【5年連続】Ripple社:Forbesが選ぶ「最も革新的なフィンテック企業50社」にランクイン

by BITTIMES   

世界的な経済誌であるForbes(フォーブス)が毎年"最も革新的なフィンテック企業50社"を発表している「Fintech50」の2019年版が2019年2月4日に公開されました。このリストにはRipple(リップル)社も含まれており、今回で5年連続の選出という快挙を成し遂げています。

こちらから読む:最も革新的なフィンテック企業「Ripple/XRP」関連ニュース

ブロックチェーン国際送金は「SWIFT」に代わる

Forbes(フォーブス)が公開している「Fintech50」には、Forbesが選ぶ「最も革新的なフィンテック企業50社」が記載されています。Ripple社は過去4年間に渡ってこのリストに名を連ねていましたが、今回公開された2019年版でも同様に選出されており「5年連続の選出」という快挙を成し遂げています。

Forbesは、Ripple社の紹介文の中で『ブロックチェーンベースのグローバル決済ネットワークは、世界中のほぼ全ての銀行と繋がってきた"銀行間メッセージングプラットフォーム"である「SWIFT」に代わるものである』と説明した上で、Ripple社が昨年10月にリリースした仮想通貨「XRP」を用いた国際送金サービス「xRapid」を紹介しています。

また、仮想通貨「XRP」に関しては、ここ最近でビットコイン(BTC)に次ぐ価値を有しているとも説明されています。

「XRP」は昨年11月頃から時価総額ランキングで長い間2位に位置付けられていたイーサリアム(Ethereum/ETH)を超え始めており、現在も2位の座を競い合う状態が続いています。

成長を続けているのは「XRP」だけではなく、Ripple社が展開している国際送金ネットワークである「RippleNet」に加盟する機関も順調に増加しており、最近では参加する金融機関の数が200社を超えたことも報告されています。

「仮想通貨・ブロックチェーン関連企業」も複数リスト

2019年版の「Fintech50」には、その他複数の仮想通貨・ブロックチェーン関連企業も含まれており、
Bitfury(ビットフューリー)
Circle(サークル)
Coinbase(コインベース)
Gemini(ジェミニ)
Robinhood(ロビンフッド)
などがリストされています。

世界中で新しい革新的テクノロジーの一つとして高い評価を受けているブロックチェーン技術や仮想通貨は2019年もさらに重要視される分野となっていくことは間違いないと言えるでしょう。

「Fintech50」の全ての企業リストは以下の「Forbes」公式サイトをどうぞ
>「Forbes」の公式発表ページはこちら

2019年2月5日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、今月に入って以降は33円前後での推移を続けており2019年2月5日時点では「1XRP=32.87円」で取引されています。過去30日間の最安値は先月29日に記録した「1XRP=31円」となっています。

2019年1月6日〜2019年2月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年1月6日〜2019年2月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

SBI VCトレード:Flare Networksの「XRP保有者に対するSparkトークン付与」対応を検討

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

ビットコインがナイジェリア経済破綻を救出した?

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

Poloniexハッキング「犯人の身元情報」特定か|ジャスティン・サン氏が最終通告

Poloniexハッキング「犯人の身元情報」特定か|ジャスティン・サン氏が最終通告

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

ビットボットが売り切れ間近|日本の仮想通貨トレーダーが可能性に期待?

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

「シバイヌ(SHIB)の成長はまだ始まったばかり」Shytoshi Kusama氏

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す