仮想通貨「1,000種類以上」のデータ配信を開始|インターコンチネンタル取引所(ICE)

by BITTIMES

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)は、同取引所が最近公開した仮想通貨に関する価格などの情報を追跡することができる「ICE暗号通貨データフィード」に「1,000種類以上の仮想通貨」と「100種類以上のプラットフォーム」を追加すると発表しました。

こちらから読む:金融の歴史に詳しい大学教授が"BTC"について語る「国際ニュース」

「ICE暗号通貨データフィード」とは?

インターコンチネンタル取引所(ICE)とBlockstream(ブロックストリーム)社が今年1月に立ち上げた「ICE暗号通貨データフィード」は、仮想通貨市場を正確に把握するために必要とされる、仮想通貨のリアルタイムな履歴データを配信しており、世界中の主要な取引所や仮想通貨に関する情報や「売買高加重平均価格(VWAP)」「オーダーブック」などといった様々情報を提供しています。

公式サイトの情報によると、このデータフィードは現時点でもすでに60種類以上の仮想通貨をカバーしているとされており、30以上の取引所や市場、400以上の「仮想通貨/フィアット」および「仮想通貨/仮想通貨」ペアなどに関するデータを提供しているとされています。

(画像:theice.com)(画像:theice.com

これらのデータは企業や機関投資家向けに「信頼できる仮想通貨関連情報」として提供されており、ICEはこれらのデータを提供することによって、透明性の向上などに取り組んでいます。

仮想通貨1,000種類、プラットフォーム100種類以上を追加

インターコンチネンタル取引所(ICE)は、2019年3月12日のツイートで「ICE暗号通貨データフィード」に「1,000種類以上の仮想通貨」と「100種類以上のプラットフォーム」を追加することを発表しました。

何を:ICE暗号通貨データフィード
なぜ:透明性の向上
誰が:1,000種類の仮想通貨、100のプラットフォーム
どのように:たった1つデータソース
いつ:今

報道によると、ICEは今後も提携する取引所の数を増やしていくことを計画しているとされているため「ICE暗号通貨データフィード」の情報はさらに充実していくと予想されます。

ICEは、世界的に注目が集まっている仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」を立ち上げたことでも知られており、機関投資家の参入に大きな影響力を持つとして期待が高まっています。

仮想通貨に関する「より正確で質の高い情報」は、機関投資家の参入を促進するための重要な要素の一つでもあるため、ICEがより多くの情報を提供することによって、市場の透明性や信頼性を向上させ、さらに多くの投資家を招き入れることができると期待されます。

ビットコイン(BTC)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨×バスケットボールまとめ:ブロックチェーンを活用するNBAや人気選手

仮想通貨×バスケットボールまとめ:ブロックチェーンを活用するNBAや人気選手

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

bitFlyer Europe:仮想通貨販売所で「イーサリアム」の取扱いを開始

Steve Wozniak:仮想通貨とブロックチェーンの未来を語る|米暗号サミット登壇決定

Steve Wozniak:仮想通貨とブロックチェーンの未来を語る|米暗号サミット登壇決定

事業支援プロジェクト「NEM Ignite」発足|開発資金・アドバイスなど提供へ

事業支援プロジェクト「NEM Ignite」発足|開発資金・アドバイスなど提供へ

「ビットコイン先物」2019年に開始予定|ナスダック広報責任者が正式発表

「ビットコイン先物」2019年に開始予定|ナスダック広報責任者が正式発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

NEM新ブロックチェーンSymbolの公開日「2021年2月」に延期|XEM価格は下落

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

コインベース:IPO(株式公開)関連で「Goldman Sachs」と協力か=報道

コインベース:IPO(株式公開)関連で「Goldman Sachs」と協力か=報道

ドイツ政府「ブロックチェーン用いたデジタル証券」を合法化

ドイツ政府「ブロックチェーン用いたデジタル証券」を合法化

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

世界最大級のSNSトレードeToro「XRP取引サービスの一時停止」を発表

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

Theta Labs:Chrome拡張機能「Theta Wallet(シータ・ウォレット)」リリース

Theta Labs:Chrome拡張機能「Theta Wallet(シータ・ウォレット)」リリース

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

ブロックチェーンゲーム開発企業「Animoca Brands」シティ・フットボール・グループと提携

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す