匿名仮想通貨を使用して闇サイト上で「違法薬物売買」韓国で9人逮捕

by BITTIMES

匿名仮想通貨Darkcoinを使用して違法薬物を販売していた韓国の売人9人が逮捕されたことが地元のニュースメディア「Korea Herald」の報道で明らかになりました。ドラッグの取引はダークネットを使用して開設された"闇サイト"上で行われていましたが、現在このWebサイトは閉鎖されています。

こちらから読む:仮想通貨関連の「犯罪行為」に各国政府は対応を強化

韓国初「違法薬物取引サイト」閉鎖

韓国当局は、匿名仮想通貨Darkcoin(ダークコイン)を使って複数の麻薬を販売していた罪で合計9人を逮捕しました。ソウル中央検察庁によると、これらの薬物はダークネットを使用して開設された"闇サイト"を通じて販売されていたとされています。逮捕された9人は20代〜30代であるとされており、逮捕者の中には「Shin」と呼ばれる闇サイトの運営者も含まれています。またウェブサイトの所有者は、自分自身で育てた「大麻(マリファナ)」や「ハシシ」の他、他国から密輸した「LSD」や「MDMA」などのドラッグも販売していたとされています。

ダークネット上で運営されているWebサイトでは、一般的に商品やサービスを購入するために複数の種類の仮想通貨が利用されており、ウェブサイトにアクセスするためには「Tor」と呼ばれる特別な通信システムが使用されます。これらの仮想通貨や通信システムは違法な商品を購入するユーザーの匿名性を強化する目的で使用されています。

報告されている内容によると、このウェブサイトには2018年3月〜11月の期間で「約636人」のメンバーが参加していると報告されており、今回の事例の他にも50回ほど薬物の売買が行われているとも伝えられています。ダークネットを経由した武器・薬物・違法コンテンツなどの販売は世界中で報告されており、以前から問題とされてきましたが。韓国でダークネット上の薬物取引サイトが閉鎖されたのは今回が初めてのことだと報告されています。

仮想通貨「重要問題」の一つ|違法取引

crime

ダークネットの上に構築された違法サイトやそこで使用される仮想通貨は以前から問題視されています。ビットコイン(BTC)も当初はこれらの「闇サイト上で使用される通貨」として知られており、2013年にはFBIが当時有名であった「シルクロード」という闇サイトを閉鎖しています。このサイトを所有していたRoss Ulbricht(ロス・ロス・ウルブリヒト)氏は、仮釈放なしの終身刑を宣告されています。

仮想通貨に関する重要な問題点の一つとして挙げられる「闇サイト」での使用は、現在も複数報告されています。このような問題が今後も続くのであれば、闇サイト上で使用されている仮想通貨は「違法取引に利用されるお金」として認識される可能性があります。

仮想通貨によって実際の使用例は異なるものの、一般の認識としては「仮想通貨」としてひとくくりにされる場合も多いため、今後もこのような問題にどう対処していくかという点は重要な課題となるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

5年後、世界中で「現金使用禁止」に?仮想通貨の需要増加は中国・インドから:Arthur Hayes

5年後、世界中で「現金使用禁止」に?仮想通貨の需要増加は中国・インドから:Arthur Hayes

Tesla(テスラ)「ドージコイン決済導入に向けたテスト」実施か|DOGE価格は上昇

Tesla(テスラ)「ドージコイン決済導入に向けたテスト」実施か|DOGE価格は上昇

不動産セキュリティトークン発行(STO)に向け「実証実験」を実施:LIFULL

不動産セキュリティトークン発行(STO)に向け「実証実験」を実施:LIFULL

Chiliz&Socios:メキシコで初提携「Atlas FC・Santos Laguna」のファントークン発行へ

Chiliz&Socios:メキシコで初提携「Atlas FC・Santos Laguna」のファントークン発行へ

Bitget夏祭り取引大会が開催|賞金総額最大3BTC

Bitget夏祭り取引大会が開催|賞金総額最大3BTC

コインチェック「NASDAQへのDe-SPAC上場計画」を発表|2022年中を目処に上場予定

コインチェック「NASDAQへのDe-SPAC上場計画」を発表|2022年中を目処に上場予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

ヴェノム・ベンチャーファンドがエバースケール・ブロックチェーンに500万ドルの戦略的投資を実施

Google Chromeに脆弱性「仮想通貨ウォレットなどの機密情報」が盗まれる可能性

Google Chromeに脆弱性「仮想通貨ウォレットなどの機密情報」が盗まれる可能性

Bitget:コピートレードをして抽選で500ドル相当の仮想通貨を当てよう!

Bitget:コピートレードをして抽選で500ドル相当の仮想通貨を当てよう!

Tesla「2四半期連続でビットコインを保持」2022年第4四半期はBTC売却せず

Tesla「2四半期連続でビットコインを保持」2022年第4四半期はBTC売却せず

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

2023-2030年のXRP価格予想とMetacade(メタケード)に注目すべき理由

DMM:Web3事業本格参入に向け新会社「DM2C Studio」を設立

DMM:Web3事業本格参入に向け新会社「DM2C Studio」を設立

カルダノ(Cardano/ADA)価格上昇の裏で「クジラ・サメ」が増加|蓄積段階突入か

カルダノ(Cardano/ADA)価格上昇の裏で「クジラ・サメ」が増加|蓄積段階突入か

CoinGecko:カルダノ上のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」の情報追加

CoinGecko:カルダノ上のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」の情報追加

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

ディープコインを継続的に買戻し「DEP Buyback Program」を発表:DEA社

ディープコインを継続的に買戻し「DEP Buyback Program」を発表:DEA社

Chiliz&Socios:メキシコの強豪「クラブ・アメリカ」と提携|AMEファントークン発行へ

Chiliz&Socios:メキシコの強豪「クラブ・アメリカ」と提携|AMEファントークン発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す