仮想通貨は今後5年で主流に「現金を使用するのは犯罪者だけ」著名投資家Tim Draper

by BITTIMES

仮想通貨やブロックチェーンの熱狂的な支持者として知られるTim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、Fox Businessとのインタビューで、暗号通貨市場は今後5年間で大きな発展を遂げ、最終的に現金を使用するのは犯罪者だけになるだろうとの考えを語りました。

こちらから読む:純資産総額1,000億円越え「Tim Draper」関連ニュース

Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏は、インタビューの中で「法定通貨は今後5年間で時代遅れになる」との主張し、現金を使いたいと思う人はほとんどいなくなるだろうとの考えを語っています。

ビットコイン(BTC)などをはじめとする多くの仮想通貨は、取引履歴がブロックチェーン上に記録されているため、全ての取引を追跡することができます。特に日本国内の仮想通貨取引所のように本人確認などを徹底してウォレットのアドレスと個人情報を紐づけている場合には「誰が・いつ・どこに・いくら送金したのか」を把握するのは非常に簡単です。

一方、紙幣や硬貨などの現金で直接的に取引を行った場合には、取引を監視する人もそれを記録する人も存在しないため、すべてのお金の流れを追跡することはできません。このようなことからドレイパー氏は『犯罪者たちは依然として現金を使用したいと考えている』と語っており、最終的に現金を使用するのは犯罪者だけになるとの考えを語っています。

米国麻薬取締局(DEA)の代理人は2018年8月に「ブロックチェーン技術は犯罪者を特定するためのツールを提供しているため、私たちは人々が仮想通貨を使用することを望んでいる」とも語っており、実際にここ最近では仮想通貨に関連する犯罪行為で複数の逮捕者が出ていることも報告されています。

お金の流れを正確に把握し、脱税や犯罪行為、テロ行為の資金調達などにお金が使用されるのを防ぎたいと考えている政府が最終的にこれらの技術を採用するのは当然のことであるとも考えられます。最近ではブロックチェーン技術を用いた様々な種類のデジタル通貨が発行されていますが、特定の管理者に権利が集中することなく、最も広く認識されている仮想通貨はビットコイン(BTC)であると言えます。

このようなことを踏まえて考えると、ドレイパー氏の言うようにビットコインをはじめとする主要な仮想通貨が、今後のグローバルスタンダードになる可能性は十分にあると言えるでしょう。インタビューの中で「保有しているビットコインの数」を尋ねられたドレイパー氏は『たくさん』と語っています。

ビットコイン(BTC)などの購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SAMSUNG:バルト諸国の5店舗で仮想通貨決済を導入

SAMSUNG:バルト諸国の5店舗で仮想通貨決済を導入

ビットポイント:仮想通貨XRPの「即時送金サービス」提供開始

ビットポイント:仮想通貨XRPの「即時送金サービス」提供開始

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

仮想通貨で「映画制作」の資金調達|トークン保有者はキャストなどに投票可能:tZERO

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

中国政府関係者:仮想通貨トレーダーに対し「落ち着くよう」求める

中国政府関係者:仮想通貨トレーダーに対し「落ち着くよう」求める

DeCurret:ビットコインや現金が貰える「2大キャンペーン」を開催【2019年11月1日〜】

DeCurret:ビットコインや現金が貰える「2大キャンペーン」を開催【2019年11月1日〜】

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

イーサリアム価格「10万円台」に到達|アルトコインシーズン到来か

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す