Fidelity Investments「ブロックチェーン関連商品」年末までの公開目指す

by BITTIMES   

仮想通貨市場への参入を計画していると噂されていたアメリカの大手金融サービス会社Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメント)の最高経営責任者(CEO)であるAbigail Johnson(アビゲイル・ジョンソン)氏は、同社が数多くの暗号通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)の関連製品を開発していることを明らかにしました。

こちらから読む:金融大手Fidelityも活用する「ブロックチェーン技術」とは?

仮想通貨関連の商品を複数計画

Fidelity-logo

アメリカ・マサチューセッツ州の都市ボストンで開催された「Fintech Weekカンファレンス」でアビゲイル・ジョンソン氏は、Fidelityが仮想通貨業界に参入するための計画を進めていることを明かしました。

どのような内容なのかについての具体的な説明はなかったものの、世界的にも有名な金融サービス会社である「Fidelity」の今後の発表には今後も最新の注意を払う必要があると話題になっています。

仮想通貨関連のサービスに関するFidelityの計画についてジョンソン氏は、次のように述べています。

私たちは複数の計画をすでに進めていますが、実際には適切な時期ではないので部分的に行われていることもあります。

年末までには、それらの内容を発表できるようにと願っています。

今回明らかになった内容は仮想通貨市場にとって歓迎すべきニュースと言えるでしょう。
「Fidelity」は約264兆円もの資産を管理していると伝えられています。世界的にも有名な大手金融機関である同社が参入することによって、仮想通貨市場はさらに大きいものになると考えられます。

ブロックチェーン技術のニーズを把握

blockchain-diversification

今年の6月には「Fidelity」が仮想通貨関連のサービスを開発するためのシステムエンジニアを探しているということが報じられ話題となりました。また、その後には同社が新しい仮想通貨基金のファンドマネージャーを雇用することにも関心を示しているとも報じられていたため、さらに注目を集めていました。しかしこれらの噂について同社は何もコメントしていませんでした。

ジョンソン氏は、『ブロックチェーン関連の技術にはどのような活用方法があるのかを模索している途中でアイデアを修正しようとしている』と述べており、今後の目標として『これらの技術のニーズが市場のどこにあるのかを正確に把握して提供することを目指している』と語っています。

私たちは、ビットコイン、イーサリアム、その他の仮想通貨そしてブロックチェーン技術のユースケースのリストを作成することから始めました。

今ではそれらのほとんどが廃却されているか、少なくとも一旦は棚の上に置かれています。実際に生き残ったものは、必ずしも私たちが期待したものではありませんでした。

私たちは市場に耳を傾け、何が意味を成すことになるのかを予測しようとしていました。

仮想通貨やその他のデジタル通貨は急速に成長してきていますが、FidelityのCEOは"将来的に電子的なサービスによって、金融サービスが完全に引き継がれることになる"とは考えていないとのことなので、このようなことも今後のFidelityの決定に影響を及ぼすと考えられています。

ブロックチェーン技術を活用する金融機関は非常に増えているため、その流れと共に続々と新たな金融機関からの発表が続いています。ビットコインなどの仮想通貨の値動きにも新たな動きも見えつつあるため、今後の仮想通貨市場の動きやこれから発表される新しいサービスの内容などにも大きな注目が集まります。

ビットコイン(BTC)などの購入はセキュリティ面でも安心できるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

バイナンス「アメリカ」に進出|規制遵守した仮想通貨取引所「Binance US」設立を表明

バイナンス「アメリカ」に進出|規制遵守した仮想通貨取引所「Binance US」設立を表明

ネムはバーレーン王国のインフラの一角に?協力を要請される

ネムはバーレーン王国のインフラの一角に?協力を要請される

米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

IBMのブロックチェーンで「じゃがいも食品」の情報管理|Nestlé×Carrefour

IBMのブロックチェーンで「じゃがいも食品」の情報管理|Nestlé×Carrefour

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

ブロックチェーンとDNA活用した「海洋燃料追跡ソリューション」提供開始:BunkerTrace

ブロックチェーンとDNA活用した「海洋燃料追跡ソリューション」提供開始:BunkerTrace

Alipay:仮想通貨取引でのサービス利用は「禁止」であることを報告

Alipay:仮想通貨取引でのサービス利用は「禁止」であることを報告

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

全米最大のショッピングモールに「仮想通貨関連ストア」がオープン|SPEDNアプリに対応

Ripple:コマーシャル動画「2カ国」で放送開始|ブランドの認知度向上へ

Ripple:コマーシャル動画「2カ国」で放送開始|ブランドの認知度向上へ

Facebook主導ではない、もう1つのリブラ「Open Libra」登場

Facebook主導ではない、もう1つのリブラ「Open Libra」登場

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

ビットコインが貯まる・使える「Coincheckガス」サービス開始

ビットコインが貯まる・使える「Coincheckガス」サービス開始

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す