2019年:ビットコインは170万円から「月」へ行く ー 機関投資家

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格予想に関しては、これまでにも多くの仮想通貨投資家たちが強気な予想を語ってきましたが、ここ最近ではそれらの予測内容を修正すると行った声も見られはじめています。Twitter上ではそのような一連の報道などから『暗号通貨市場が回復することはない』といった考え方も増えてきていますが、その一方では大量の資金を用いて大口の投資を行なっている「機関投資家」たちが強気な姿勢を強めています。

こちらから読む:これまでに語られてきた仮想通貨投資家たちの「価格予想」

ビットコイン価格に対する意見の違い

BTC-opinion

「Fundstrat Global Advisors(ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ)」が最近行なった調査の結果では、機関投資家がビットコインに対して楽観的な見方をしていることが明らかになっています。

同社のマネージングパートナーである、Thomas Lee(トーマス・リー)氏は、CNBCとのインタビューの中で、9月30日に同社がTwitter上で行なった調査の結果や、機関投資家がビットコイン市場に対してどのように考えているかについて語りました。

Twitter(ツイッター)上で行われた調査は、仮想通貨コミュニティの9,500人からの回答を得ており、機関投資家からの回答は25人から受けたと説明されています。

ビットコイン価格は底をついたか?

この結果によると、ウォール街の機関投資家の54%は『ビットコインの価格はすでに最低価格まで落ちている』と回答しており、ビットコインの価格はここ最近の最安値である「1BTC=約65万円」で底をついたと考えている人の方が多いことが明らかになりました。

これに対して、Twitter上の仮想通貨コミュニティの66%は『ビットコインの価格が今よりもさらに下がる可能性がある』と回答しており、機関投資家よりもビットコイン市場をネガティブに捉えていることがわかっています。

ビットコイン価格は今後上昇するか?

ビットコイン価格の上昇については、機関投資家の57%が『2019年末までに15,000ドル(約170万円)からムーン(高騰)する』と述べており、現在も強気な姿勢を維持していることが示されています。

一方、Twitter上の仮想通貨コミュニティの66%は『ビットコインの価格は今よりも下がる可能性がある』と回答しており、2019年末までに170万円に到達するという意見に同意したのは、40%に留まっています。

数ヶ月前までは、Twitter上の仮想通貨投資家の多くが『仮想通貨の価格が再び最高値を更新する』と期待していましたが、ここ最近ではそのような投資家も徐々に減ってきているようです。その一方で大口の資金を扱う機関投資家は、店頭取引などを通じて仮想通貨市場に参加していると言われています。仮想通貨市場にみられつつある新たな動きと共に、市場に参加する投資家にも変化が出始めているのかもしれません。

トーマス・リー氏は強気予想

Thomas-Lee

今回の調査結果を語ったトーマス・リー氏は、ビットコインなどの仮想通貨に対して強気な予想を語ることでも知られており、ここ数ヶ月間の間に複数のメディアから受けたインタビューに対しても、機関投資家の人々と同様にビットコインの価格が6,000ドル(約65万円)を下回る可能性は低いと考えていることを語っています。

リー氏は、ビットコインのマイナー(採掘者)によるサポートや業界の大手機関の参入などに関連した複数の要因から、再び仮想通貨の市場が回復すると予想しており、来年にはビットコインやイーサリアムの価格が回復することになるとの予想を述べています。

最近の予想で『ビットコインのトレンド転換の時が近づいている』との考えも述べている同氏は、
ビットコイン(BTC)の価格は2018年末までに「220万円」
イーサリアム(ETH)の価格は2019年に「21万円」
に達するという強気な予想を語っています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年10月5日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、2018年10月5日午後の時点では「1BTC=74万8,000円」前後で取引されています。

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

ビットコイン価格「100万円台」突入|抵抗線突破でロスカット報告も

ビットコイン価格「100万円台」突入|抵抗線突破でロスカット報告も

コインチェック流出事件の被害者が1900万円分の返還を請求

コインチェック流出事件の被害者が1900万円分の返還を請求

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

ビル・ゲイツ氏:暗号資産・NFTは「大馬鹿理論に基づく資産」BAYCにも皮肉

Solana Labs:Web3スマートフォン「Saga」を発表|仮想通貨関連機能を搭載

Solana Labs:Web3スマートフォン「Saga」を発表|仮想通貨関連機能を搭載

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

Grayscale:カルダノ(ADA)への配分を「34%」に増加|月末には大型アップグレードも

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

DMMなど3社「アイドルグループ創造に向けたIEO」実施へ|Nippon Idle Token(NIDT)発行へ

DMMなど3社「アイドルグループ創造に向けたIEO」実施へ|Nippon Idle Token(NIDT)発行へ

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「暗号資産5銘柄」追加へ

GMOコイン:取引所(現物取引)サービスに「暗号資産5銘柄」追加へ

住宅業界のメタバースに向けたバーチャル住宅展示場「LIVRA WORLD」公開:岡田工業

住宅業界のメタバースに向けたバーチャル住宅展示場「LIVRA WORLD」公開:岡田工業

Zaif(ザイフ)暗号資産上場希望アンケート「上位30位銘柄」を発表

Zaif(ザイフ)暗号資産上場希望アンケート「上位30位銘柄」を発表

オンラインクレーンゲームで「NFT景品」を配布|Gaudiyが国内大手トレバと連携

オンラインクレーンゲームで「NFT景品」を配布|Gaudiyが国内大手トレバと連携

ビットバンク:国内初上場「ポリゴン(Polygon/MATIC)」取扱いへ

ビットバンク:国内初上場「ポリゴン(Polygon/MATIC)」取扱いへ

Coincheckつみたて:BTCが必ずもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

Coincheckつみたて:BTCが必ずもらえる「キャッシュバックキャンペーン」開催へ

The Sandboxに「キャプテン翼Land」構築へ|日本発の漫画作品IPブランドが初提携

The Sandboxに「キャプテン翼Land」構築へ|日本発の漫画作品IPブランドが初提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す