北米最大のシーフードメーカーがブロックチェーン導入「マグロの捕獲場所」などを公開

by BITTIMES

北米最大の保存食品ブランドとして知られ、マグロ缶、サーモン、魚介類、鶏肉などといった複数の商品を製造している「Bumble Bee Foods(バンブル・ビー・フード)」は、シーフード製品の生産・加工・流通情報を合理的に管理し、より安全な食品を消費者に提供するためのブロックチェーンプラットフォームを立ち上げました。

こちらから読む:シーフード食品の情報を管理できる「ブロックチェーン」の仕組み

アメリカ・サンディエゴに本社を構え、100年以上に渡ってシーフード製品を提供してきた歴史を持つ「Bumble Bee Foods(バンブル・ビー・フード)」は、エンタープライズソフトウェアを専門とするドイツのハイテク企業「SAP」と共同で、シーフード製品のトレーサビリティを向上させるためのブロックチェーンプラットフォームを立ち上げました。

2019年3月8日に公開されたプレスリリースによると、このプラットフォームは「SAP® Cloud Platform Blockchain」と呼ばれるサービスに基づいて構築されており、インドネシアから消費者に届くまでのキハダマグロのサプライチェーンを監視することができるようになっていると伝えられています。

対象商品の購入者は、製品のパッケージにプリントされているQRコードをスマートフォンなどでスキャンすることによって、製品の製造元や出荷履歴などの情報にアクセスすることができると説明されています。ブロックチェーンに記録されているデータの中には「漁獲量」や「捕獲ポイント」といった基本的な情報だけでなく、「信憑性・鮮度・安全性を確認するための情報」なども含まれているとされています。

「SAP Innovative Business Solutions」でシニアバイスプレジデントを務めているOliver Betz(オリバー・ベッツ)氏は『ブロックチェーン技術は食品のサプライチェーン全体の透明性を高め、トレービリティを向上させる』と語っています。

ブロックチェーン技術で生産・流通情報を確認できるようにして食品の安全性を保証する取り組みは世界中で進められており、これまでにも「コーヒー/レタス/オレンジ」などの農産物や「鶏肉/牛肉/魚」などの肉類、さらには「ビール」などといった様々な食品を追跡するプロジェクトが発表されています。

先日はフランスの大手小売業者である「Carrefour(カルフール)」が新たに牛乳や乳製品の起源を辿ることができるようになったことを発表しました。世界中に数多く存在する様々な食品に活用されていくブロックチェーン技術が次はどのような食品に利用されるのかにも注目です。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【世界初】リップル(XRP)に連動した仮想通貨ETP「スイス証券取引所」で近日公開か

【世界初】リップル(XRP)に連動した仮想通貨ETP「スイス証券取引所」で近日公開か

仮想通貨市場の下落は「健全な証」むしろ歓迎されるべき|Mohamed El-Erian

仮想通貨市場の下落は「健全な証」むしろ歓迎されるべき|Mohamed El-Erian

次世代型「ヘルスケア・ブロックチェーン」構築へ|医療用画像などを共有:Bitfury

次世代型「ヘルスケア・ブロックチェーン」構築へ|医療用画像などを共有:Bitfury

ロンドン警察:仮想通貨関連の犯罪に対処するための訓練を開始

ロンドン警察:仮想通貨関連の犯罪に対処するための訓練を開始

Forbes(フォーブス):ブロックチェーンによる「コンテンツ管理」へ ー Civilと提携

Forbes(フォーブス):ブロックチェーンによる「コンテンツ管理」へ ー Civilと提携

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

仮想通貨への疑心が好奇心に|アイルランドの投資家が300%も増加

注目度の高い仮想通貨ニュース

bitbank:仮想通貨の現物取扱高で「一位獲得」国内シェア48%を達成

bitbank:仮想通貨の現物取扱高で「一位獲得」国内シェア48%を達成

Ripple(リップル)ゲーム業界のブロックチェーン導入促進に向け「Forte」と提携

Ripple(リップル)ゲーム業界のブロックチェーン導入促進に向け「Forte」と提携

TRONブロックチェーン上で「Tether/USDT」発行へ|DEXやDAppsの発展を促進

TRONブロックチェーン上で「Tether/USDT」発行へ|DEXやDAppsの発展を促進

ネット通販大手が「仮想通貨決済」導入へ|XRP・TRXなど10銘柄に対応:スイス

ネット通販大手が「仮想通貨決済」導入へ|XRP・TRXなど10銘柄に対応:スイス

ガス・石油業界で「ブロックチェーン・コンソーシアム」発足|大手企業7社が参加

ガス・石油業界で「ブロックチェーン・コンソーシアム」発足|大手企業7社が参加

2019年末、ライトコイン(LTC)がリップル(XRP)を上回る?Forbesアナリスト予想

2019年末、ライトコイン(LTC)がリップル(XRP)を上回る?Forbesアナリスト予想

「スターバックス」でビットコイン決済導入の可能性|Bakkt経由で2020年開始か

「スターバックス」でビットコイン決済導入の可能性|Bakkt経由で2020年開始か

牛乳・乳製品の「生産・流通情報」をブロックチェーン管理|フランス小売大手Carrefour

牛乳・乳製品の「生産・流通情報」をブロックチェーン管理|フランス小売大手Carrefour

仮想通貨がユーロ圏で使える「VISAデビットカード」公開|XRPなど7銘柄に対応:2gether

仮想通貨がユーロ圏で使える「VISAデビットカード」公開|XRPなど7銘柄に対応:2gether

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

リップル(Ripple/XRP)が「Coinbase.com」でも取引可能に|スマホアプリにも対応

リップル(Ripple/XRP)が「Coinbase.com」でも取引可能に|スマホアプリにも対応

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す