北米最大のシーフードメーカーがブロックチェーン導入「マグロの捕獲場所」などを公開

by BITTIMES

北米最大の保存食品ブランドとして知られ、マグロ缶、サーモン、魚介類、鶏肉などといった複数の商品を製造している「Bumble Bee Foods(バンブル・ビー・フード)」は、シーフード製品の生産・加工・流通情報を合理的に管理し、より安全な食品を消費者に提供するためのブロックチェーンプラットフォームを立ち上げました。

こちらから読む:シーフード食品の情報を管理できる「ブロックチェーン」の仕組み

アメリカ・サンディエゴに本社を構え、100年以上に渡ってシーフード製品を提供してきた歴史を持つ「Bumble Bee Foods(バンブル・ビー・フード)」は、エンタープライズソフトウェアを専門とするドイツのハイテク企業「SAP」と共同で、シーフード製品のトレーサビリティを向上させるためのブロックチェーンプラットフォームを立ち上げました。

2019年3月8日に公開されたプレスリリースによると、このプラットフォームは「SAP® Cloud Platform Blockchain」と呼ばれるサービスに基づいて構築されており、インドネシアから消費者に届くまでのキハダマグロのサプライチェーンを監視することができるようになっていると伝えられています。

対象商品の購入者は、製品のパッケージにプリントされているQRコードをスマートフォンなどでスキャンすることによって、製品の製造元や出荷履歴などの情報にアクセスすることができると説明されています。ブロックチェーンに記録されているデータの中には「漁獲量」や「捕獲ポイント」といった基本的な情報だけでなく、「信憑性・鮮度・安全性を確認するための情報」なども含まれているとされています。

「SAP Innovative Business Solutions」でシニアバイスプレジデントを務めているOliver Betz(オリバー・ベッツ)氏は『ブロックチェーン技術は食品のサプライチェーン全体の透明性を高め、トレービリティを向上させる』と語っています。

ブロックチェーン技術で生産・流通情報を確認できるようにして食品の安全性を保証する取り組みは世界中で進められており、これまでにも「コーヒー/レタス/オレンジ」などの農産物や「鶏肉/牛肉/魚」などの肉類、さらには「ビール」などといった様々な食品を追跡するプロジェクトが発表されています。

先日はフランスの大手小売業者である「Carrefour(カルフール)」が新たに牛乳や乳製品の起源を辿ることができるようになったことを発表しました。世界中に数多く存在する様々な食品に活用されていくブロックチェーン技術が次はどのような食品に利用されるのかにも注目です。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

甲子園をブロックチェーンでもっと楽しく「Zacpot」で試合結果を予想しよう

甲子園をブロックチェーンでもっと楽しく「Zacpot」で試合結果を予想しよう

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

仮想通貨Libraの「ロードマップ」公開|GitHub上で開発状況が確認可能に

最新の格安スマホなどに「ブロックチェーン関連機能」搭載の可能性:SAMSUNG

最新の格安スマホなどに「ブロックチェーン関連機能」搭載の可能性:SAMSUNG

ブロックチェーンで「日本米の出荷プロセス」効率化へ:SBI×百笑市場×CTIA

ブロックチェーンで「日本米の出荷プロセス」効率化へ:SBI×百笑市場×CTIA

BINANCE:VISAカード用いた暗号資産購入「世界180ヵ国以上」で利用可能に

BINANCE:VISAカード用いた暗号資産購入「世界180ヵ国以上」で利用可能に

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

MCH+参画ブロックチェーンゲーム4作品「国内初のマルチチェーン対応」

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

【Cardano/ADA】スマートコントラクト機能「7月頃」に実装予定|NFT関連でも期待高まる

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す