アパレル大手が「ブロックチェーン商品追跡システム」を試験導入|Vechain×ARKET

by BITTIMES   

ファッション業界の大手企業である「H&Mグループ」の自社ブランド「Arket(アーケット)」が、ブロックチェーン(Bockchain)を活用した商品追跡システムなどを開発しているヴィチェーン(VeChain/VET)の技術をテストしていることが明らかになりました。

こちらから読む:BMWも活用するブロックチェーンプラットフォーム「VeChain」

H&Mの自社ブランド|Arket(アーケット)

Arket

スウェーデンを代表するアパレルメーカー「H&Mグループ」が展開する自社ブランドの一つ「Arket(アーケット)」は、ブロックチェーン技術を用いて製品情報を追跡するためのテストを行なっています。

海外の仮想通貨メディアである「HARD FORK」は、Arketの広報担当者が電子メールでこのことを明かしたと報告しており、Arketの担当者は今回の取り組みについて『安全に製品データを追跡できるようにするためにマイナーブロックチェーン実装に取り組んでいる』と語ったと報じています。

しかしながら、このプロジェクトが"どのくらいの規模で進められているのか"といった詳しい内容については明かされていないとも伝えられており、今回のテストがあくまでも試験的な試みであり、正式に"提携"することになるかどうかについては不確定であることが強調されています。

スマートフォンで「商品情報」を確認可能に

Arketの取り組みの詳しい情報については明らかにされていないものの、H&Mがブロックチェーン技術の活用に向けた取り組みを行なっていることは以前から一部の人々の間で知られており、Twitter上には実際に商品情報を追跡するためのアプリを使用している風景なども投稿されています。

H&MのArketが「Arket Stores」でブロックチェーン技術を取り入れているようです。自分自身で確認してみてください!

商品情報追跡のためのアプリケーションには「ヴィチェーン(VeChain/VET)」が提供する「VeChain Pro」と呼ばれるアプリが使用されているため、ユーザーはスマートフォンだけで簡単に対象製品の詳しい情報を確認することができるようになっています。

VeChainが提供するアプリケーションには、近距離無線通信の技術である「NFC」も搭載されているため、QRコードのスキャンするか、スマートフォンを近づけるだけで詳しい情報を確認することができます。

実際に店舗で導入されてはいるものの、Arketの関係者は今回のテストが現在も進行中であることを報告しており、評価はまだ行われていないと説明しています。

運送会社や自動車メーカーも活用する「Vechain」

ヴィチェーン(VeChain/VET)は、ブロックチェーン技術の持つ大きな特徴の一つである『情報の改ざんを行うことができない』というメリットを生かして、偽造品の被害防止や、安全性の確保などに取り組んでいます。

VeChainの技術はすでに多くの企業や団体で活用されており、
・会計監査およびコンサルティング会社「PWC」
・100カ国以上に展開する運送会社「Kuehne&Nagel」
・日本の金融サービス企業「BitOcean」
・不動産住宅ローンなどの金融サービス会社「Fanghuwang」
・中国の大手電気自動車メーカー「BYD」
・ドイツの大手自動車メーカー「BMW」
・中国のタバコ産業
といった、様々な分野で実際に利用されています。

また2018年10月には、アメリカのブロックチェーンスタートアップである「CREAM(クリーム)」やキプロス共和国の国家投資パートナーである「Invest Cyprus(インベスト・キプロス)」と協力して、国家レベルでブロックチェーンやフィンテックの技術開発に取り組んでいくことを記したMoUも締結しています。

世界中の大手企業で利用されているVeChainや、ブロックチェーン技術の活用を検討しているH&Mグループがこれからどのような決定を下すことになるのかには注目が集まっています。食料品や衣料品、自動車の部品など様々な分野で応用することができるVeChainの技術は今後も様々なシーンで利用されていくことになるでしょう。

ヴィチェーン(Vechain/VET)の価格|2018年11月20日

ヴィチェーン(Vechain/VET)の価格は今年1月に1,000円近くまで上昇していたものの、その後は徐々に下落し11月15日には1円を下回っています。これにより価格の低下はさらに勢いを増しており、2018年11月20日時点では「1VET=0.7円」となっています。

VETの長期的なチャート(引用:coingecko.com)VETの長期的なチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「68万円」ラインに要注意|仮想通貨の冬、再来の可能性も?

ビットコイン価格「68万円」ラインに要注意|仮想通貨の冬、再来の可能性も?

香港の仮想通貨取引所「biger」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

香港の仮想通貨取引所「biger」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

Bittrexが米国の制裁対象国の住民をブロック

Bittrexが米国の制裁対象国の住民をブロック

米海軍がブロックチェーン技術の調査を開始 ー DARPAも関わる「SIMBA Chain」採用

米海軍がブロックチェーン技術の調査を開始 ー DARPAも関わる「SIMBA Chain」採用

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

「市場の判断に委ねる」マレーシア中央銀行、規制進める各国とは対照的な意向

仮想通貨決済を導入して売上高が427%も増加したショップとは

仮想通貨決済を導入して売上高が427%も増加したショップとは

注目度の高い仮想通貨ニュース

新経済連盟:仮想通貨・ブロックチェーンの「規制明確化」求める|金融大臣に要望提出

新経済連盟:仮想通貨・ブロックチェーンの「規制明確化」求める|金融大臣に要望提出

米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査|CFTC未登録でサービス提供か

世界最大の仮想通貨カストディアンは「コインベース」に|大手Xapoを約58億円で買収

世界最大の仮想通貨カストディアンは「コインベース」に|大手Xapoを約58億円で買収

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

BTCBOX「最大10万円相当のビットコイン」が当たるキャンペーン開催

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

デジタルコンテンツに「ブロックチェーン証明書」を付与|エイベックス子会社が新技術開発

デジタルコンテンツに「ブロックチェーン証明書」を付与|エイベックス子会社が新技術開発

BINANCE:アルトコイン150種類以上対応の「大口取引サービス」を開始

BINANCE:アルトコイン150種類以上対応の「大口取引サービス」を開始

ノルウェー最大の格安航空会社「仮想通貨決済」導入を計画|今後数カ月以内には開始か

ノルウェー最大の格安航空会社「仮想通貨決済」導入を計画|今後数カ月以内には開始か

イーサリアムウォレット「MetaMask」スマホ向けアプリ・ベータ版を公開

イーサリアムウォレット「MetaMask」スマホ向けアプリ・ベータ版を公開

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月21日〜27日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月21日〜27日

大麻のDNAデータをブロックチェーン管理「製品の透明性向上」図る:TheraCann×TruTrace

大麻のDNAデータをブロックチェーン管理「製品の透明性向上」図る:TheraCann×TruTrace

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す