ビットコイン裏付けステーブルコイン「Wrapped Bitcoin/WBTC」を発表 ー BitGo

by BITTIMES

仮想通貨(Cryptocurrency)のカストディサービスを提供しているBitGo(ビットゴー)は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)に価値が裏付けられたステーブルコイン「ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin/WBTC)」を開発していることを発表しました。この暗号通貨はイーサリアム(Ethereum/ETH)のERC20トークンとなっているため、分散型アプリケーション(DApps)などでも使用することができるなどの利点を備えています。

こちらから読む:価値が裏付けられた仮想通貨「ステーブルコイン」とは

ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin/WBTC)とは

wbtc

仮想通貨ウォレットカストディサービスを提供しているBitGo(ビットゴー)は、2018年10月26日にビットコインに価値が裏付けられたイーサリアムベースの仮想通貨ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin/WBTC)を発表しました。

イーサリアムネットワーク上で自由に使用可能

ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin/WBTC)は、通貨の価値がビットコインの価格と連動するステーブルコインでありながら「ERC20トークン」でもあるため、イーサリアムのネットワーク上で自由に使用することができます。

これによってWBTCは、分散型取引所(DEX)分散型アプリケーション(DApps)での使用、スマートコントラクトの活用などといった、ビットコインでは今まで成し得なかったことが数多くできるようになり、イーサリアムのネットワーク上で様々なことに活用することができるようなります。

複数の企業が立ち上げに協力

今回発表された内容によると、2019年1月にリリースが予定されているWBTCの最初のユースケースの立ち上げには、
・MakerDAO
・Dharma
・Airswap
・IDEX
・Compound
・DDEX
・Hydro Protocol
・Set Protocol
・Radar Relay
・Gnosis
・Prycto
などのプロジェクトが関わるとされています。

(画像:wbtc.network)(画像:wbtc.network)

ビットコインに「価値と安定性」を

BitGoはWBTCが誕生することによって、ビットコインに「価値」と「安定性」をもたらすことができ、イーサリアムブロックチェーン上で構築されているビジネスにビットコインを適用することができると述べています。

WBTCは、BitGoのカストディサービスを使用することによってイーサリアム上でのトークン化を実現します。WBTCはそれを裏付けるビットコインが回収され、同等のWBTCが焼却されるまで流通し続けます。この方法はテザー(Tether/TUSD)の運営方法と似ていますが、WBTCは「すべてのカストディアンファンドがブロックチェーン上で検証できる」という透明性の利点を持っています。

ここ最近では、様々な国の法定通貨に価値が裏付けられた安定仮想通貨が発表されています。今回新たに発表されたビットコインのステーブルコインが具体的にどのように使用されていくのかには注目です。

ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin/WBTC)に関する詳しい情報は以下の公式サイトからどうぞ。
Wrapped Bitcoinの公式サイトはこちら

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年10月27日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月15日の一時的な急騰以降は横ばいの状態が続いており、2018年10月27日時点では「1BTC=726,220円」で取引されています。

2018月10月27日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018月10月27日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格|2018年10月27日

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格もビットコインと同様に今月15日以降は横ばいとなっており、2018年10月27日時点では「1ETH=22,846円」で取引されています。

2018月10月27日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2018月10月27日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の購入は、キャッシュバックキャンペーンも開催している仮想通貨取引所Liquid(リキッド)からどうぞ。

仮想通貨取引所 Liquid の画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

今後、ビットコイン価格が220万円に戻ることはない|Yahoo Financeの重鎮

今後、ビットコイン価格が220万円に戻ることはない|Yahoo Financeの重鎮

Jamie Dimon:ビットコイン批判の後悔から7ヶ月、再び「仮想通貨は詐欺」発言

Jamie Dimon:ビットコイン批判の後悔から7ヶ月、再び「仮想通貨は詐欺」発言

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインの買い方【初心者向けガイド・画像あり】

ビットコインの買い方【初心者向けガイド・画像あり】

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

米国有名セレブ「Kim Kardashian」がビットコイン(BTC)デビューをSNSで発表

米国有名セレブ「Kim Kardashian」がビットコイン(BTC)デビューをSNSで発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

大学のブロックチェーン研究「世界規模で推進」Ripple社の支援プログラムに11校が参加

大学のブロックチェーン研究「世界規模で推進」Ripple社の支援プログラムに11校が参加

ブロックチェーンダンジョンRPG「CryptoDungeons」トロン(TRON/TRX)でも利用可能に

ブロックチェーンダンジョンRPG「CryptoDungeons」トロン(TRON/TRX)でも利用可能に

トロン(TRON/TRX)が仮想通貨ウォレット「Spend」で利用可能に

トロン(TRON/TRX)が仮想通貨ウォレット「Spend」で利用可能に

ブロックチェーンで「外国人の人材情報管理」みずほ情報総研が実証実験を開始

ブロックチェーンで「外国人の人材情報管理」みずほ情報総研が実証実験を開始

【収集・育成ゲーム編】イーサリアム(ETH)が稼げる「DApps」まとめ

【収集・育成ゲーム編】イーサリアム(ETH)が稼げる「DApps」まとめ

高級時計店「ジェムキャッスルゆきざき」ビットコインキャッシュ決済導入へ

高級時計店「ジェムキャッスルゆきざき」ビットコインキャッシュ決済導入へ

ゲーム産業のブロックチェーン技術採用「遅かれ早かれ現実に」BINANCE CEO

ゲーム産業のブロックチェーン技術採用「遅かれ早かれ現実に」BINANCE CEO

仮想通貨の「確定申告手続き」簡単に|財務省が計算方法を公開

仮想通貨の「確定申告手続き」簡単に|財務省が計算方法を公開

暗号化技術は未来の基本「デジタル社会」には必要不可欠:Circle CEO

暗号化技術は未来の基本「デジタル社会」には必要不可欠:Circle CEO

セーシェル共和国の仮想通貨取引所「Overbit」カルダノエイダコイン(ADA)取り扱いへ

セーシェル共和国の仮想通貨取引所「Overbit」カルダノエイダコイン(ADA)取り扱いへ

投資家の「ビットコイン離れ」進む|金の需要増加、再び:Van Eck社調査

投資家の「ビットコイン離れ」進む|金の需要増加、再び:Van Eck社調査

LAOCON:サイバーセキュリティの新たな基盤|仮想通貨で「P2P脆弱性懸賞金制度」を実現

LAOCON:サイバーセキュリティの新たな基盤|仮想通貨で「P2P脆弱性懸賞金制度」を実現

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す