イーサリアムのハードフォークが完了|大幅アップデートで「コスト削減・効率化」

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)の重要なアップデートである「Constantinople/St.Petersburg(コンステンティノープル/セントピーターズバーグ)」は、2019年3月1日午前5時頃に無事完了しました。現時点では大きな問題などは報告されておらず、価格も安定した状態を保っているため、イーサリアムの今後の発展には期待が高まっています。

こちらから読む:ETHが稼げるDAppsも多数「イーサリアム」関連ニュース

コンステンティノープル・アップデート:無事完了

イーサリアム(Ethereum/ETH)の重要なアップデートである「Constantinople/St.Petersburg(コンステンティノープル/セントピーターズバーグ)」は、2019年3月1日の午前5時頃に無事完了しました。

ハードフォークが予定されていた「7,280,000ブロック」は本日の朝の時点で無事に採掘され、日本時間2019年3月1日11時時点では「7,281,314ブロック」まで問題なく採掘されています。なお、今回のハードフォークによる「新通貨」の発行は行われていません。

(画像:etherscan.io)(画像:etherscan.io

アップデートによる変更点

今回のアップデートによって加えられた変更点は大きく分けて5点あり、そのほとんどはパフォーマンスを向上させるためのものとなっています。

EIP1052:ネットワーク利用コストの削減

「EIP1052」は、イーサリアム仮想マシン(Ethereum Virtual Machine/EVM)の処理を効率化するためのものの一つです。これによってイーサリアム・ネットワークを利用する際のコストを下げることができます。

具体的には、コントラクトのコードを検証する際にこれまではコード全体をプルする必要があったのに対して、このアップデートによって、コードのハッシュを検証するだけで済むようになります。

これはコントラクトが他のコントラクトを実行する際のプロセスを効率化するための重要なアップデートの一つとなります。

EIP145:イーサリアム仮想マシン(EVM)の計算効率向上

「EIP145」では、「Bitwise shifting(ビットワイズ・シフティング)」と呼ばれる効率的な演算方法がEVMに実装され、EVMの計算効率が大きく向上します。

これによって、Gasコストを大幅に削減することができるようになり、これまで「35Gas」かかっていたものを「3Gas」にまで減らすことができます。

EIP1014:オフチェーン上でのアドレス生成前に取引が可能に

「EIP1014」では、スケーラビリティ問題を解決するための技術である「ステートチャネル」のための重要なプロセスが追加されます。

これによって、オフチェーン上でアドレスが生成される前にアドレスを決めて取引することが可能になり、まだオンチェーンに存在していないアドレスとの取引ができるようになります。

EIP1234:ブロック報酬の減少・ディフィカルティボムの延期

「EIP1234」は一般の人々にも広く関係するものであり、
ブロック報酬の減少(3ETH→2ETH)
ディフィカルティボムの延期
が含まれています。

ディフィカルティボムとは、マイニング(採掘)の難易度を計画的に上昇させてブロックの生成時間を徐々に長くしていくアルゴリズムであり、ハードフォークを行う際にチェーンがスプリット(分離)しないための設計となっています。

これにより、ブロックの生成時間が長くなるにつれて、そのチェーン上でのブロック生成が難しくなります。最終的にアップデートを受け入れていなければ、そのチェーン上でのマイニングがほぼ不可能な状態となるため、アップデートの促進につながります。

今回ディフィカルティボムが延期された理由は、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムである「Proof of Work」を「Proof of Stake」へと移行するための開発が遅延したためだと伝えられています。

EIP1283:Gasコストの削減

「EIP1283」という提案では「SSTORE」というオペコードに関するGas(ガス)の算出方法に変更が加えられます。これによってGasコストを削減することができます。

イーサリアムのさらなる発展に期待

今回のアップデートでは新しい通貨が発行されるわけでもなく、はっきりわかる変化が少ないため、一見すると何も変わっていないように見えがちですが、イーサリアムの今後の発展のためには非常に重要な一つのステップとなっています。

当初予定されていた時期よりはやや遅れることとなったものの、実際に問題なくアップデートが完了したことによって、今後もさらに技術やそれに関連するプロジェクト発展していくと期待されます。

イーサリアムキラーとも呼ばれる新しいブロックチェーンや仮想通貨が誕生したことによって、競争も激化してきていますが、すでに数多くのプロジェクトが立ち上げられており、実際に世界中で広く利用されているイーサリアムの技術は今後もさらに多くの場面で活用されていくことになると予想されます。

2019年3月1日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

今回のハードフォークによる目立った価格変動は今の所みられていません。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は昨日の時点で一時的に14,000円台にまで下落していましたが、現在はやや回復しており、2019年3月1日時点では「1ETH=15,309円」で取引されています。

2019年2月22日〜2019年3月1日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月22日〜2019年3月1日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨マイニングで効率良く稼ぐ方法とは?

仮想通貨マイニングで効率良く稼ぐ方法とは?

スイス証券取引所:イーサリアムに連動した上場投資商品(ETP)の取り扱い開始

スイス証券取引所:イーサリアムに連動した上場投資商品(ETP)の取り扱い開始

仮想通貨取引所GMOコイン「現金2,000円が当たる」アプリデビューキャンペーン開催

仮想通貨取引所GMOコイン「現金2,000円が当たる」アプリデビューキャンペーン開催

マネックス証券:レバレッジ取引サービス「暗号資産CFD」本日開始|BCH・XRPにも対応

マネックス証券:レバレッジ取引サービス「暗号資産CFD」本日開始|BCH・XRPにも対応

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

bitbank:ビットコインキャッシュ(BCH)取引高ランキングで「国内1位」獲得

bitbank:ビットコインキャッシュ(BCH)取引高ランキングで「国内1位」獲得

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

NFTを活用したいクリエイターを全面支援「NFT Infinity」開始:80&Company

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

SBI証券「STO取扱いを可能にする変更登録」を完了|デジタル証券の店頭取引も検討

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

GMOインターネット「NFT市場」参入へ|アート・音楽作品の流通プラットフォームを構築

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す