ビットコイン裏付けステーブルコイン「Wrapped Bitcoin/WBTC」を発表 ー BitGo

by BITTIMES

仮想通貨(Cryptocurrency)のカストディサービスを提供しているBitGo(ビットゴー)は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)に価値が裏付けられたステーブルコイン「ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin/WBTC)」を開発していることを発表しました。この暗号通貨はイーサリアム(Ethereum/ETH)のERC20トークンとなっているため、分散型アプリケーション(DApps)などでも使用することができるなどの利点を備えています。

こちらから読む:価値が裏付けられた仮想通貨「ステーブルコイン」とは

ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin/WBTC)とは

wbtc

仮想通貨ウォレットカストディサービスを提供しているBitGo(ビットゴー)は、2018年10月26日にビットコインに価値が裏付けられたイーサリアムベースの仮想通貨ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin/WBTC)を発表しました。

イーサリアムネットワーク上で自由に使用可能

ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin/WBTC)は、通貨の価値がビットコインの価格と連動するステーブルコインでありながら「ERC20トークン」でもあるため、イーサリアムのネットワーク上で自由に使用することができます。

これによってWBTCは、分散型取引所(DEX)分散型アプリケーション(DApps)での使用、スマートコントラクトの活用などといった、ビットコインでは今まで成し得なかったことが数多くできるようになり、イーサリアムのネットワーク上で様々なことに活用することができるようなります。

複数の企業が立ち上げに協力

今回発表された内容によると、2019年1月にリリースが予定されているWBTCの最初のユースケースの立ち上げには、
・MakerDAO
・Dharma
・Airswap
・IDEX
・Compound
・DDEX
・Hydro Protocol
・Set Protocol
・Radar Relay
・Gnosis
・Prycto
などのプロジェクトが関わるとされています。

(画像:wbtc.network)(画像:wbtc.network)

ビットコインに「価値と安定性」を

BitGoはWBTCが誕生することによって、ビットコインに「価値」と「安定性」をもたらすことができ、イーサリアムブロックチェーン上で構築されているビジネスにビットコインを適用することができると述べています。

WBTCは、BitGoのカストディサービスを使用することによってイーサリアム上でのトークン化を実現します。WBTCはそれを裏付けるビットコインが回収され、同等のWBTCが焼却されるまで流通し続けます。この方法はテザー(Tether/TUSD)の運営方法と似ていますが、WBTCは「すべてのカストディアンファンドがブロックチェーン上で検証できる」という透明性の利点を持っています。

ここ最近では、様々な国の法定通貨に価値が裏付けられた安定仮想通貨が発表されています。今回新たに発表されたビットコインのステーブルコインが具体的にどのように使用されていくのかには注目です。

ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin/WBTC)に関する詳しい情報は以下の公式サイトからどうぞ。
Wrapped Bitcoinの公式サイトはこちら

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年10月27日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月15日の一時的な急騰以降は横ばいの状態が続いており、2018年10月27日時点では「1BTC=726,220円」で取引されています。

2018月10月27日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018月10月27日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格|2018年10月27日

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格もビットコインと同様に今月15日以降は横ばいとなっており、2018年10月27日時点では「1ETH=22,846円」で取引されています。

2018月10月27日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2018月10月27日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の購入は、キャッシュバックキャンペーンも開催している仮想通貨取引所Liquid(リキッド)からどうぞ。

仮想通貨取引所 Liquid の画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロシア富裕層「1,800,000BTC」購入か?ビットコイン価格「年末2億円」と予想:著名経済学者

ロシア富裕層「1,800,000BTC」購入か?ビットコイン価格「年末2億円」と予想:著名経済学者

NASDAQ「ビットコイン先物取引」来年開始か|SEC委員長は取引所への懸念を表明

NASDAQ「ビットコイン先物取引」来年開始か|SEC委員長は取引所への懸念を表明

ビットコインの希少価値、今後更に高まる「0.28BTC」を持てるのは世界でたった1%

ビットコインの希少価値、今後更に高まる「0.28BTC」を持てるのは世界でたった1%

ビットコイン記念モデルは「隙間産業」開拓のヒント|BINANCE CEOがHublotを賞賛

ビットコイン記念モデルは「隙間産業」開拓のヒント|BINANCE CEOがHublotを賞賛

2018年上半期:ビットコイン価格予想まとめ|仮想通貨取引所CEO・大富豪・有名投資家など

2018年上半期:ビットコイン価格予想まとめ|仮想通貨取引所CEO・大富豪・有名投資家など

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月27日〜6月2日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月27日〜6月2日

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン、止まらぬ下落で「90万円台」目前に|もはや安全資産とは呼べない?

ビットコイン、止まらぬ下落で「90万円台」目前に|もはや安全資産とは呼べない?

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

BINANCEのiOS版アプリが「App Store」に再登場

BINANCEのiOS版アプリが「App Store」に再登場

イギリスの国際送金会社「Xendpay」RippleNetで対応地域を拡大

イギリスの国際送金会社「Xendpay」RippleNetで対応地域を拡大

ビットコイン急落「130万円」突破ならず|アルトコイン上昇も限定的

ビットコイン急落「130万円」突破ならず|アルトコイン上昇も限定的

Ripple技術で「米国ーラテンアメリカ」の国際送金サービス提供へ:サンタンデール銀行

Ripple技術で「米国ーラテンアメリカ」の国際送金サービス提供へ:サンタンデール銀行

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月4日〜10日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月4日〜10日

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す