意味を成すことになるのかを予測しようとしていました。

仮想通貨やその他のデジタル通貨は急速に成長してきていますが、FidelityのCEOは"将来的に電子的なサービスによって、金融サービスが完全に引き継がれることになる"とは考えていないとのことなので、このようなことも今後のFidelityの決定に影響を及ぼすと考えられています。

ブロックチェーン技術を活用する金融機関は非常に増えているため、その流れと共に続々と新たな金融機関からの発表が続いています。ビットコインなどの仮想通貨の値動きにも新たな動きも見えつつあるため、今後の仮想通貨市場の動きやこれから発表される新しいサービスの内容などにも大きな注目が集まります。

ビットコイン(BTC)などの購入はセキュリティ面でも安心できるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イスラエルで仮想通貨は財産として課税対象に

イスラエルで仮想通貨は財産として課税対象に

ブロックチェーンを活用して「ゴールド取引」の合理化へ|JPモルガン・チェース

ブロックチェーンを活用して「ゴールド取引」の合理化へ|JPモルガン・チェース

コインベース:直接上場先の取引所として「NASDAQ」選択か=報道

コインベース:直接上場先の取引所として「NASDAQ」選択か=報道

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

EU加盟5カ国:仮想通貨Libraの「排除・阻止」に向け連携|参加企業に対して圧力

JPモルガン:米仮想通貨取引所2社に「銀行サービス」を初提供=WSJ報道

JPモルガン:米仮想通貨取引所2社に「銀行サービス」を初提供=WSJ報道

金融大手Fidelity子会社、2020年「イーサリアム対応」の可能性

金融大手Fidelity子会社、2020年「イーサリアム対応」の可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

WebVR方式のNFTアート作品ミュージアム「CryptoArtTown」公開:グラコネ×withID

WebVR方式のNFTアート作品ミュージアム「CryptoArtTown」公開:グラコネ×withID

米大手暗号資産取引所「コインベース」NASDAQに上場|株価は一時430ドルを記録

米大手暗号資産取引所「コインベース」NASDAQに上場|株価は一時430ドルを記録

米TIME誌:Crypto.comと提携し「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど20種類以上

米TIME誌:Crypto.comと提携し「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど20種類以上

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

Coinbase「PayPal(ペイパル)を用いた仮想通貨購入機能」を追加

Coinbase「PayPal(ペイパル)を用いた仮想通貨購入機能」を追加

eBay(イーベイ)「仮想通貨決済やNFTの採用」を検討

eBay(イーベイ)「仮想通貨決済やNFTの採用」を検討

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

Socios.com:米NHL所属のプロアイスホッケーチーム「New Jersey Devils」と提携

Socios.com:米NHL所属のプロアイスホッケーチーム「New Jersey Devils」と提携

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

Kraken:円建て暗号資産取引手数料を無料化「Fee Holiday」キャンペーン開始

Kraken:円建て暗号資産取引手数料を無料化「Fee Holiday」キャンペーン開始

Zaif「シンボル(Symbol/XYM)の配布日時」を発表|販売所取引での取扱いも予定

Zaif「シンボル(Symbol/XYM)の配布日時」を発表|販売所取引での取扱いも予定

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す