北米最大のシーフードメーカーがブロックチェーン導入「マグロの捕獲場所」などを公開

by BITTIMES

北米最大の保存食品ブランドとして知られ、マグロ缶、サーモン、魚介類、鶏肉などといった複数の商品を製造している「Bumble Bee Foods(バンブル・ビー・フード)」は、シーフード製品の生産・加工・流通情報を合理的に管理し、より安全な食品を消費者に提供するためのブロックチェーンプラットフォームを立ち上げました。

こちらから読む:シーフード食品の情報を管理できる「ブロックチェーン」の仕組み

アメリカ・サンディエゴに本社を構え、100年以上に渡ってシーフード製品を提供してきた歴史を持つ「Bumble Bee Foods(バンブル・ビー・フード)」は、エンタープライズソフトウェアを専門とするドイツのハイテク企業「SAP」と共同で、シーフード製品のトレーサビリティを向上させるためのブロックチェーンプラットフォームを立ち上げました。

2019年3月8日に公開されたプレスリリースによると、このプラットフォームは「SAP® Cloud Platform Blockchain」と呼ばれるサービスに基づいて構築されており、インドネシアから消費者に届くまでのキハダマグロのサプライチェーンを監視することができるようになっていると伝えられています。

対象商品の購入者は、製品のパッケージにプリントされているQRコードをスマートフォンなどでスキャンすることによって、製品の製造元や出荷履歴などの情報にアクセスすることができると説明されています。ブロックチェーンに記録されているデータの中には「漁獲量」や「捕獲ポイント」といった基本的な情報だけでなく、「信憑性・鮮度・安全性を確認するための情報」なども含まれているとされています。

「SAP Innovative Business Solutions」でシニアバイスプレジデントを務めているOliver Betz(オリバー・ベッツ)氏は『ブロックチェーン技術は食品のサプライチェーン全体の透明性を高め、トレービリティを向上させる』と語っています。

ブロックチェーン技術で生産・流通情報を確認できるようにして食品の安全性を保証する取り組みは世界中で進められており、これまでにも「コーヒー/レタス/オレンジ」などの農産物や「鶏肉/牛肉/魚」などの肉類、さらには「ビール」などといった様々な食品を追跡するプロジェクトが発表されています。

先日はフランスの大手小売業者である「Carrefour(カルフール)」が新たに牛乳や乳製品の起源を辿ることができるようになったことを発表しました。世界中に数多く存在する様々な食品に活用されていくブロックチェーン技術が次はどのような食品に利用されるのかにも注目です。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(XRP)約40億円の取引記録を確認|送金コストは「わずか3円」

リップル(XRP)約40億円の取引記録を確認|送金コストは「わずか3円」

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

IOST:VRコンテンツプラットフォーム「Dvision Network」と提携

ブロックチェーン育成ゲーム「Bitpet(ビットペット)」レースに勝てば賞金もらえる!

ブロックチェーン育成ゲーム「Bitpet(ビットペット)」レースに勝てば賞金もらえる!

ブロックチェーンゲーム「SkyWeaver」開発に向け5億円を調達:Horizo​​n Blockchain Games

ブロックチェーンゲーム「SkyWeaver」開発に向け5億円を調達:Horizo​​n Blockchain Games

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月12日〜18日

仮想通貨ニュース週間まとめ|8月12日〜18日

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

イギリス金融規制当局「仮想通貨投資に伴うリスク」について警告

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

SBIホールディングス「米SECによるRipple社への訴訟提起」ついてコメント

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

資産運用大手Grayscale:XRPを売却し「BTC・ETH・LTC」などに再投資

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

XRP擁護派、米国政府に「リップル訴訟の停止」求める|一般国民の署名活動実施中

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す