仮想通貨決済:オンラインゲーム「フォートナイト」ストアがXMRに対応|匿名性を重視

by BITTIMES   

Epic Gamesによって開発された人気のオンラインゲーム「Fortnite(フォートナイト)」のストアは、2019年1月1日から匿名性の高い仮想通貨モネロ(Monero/XMR)を決済手段として受け入れています。初めて採用された暗号通貨がビットコイン(Bitcoin/BTC)ではなかったことに注目が集まりましたが、モネロのコア開発者は、この理由として「匿名性」の問題を挙げています。

こちらから読む:TRONが日本のブロックチェーン投資会社と提携「ゲーム」関連ニュース

ビットコイン(BTC)ではなくモネロ(XMR)を選択

Fortnite

Fortnite(フォートナイト)は「Epic Games」によって開発され、2017年にリリースされたオンラインゲームです。
・Windows
・macOS
・Nintendo Switch
・PlayStation 4
・Xbox One
・iOS
・Android
などでプレイできる「Fortnite」のゲームは世界中の人々にプレイされており、「Fortnite Battle Royale」と呼ばれるシリーズは、1年足らずで1億2500万人以上のプレイヤーを集めています。

仮想通貨モネロ(Monroe/XMR)が利用できるようになった「Fortnite」のオンラインストアでは、ブランドのTシャツ、パーカーなどのグッズを購入することができます。仮想通貨決済の導入には、スイスの仮想通貨決済プラットフォームである「Globee」の技術が利用されています。「Globee」はXMRだけなく
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
リップル(Ripple/XRP)
などといった数多くの仮想通貨に対応していますが、「Fortnite」が受け入れている仮想通貨はモネロ(XMR)のみとなっています。

「ライトニングネットワーク」の活用を検討

Lightning-Network

決済手段として追加された仮想通貨が、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)ではなく、モネロ(XMR)であったことに対しては、複数のユーザーが疑問を抱きました。

一人のユーザーが『なぜビットコインが採用されなかったのか?』と質問したのに対して、モネロのコア開発者であるRiccardo Spagni(リカルド・スパーニャ)氏は『ビットコインには"匿名性"が欠如しているため、Fortniteはビットコインを受け入れていないが、ビットコインは"ある程度"のプライバシーを与えるために「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」の活用を検討している』と回答しています。

さらにスパーニャ氏は『Fortniteは「ライトニングネットワーク」に非常に興味を持っているおり、それをリストに追加することを強く望んでいる』とも語っています。

2019年重要トピックの一つは「匿名仮想通貨」

Anonymous

昨年はFacebook(フェイスブック)のようなソーシャルメディアが個人情報を独占して"ユーザーデータを悪用している"といったことが度々問題として取り上げられていたため、現在は「プライバシー保護」という点が様々な分野で重要視されてきています。

Facebookが収集した個人情報をユーザーからの承諾なしに第三者に販売していることが明らかになった時、多くの人々が怒りを露わにしました。このような影響もあり、モネロ(Monero/XMR)やジーキャッシュ(Zcash/ZEC)などの匿名仮想通貨の需要は高まっています。

しかしながらアメリカ国土安全保障省は、2018年12月に「Zcash」と「Monero」の取引を追跡するための監視フレームワークを開発していることを発表しました。これは、マネーロンダリング(資金洗浄)や脱税、テロ資金調達などのような行為に仮想通貨が使用されないための取り組みであるで伝えられています。

昨年は仮想通貨の認知度が世界的に高まったことなどによって非常に多くのサービスが開始されましたが、その一方では仮想通貨関連の犯罪行為もより重要な問題となってきています。2019年はこのような問題への対処や適切な規制を定めることがさらに重要となってくると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

ビットコインの「10年後」に不安の声|競争激化する仮想通貨業界の将来

ビットコインの「10年後」に不安の声|競争激化する仮想通貨業界の将来

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

イーサリアムは「証券・商品」どちらに該当する?CFTC新会長が個人の見解示す

イーサリアムは「証券・商品」どちらに該当する?CFTC新会長が個人の見解示す

Cash App:ビットコイン売買機能に続き「株の無料取引」も提供か=Bloomberg報道

Cash App:ビットコイン売買機能に続き「株の無料取引」も提供か=Bloomberg報道

ブロックチェーンバトルゲーム「Crypto Fights」ビットコインSVへの移行を発表

ブロックチェーンバトルゲーム「Crypto Fights」ビットコインSVへの移行を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインが貯まる・使える「Coincheckガス」サービス開始

ビットコインが貯まる・使える「Coincheckガス」サービス開始

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

bitFlyer:プロ向け取引ツールに「ETH/JPY」通貨ペア追加

bitFlyer:プロ向け取引ツールに「ETH/JPY」通貨ペア追加

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

違法行為に使用されるビットコインは「2%」=Elliptic調査

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

MotoGP公式「ブロックチェーンマネージャーゲーム」開発へ:Animoca Brands

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す