イーサリアムのハードフォークが完了|大幅アップデートで「コスト削減・効率化」

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)の重要なアップデートである「Constantinople/St.Petersburg(コンステンティノープル/セントピーターズバーグ)」は、2019年3月1日午前5時頃に無事完了しました。現時点では大きな問題などは報告されておらず、価格も安定した状態を保っているため、イーサリアムの今後の発展には期待が高まっています。

こちらから読む:ETHが稼げるDAppsも多数「イーサリアム」関連ニュース

コンステンティノープル・アップデート:無事完了

イーサリアム(Ethereum/ETH)の重要なアップデートである「Constantinople/St.Petersburg(コンステンティノープル/セントピーターズバーグ)」は、2019年3月1日の午前5時頃に無事完了しました。

ハードフォークが予定されていた「7,280,000ブロック」は本日の朝の時点で無事に採掘され、日本時間2019年3月1日11時時点では「7,281,314ブロック」まで問題なく採掘されています。なお、今回のハードフォークによる「新通貨」の発行は行われていません。

(画像:etherscan.io)(画像:etherscan.io

アップデートによる変更点

今回のアップデートによって加えられた変更点は大きく分けて5点あり、そのほとんどはパフォーマンスを向上させるためのものとなっています。

EIP1052:ネットワーク利用コストの削減

「EIP1052」は、イーサリアム仮想マシン(Ethereum Virtual Machine/EVM)の処理を効率化するためのものの一つです。これによってイーサリアム・ネットワークを利用する際のコストを下げることができます。

具体的には、コントラクトのコードを検証する際にこれまではコード全体をプルする必要があったのに対して、このアップデートによって、コードのハッシュを検証するだけで済むようになります。

これはコントラクトが他のコントラクトを実行する際のプロセスを効率化するための重要なアップデートの一つとなります。

EIP145:イーサリアム仮想マシン(EVM)の計算効率向上

「EIP145」では、「Bitwise shifting(ビットワイズ・シフティング)」と呼ばれる効率的な演算方法がEVMに実装され、EVMの計算効率が大きく向上します。

これによって、Gasコストを大幅に削減することができるようになり、これまで「35Gas」かかっていたものを「3Gas」にまで減らすことができます。

EIP1014:オフチェーン上でのアドレス生成前に取引が可能に

「EIP1014」では、スケーラビリティ問題を解決するための技術である「ステートチャネル」のための重要なプロセスが追加されます。

これによって、オフチェーン上でアドレスが生成される前にアドレスを決めて取引することが可能になり、まだオンチェーンに存在していないアドレスとの取引ができるようになります。

EIP1234:ブロック報酬の減少・ディフィカルティボムの延期

「EIP1234」は一般の人々にも広く関係するものであり、
ブロック報酬の減少(3ETH→2ETH)
ディフィカルティボムの延期
が含まれています。

ディフィカルティボムとは、マイニング(採掘)の難易度を計画的に上昇させてブロックの生成時間を徐々に長くしていくアルゴリズムであり、ハードフォークを行う際にチェーンがスプリット(分離)しないための設計となっています。

これにより、ブロックの生成時間が長くなるにつれて、そのチェーン上でのブロック生成が難しくなります。最終的にアップデートを受け入れていなければ、そのチェーン上でのマイニングがほぼ不可能な状態となるため、アップデートの促進につながります。

今回ディフィカルティボムが延期された理由は、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムである「Proof of Work」を「Proof of Stake」へと移行するための開発が遅延したためだと伝えられています。

EIP1283:Gasコストの削減

「EIP1283」という提案では「SSTORE」というオペコードに関するGas(ガス)の算出方法に変更が加えられます。これによってGasコストを削減することができます。

イーサリアムのさらなる発展に期待

今回のアップデートでは新しい通貨が発行されるわけでもなく、はっきりわかる変化が少ないため、一見すると何も変わっていないように見えがちですが、イーサリアムの今後の発展のためには非常に重要な一つのステップとなっています。

当初予定されていた時期よりはやや遅れることとなったものの、実際に問題なくアップデートが完了したことによって、今後もさらに技術やそれに関連するプロジェクト発展していくと期待されます。

イーサリアムキラーとも呼ばれる新しいブロックチェーンや仮想通貨が誕生したことによって、競争も激化してきていますが、すでに数多くのプロジェクトが立ち上げられており、実際に世界中で広く利用されているイーサリアムの技術は今後もさらに多くの場面で活用されていくことになると予想されます。

2019年3月1日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

今回のハードフォークによる目立った価格変動は今の所みられていません。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は昨日の時点で一時的に14,000円台にまで下落していましたが、現在はやや回復しており、2019年3月1日時点では「1ETH=15,309円」で取引されています。

2019年2月22日〜2019年3月1日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月22日〜2019年3月1日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

クロアチアのガソリンスタンド「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど合計5銘柄

クロアチアのガソリンスタンド「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど合計5銘柄

Liquid Global:不正アクセスで「仮想通貨5銘柄が流出」BTC・ETH・XRPなど

Liquid Global:不正アクセスで「仮想通貨5銘柄が流出」BTC・ETH・XRPなど

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月17日〜23日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月17日〜23日

BitPay「イーサリアム(ETH)決済機能」追加へ

BitPay「イーサリアム(ETH)決済機能」追加へ

ブロックチェーンで「タバコの納税印紙」を追跡・管理:フィリップモリス

ブロックチェーンで「タバコの納税印紙」を追跡・管理:フィリップモリス

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

BINANCE:XRP保有者に対する「Sologenic(SOLO)エアドロップ」対応へ

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

海底火山噴火被害のトンガ王国「ビットコインによる寄付」受け入れ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月9日〜15日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月9日〜15日

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

トンガ王国「ビットコインの法定通貨化」に関する法案、2022年秋に提出へ

BINANCE:タイでのデジタル資産取引所開設に向け「Gulf Innova Company」とMoU締結

BINANCE:タイでのデジタル資産取引所開設に向け「Gulf Innova Company」とMoU締結

米ペイパル:独自のステーブルコイン「PayPal Coin」を検討=Bloomberg報道

米ペイパル:独自のステーブルコイン「PayPal Coin」を検討=Bloomberg報道

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」正式リリース|BTC・ETHなどに対応

貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」正式リリース|BTC・ETHなどに対応

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

ブラジル・リオデジャネイロ「ビットコイン投資」を計画|暗号資産の中心地目指す

ブラジル・リオデジャネイロ「ビットコイン投資」を計画|暗号資産の中心地目指す

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す