ブロックチェーンで結婚証明書を管理|2018年の発行件数「950件以上」に:ネバダ州

by BITTIMES   

アメリカ・ネバダ州北西部に位置する商業・観光都市「リノ」では、2018年4月から12月の期間にかけて約950件もの結婚(婚姻)証明書がブロックチェーン上で発行されています。結婚届けなどを迅速に受理して管理することができる「Blockchain技術」は、その他複数の証明書の発行にも役立てられています。

こちらから読む:証明書を安全に保管・管理できる「ブロックチェーン」の仕組み

結婚届けの処理時間を「24時間以下」に短縮

marriage

ブロックチェーン技術を用いた結婚(婚姻)証明書は、2018年4月からネバダ州で二番目に人口が多いワショー郡で導入が開始されており、その後はラスベガスに次ぐ人口数を誇るリノでも活発に発行されています。

この結婚証明書の発行にはイーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーン技術が使用されており、2018年4月〜12月の9ヶ月間にかけて「950件以上」の結婚届けが処理されています。

このシステムを用いて結婚証明書を発行した場合、証明書は夫婦が所有するパソコンやスマートフォンに送信されることになりますが、データを複製できてしまうことなどの理由から「デジタル証明書」の発行を希望しない人もいると伝えられています。

政府関係者の役職やライセンスをブロックチェーン上で記録するサービスを提供している「Titan Seal」のPhil Dhingra氏は、伝統的な結婚証明書は処理するのに10営業日ほど必要になるのに対して、ブロックチェーン技術も用いて証明書を発行する場合には24時間もかからないと説明しており、証明書をブロックチェーン上で管理することによって、それらのデータを使用したい時に簡単に何度でも利用することができるとも説明されています。

ブロックチェーン技術を用いて各種証明書を発行する取り組みは長い間続けられてきており、2014年にはブロックチェーンに基づいた"地理的な制約のない新しい国家の形"を提案している「Bitnation(ビットネーション)」が主催した"世界初のブロックチェーン結婚式"でDavid Mondrus氏とJoyce氏の結婚がビットコイン(Bitcoin/BTC)のブロックチェーン上に記録されました。またスウェーデンでは、ブロックチェーン技術を用いて同性愛者同士の結婚を支援するプロジェクトも進められています。

スウェーデンで進む「同性愛結婚」支援プロジェクト

出生・学位証明書への活用事例も

Baby

ワショー郡とリノでは「ブロックチェーン技術」を活用して結婚証明書を発行する実証実験が行われていますが、同じくネバダ州のエルコ郡では"出生証明書"をブロックチェーン上で発行するテストが進められています。

ブロックチェーン技術を用いた出生証明書の発行はインドでも進められており、複数の政府機関がブロックチェーン企業と協力して個人識別情報を所有・管理・共有するための環境作りに取り組んでいます。

また、その他の国では大学などの"学位証明書"をブロックチェーン上で発行する事例も複数報告されています。情報の改ざんを防止し、安全に保管・管理することができるブロックチェーン技術は、今後も様々な証明書の発行に役立てられていくことでしょう。

Blockchain学習の画像 ブロックチェーン・オンライン学習プログラムはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE独自のブロックチェーン「バイナンスチェーン」始動|BNBは最高値を更新

BINANCE独自のブロックチェーン「バイナンスチェーン」始動|BNBは最高値を更新

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

香港証券先物委員会:規制範囲「全ての暗号資産取引所」に拡大へ

香港証券先物委員会:規制範囲「全ての暗号資産取引所」に拡大へ

BINANCE:マイニングプールで「初のビットコインブロック生成」を完了

BINANCE:マイニングプールで「初のビットコインブロック生成」を完了

bitFlyerアメリカ進出、規制当局の許可を34州で取得済み

bitFlyerアメリカ進出、規制当局の許可を34州で取得済み

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

ファイルコイン財団:インターネットアーカイブに「10億円相当のFIL」を寄付

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

メディアドゥ:全国書店で「NFT活用のデジタル付録」展開へ|集英社・小学館などと検討

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Grayscale:FIL・MANA・BATなど「アルトコイン5銘柄の投資信託」提供開始

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す