アパレル大手が「ブロックチェーン商品追跡システム」を試験導入|Vechain×ARKET

by BITTIMES   

ファッション業界の大手企業である「H&Mグループ」の自社ブランド「Arket(アーケット)」が、ブロックチェーン(Bockchain)を活用した商品追跡システムなどを開発しているヴィチェーン(VeChain/VET)の技術をテストしていることが明らかになりました。

こちらから読む:BMWも活用するブロックチェーンプラットフォーム「VeChain」

H&Mの自社ブランド|Arket(アーケット)

Arket

スウェーデンを代表するアパレルメーカー「H&Mグループ」が展開する自社ブランドの一つ「Arket(アーケット)」は、ブロックチェーン技術を用いて製品情報を追跡するためのテストを行なっています。

海外の仮想通貨メディアである「HARD FORK」は、Arketの広報担当者が電子メールでこのことを明かしたと報告しており、Arketの担当者は今回の取り組みについて『安全に製品データを追跡できるようにするためにマイナーブロックチェーン実装に取り組んでいる』と語ったと報じています。

しかしながら、このプロジェクトが"どのくらいの規模で進められているのか"といった詳しい内容については明かされていないとも伝えられており、今回のテストがあくまでも試験的な試みであり、正式に"提携"することになるかどうかについては不確定であることが強調されています。

スマートフォンで「商品情報」を確認可能に

Arketの取り組みの詳しい情報については明らかにされていないものの、H&Mがブロックチェーン技術の活用に向けた取り組みを行なっていることは以前から一部の人々の間で知られており、Twitter上には実際に商品情報を追跡するためのアプリを使用している風景なども投稿されています。

H&MのArketが「Arket Stores」でブロックチェーン技術を取り入れているようです。自分自身で確認してみてください!

商品情報追跡のためのアプリケーションには「ヴィチェーン(VeChain/VET)」が提供する「VeChain Pro」と呼ばれるアプリが使用されているため、ユーザーはスマートフォンだけで簡単に対象製品の詳しい情報を確認することができるようになっています。

VeChainが提供するアプリケーションには、近距離無線通信の技術である「NFC」も搭載されているため、QRコードのスキャンするか、スマートフォンを近づけるだけで詳しい情報を確認することができます。

実際に店舗で導入されてはいるものの、Arketの関係者は今回のテストが現在も進行中であることを報告しており、評価はまだ行われていないと説明しています。

運送会社や自動車メーカーも活用する「Vechain」

ヴィチェーン(VeChain/VET)は、ブロックチェーン技術の持つ大きな特徴の一つである『情報の改ざんを行うことができない』というメリットを生かして、偽造品の被害防止や、安全性の確保などに取り組んでいます。

VeChainの技術はすでに多くの企業や団体で活用されており、
・会計監査およびコンサルティング会社「PWC」
・100カ国以上に展開する運送会社「Kuehne&Nagel」
・日本の金融サービス企業「BitOcean」
・不動産住宅ローンなどの金融サービス会社「Fanghuwang」
・中国の大手電気自動車メーカー「BYD」
・ドイツの大手自動車メーカー「BMW」
・中国のタバコ産業
といった、様々な分野で実際に利用されています。

また2018年10月には、アメリカのブロックチェーンスタートアップである「CREAM(クリーム)」やキプロス共和国の国家投資パートナーである「Invest Cyprus(インベスト・キプロス)」と協力して、国家レベルでブロックチェーンやフィンテックの技術開発に取り組んでいくことを記したMoUも締結しています。

世界中の大手企業で利用されているVeChainや、ブロックチェーン技術の活用を検討しているH&Mグループがこれからどのような決定を下すことになるのかには注目が集まっています。食料品や衣料品、自動車の部品など様々な分野で応用することができるVeChainの技術は今後も様々なシーンで利用されていくことになるでしょう。

ヴィチェーン(Vechain/VET)の価格|2018年11月20日

ヴィチェーン(Vechain/VET)の価格は今年1月に1,000円近くまで上昇していたものの、その後は徐々に下落し11月15日には1円を下回っています。これにより価格の低下はさらに勢いを増しており、2018年11月20日時点では「1VET=0.7円」となっています。

VETの長期的なチャート(引用:coingecko.com)VETの長期的なチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Reddit創業者:Twitterプロフィールを「ビットコイン」に変更|マスク氏に続く

Reddit創業者:Twitterプロフィールを「ビットコイン」に変更|マスク氏に続く

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

中東の国カタール、仮想通貨関連サービス「禁止」の可能性

BINANCE:カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の通貨ペア「2種類」を新たに追加

BINANCE:カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の通貨ペア「2種類」を新たに追加

ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

eToro:ビットコインがもらえる「カラオケATM」をロンドンに|BTC誕生10周年記念!

eToro:ビットコインがもらえる「カラオケATM」をロンドンに|BTC誕生10周年記念!

注目度の高い仮想通貨ニュース

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

メルカリ「イーサリアム(ETH)の取引サービス」提供開始|売上金などで1円から売買可能

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

ビットボットプレセールが320万ドルを調達|イーサリアムETF承認への可能性が影響?

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

シバイヌ提携のD3「*SHIBドメインとウォレットアドレスの紐付け」が可能に|連携方法も紹介

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

クリプタクト:対応コインが「20,000種類」突破|ミームコインなど50銘柄に新規対応

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

より優れた仮想通貨投資とは:2024年のバナナガンとビットボット

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

AI取引の可能性を見出した投資家がビットボット仮想通貨プレセールに注目

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

イーサリアム共同創設者の仮想通貨管理方法「マルチシグ」で自己管理リスクに対処

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「エアドロップ情報・アナリストの価格予想」など

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す