匿名仮想通貨を使用して闇サイト上で「違法薬物売買」韓国で9人逮捕

by BITTIMES

匿名仮想通貨Darkcoinを使用して違法薬物を販売していた韓国の売人9人が逮捕されたことが地元のニュースメディア「Korea Herald」の報道で明らかになりました。ドラッグの取引はダークネットを使用して開設された"闇サイト"上で行われていましたが、現在このWebサイトは閉鎖されています。

こちらから読む:仮想通貨関連の「犯罪行為」に各国政府は対応を強化

韓国初「違法薬物取引サイト」閉鎖

韓国当局は、匿名仮想通貨Darkcoin(ダークコイン)を使って複数の麻薬を販売していた罪で合計9人を逮捕しました。ソウル中央検察庁によると、これらの薬物はダークネットを使用して開設された"闇サイト"を通じて販売されていたとされています。逮捕された9人は20代〜30代であるとされており、逮捕者の中には「Shin」と呼ばれる闇サイトの運営者も含まれています。またウェブサイトの所有者は、自分自身で育てた「大麻(マリファナ)」や「ハシシ」の他、他国から密輸した「LSD」や「MDMA」などのドラッグも販売していたとされています。

ダークネット上で運営されているWebサイトでは、一般的に商品やサービスを購入するために複数の種類の仮想通貨が利用されており、ウェブサイトにアクセスするためには「Tor」と呼ばれる特別な通信システムが使用されます。これらの仮想通貨や通信システムは違法な商品を購入するユーザーの匿名性を強化する目的で使用されています。

報告されている内容によると、このウェブサイトには2018年3月〜11月の期間で「約636人」のメンバーが参加していると報告されており、今回の事例の他にも50回ほど薬物の売買が行われているとも伝えられています。ダークネットを経由した武器・薬物・違法コンテンツなどの販売は世界中で報告されており、以前から問題とされてきましたが。韓国でダークネット上の薬物取引サイトが閉鎖されたのは今回が初めてのことだと報告されています。

仮想通貨「重要問題」の一つ|違法取引

crime

ダークネットの上に構築された違法サイトやそこで使用される仮想通貨は以前から問題視されています。ビットコイン(BTC)も当初はこれらの「闇サイト上で使用される通貨」として知られており、2013年にはFBIが当時有名であった「シルクロード」という闇サイトを閉鎖しています。このサイトを所有していたRoss Ulbricht(ロス・ロス・ウルブリヒト)氏は、仮釈放なしの終身刑を宣告されています。

仮想通貨に関する重要な問題点の一つとして挙げられる「闇サイト」での使用は、現在も複数報告されています。このような問題が今後も続くのであれば、闇サイト上で使用されている仮想通貨は「違法取引に利用されるお金」として認識される可能性があります。

仮想通貨によって実際の使用例は異なるものの、一般の認識としては「仮想通貨」としてひとくくりにされる場合も多いため、今後もこのような問題にどう対処していくかという点は重要な課題となるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社「日本・米国・英国・インド・ブラジル」などで求人募集

Ripple社「日本・米国・英国・インド・ブラジル」などで求人募集

【速報】ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の開始を発表

【速報】ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の開始を発表

Cardano:ダイダロスウォレットの実験版「Daedalus Flight」公開

Cardano:ダイダロスウォレットの実験版「Daedalus Flight」公開

BINANCE:Visa・Mastercardによる支払い機能「20ヵ国以上」で利用制限

BINANCE:Visa・Mastercardによる支払い機能「20ヵ国以上」で利用制限

ブロックチェーンで「サーモン製品の生産情報」を公開:Cermaq×Labeyrie

ブロックチェーンで「サーモン製品の生産情報」を公開:Cermaq×Labeyrie

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

注目度の高い仮想通貨ニュース

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

世界初VR・ARコイン5SCAPEが第一弾のゲームとなるケージ・コンクエストをローンチ!プレセールは600万ドル間近

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

今仮想通貨は買いなのか?専門家は「イーサリアムETFが巨大な強気相場を引き起こす準備ができている」と語る

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

フレアネットワーク:合計バーン枚数が「10億FLR」の大台に到達

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す