ストリートアートに「仮想通貨革命」のメッセージ|フランスで反ユーロの抗議活動続く

by BITTIMES   

芸術の都とも言われるフランス・パリでは、やや落ち着きつつあった「黄色いベスト運動」が再び激化してきています。「石油価格や生活費の高騰」などに苦しんでいるそれらの人々の一部は、仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)による革命を支持しており、街中のストリートアートにも「反ユーロ」や「ビットコイン」のメッセージが込められています。

こちらから読む:9歳の少年も仮想通貨で絵を販売「アート」関連ニュース

フランスで再び激化する「黄色いベスト運動」

フランスでは、2018年11月から「黄色いベスト運動」と呼ばれるマクロン政権に対する抗議デモが続いています。今年の1月頃からマクロン大統領がデモ沈静化のために地方都市に出向いて自治体の代表者や市民と直接対話を行なっていたことによって事態は落ち着きつつあるとみられていましたが、先日は再びパリで大規模な暴動が発生しています。

抗議活動に参加している人々は「石油価格・生活費の高騰」や「政府の税制改革」などに対して抗議を行っており、「燃料税の削減」「最低賃金の引き上げ」「マクロン大統領の辞任」などを要求しています。

このような抗議者の中には「Buy Bitcoin(ビットコインを買え)」と書かれたジャケットを着ている人々も複数見られており、現地のストリートアートにも「反ユーロ(EUR)」のメッセージが込められています。

ストリートアートに「反ユーロ」と「ビットコイン」

仮想通貨関連のストリートアートを複数仕上げていることなどでも知られているPascal Boyart(PBOY)氏は、ユーロを燃やしている絵と共に、寄付としてビットコイン(BTC)を受け取るための「QRコード」を自分の作品の一部に描いています。

パリで3作品目となる「ビットコインのQRコード付き」ストリートアート作品

この壁画には、フランスの著名な画家であり印象派のEugène Delacroix(ウジェーヌ・ドラクロワ)氏が、100ユーロを燃やしている姿が描かれています。PBOY氏は自分自身の作品と共に「仮想通貨による寄付」を受け入れていることでも知られており、「New York Times」や「Washington Post」などで紹介されるほど活発に活動を行なっています。

デモ運動の参加者は「ビットコインを知らない」

ビットコインを支持している人々は、国の銀行システムやユーロに対して抗議し、ビットコイン革命を支持してデモに参加しています。

しかし、フランスに本社を構えるハードウェアウォレットメーカー「Ledger(レジャー)」のCEOであるEricLarchevêque氏は、「黄色いベスト運動の人々は"実際はビットコインについて深くは理解していない"」と語っており、「仮想通貨が抗議運動に役立ち、人々が主張している問題を解決する、と信じてはいない」とも語っています。

ビットコインは、「中央集権化」や「金融機関」そして「中央銀行による金融政策」との戦いを意図して10年前にサトシ・ナカモトによって作成されました。ビットコインやブロックチェーン技術の存在は広く知られるようになったものの、今のところは従来の法定通貨が世界中で広く使用されており、多くの人々は「仮想通貨は"通貨"ではなく"資産"である」認識しています。

フランスでは、有名なタバコ販売店である「Tabacs」で仮想通貨の販売が始まっており、マクロン大統領もブロックチェーン技術を積極的に活用していく姿勢を見せていますが、「黄色いベスト運動」に関しては今後も続く可能性があると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月20日〜26日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月20日〜26日

NASDAQにマイニング機器製造大手「Ebang」が上場|暗号資産取引所の設立も計画

NASDAQにマイニング機器製造大手「Ebang」が上場|暗号資産取引所の設立も計画

歴史上最大!仮想通貨のイベント「Blockchain World Conference」

歴史上最大!仮想通貨のイベント「Blockchain World Conference」

宇宙ゴミ問題解決へ|イーサリアム基盤の衛星追跡アプリ「TruSat」を発表:ConsenSys

宇宙ゴミ問題解決へ|イーサリアム基盤の衛星追跡アプリ「TruSat」を発表:ConsenSys

XRP「15倍の価格上昇」を予想|ゴールドマンサックス元幹部、初めて暗号資産に投資

XRP「15倍の価格上昇」を予想|ゴールドマンサックス元幹部、初めて暗号資産に投資

BINANCE:ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)の「トークンセール」開催へ

BINANCE:ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)の「トークンセール」開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月13日〜19日

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

Crypto.com:旅行宿泊予約サイト「Booking.com」と提携|最大25%割引を提供

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す