農産物のサプライチェーン管理に「ブロックチェーン活用」を提案|マクロン大統領

by BITTIMES   

フランスのEmmanuel Macron(エマニュエル・マクロン)大統領は、2019年2月23日にパリで開催された国際農業見本市の中で『農産物のサプライチェーン管理にブロックチェーン技術を活用すべきだ』と提案しました。マクロン大統領の支持率は現在順調に回復を続けています。

こちらから読む:マクロン大統領が活用を支持する「ブロックチェーン技術」とは

ブロックチェーン技術「農業でもフルに活用されるべき」

Emmanuel Macron(エマニュエル・マクロン)大統領は、フランス・パリで開催された「第56回国際農業見本市」の中で、中国ロシアアメリカなどの国に対抗するために、ヨーロッパの国々やアフリカ大陸の国々が農業の分野で団結していくことが重要であるとの考えを語り、農業と食糧への新しい挑戦がこれから特に重要になると強調しました。

マクロン大統領は、農業が「アフリカの成長」のための重要な要素の一つであることを強調しており、アフリカにおける農業分野の成長が、現地の若者に未来を提供し、自らを養っていくための重要な柱となっていくため、持続可能で収益性の高い農業バリューチェーンをアフリカで発展させていくための長期的なアプローチを取っていくことがフランスとヨーロッパの役割だと語りました。

農業の重要性を語る中でマクロン大統領は、「テクノロジーとイノベーションは、様々な製品のトレーサビリティに関する消費者の懸念を解決するのに役立つ」との考えを語っており、製品の追跡にブロックチェーン技術を広く活用していくべきだと提案しました。

農業生産の先駆者であるヨーロッパで、あらゆる製品の原料生産から加工、輸送、包装に至るまでの過程を追跡できるツールを開発することによって、農業の分野における最前線を切り拓いていきましょう。

イノベーションは目の前に広がっており、優れた技術がすでに共有されています。消費者のために役立てることができるこれらの技術は農業の世界でもフルに活用されるべきです。

マクロン大統領の支持率「32%」に回復

フランスでは、反政府抗議デモである「黄色いベスト運動」が過熱していましたが、現在は徐々に落ち着きを取り戻してきており、マクロン大統領の支持率も上昇してきています。

調査会社「Odoxa(オドクサ)」が、2019年2月20日〜21日にかけてインターネット上で1,000人を対象に行った世論調査では『マクロン大統領が良い大統領である』との回答が32%にまで上昇しており、「黄色いベスト運動」が始まった当時と同水準にまで回復しています。

また『抗議活動を終了すべきだ』との回答も55%にまで上昇しており「反政府抗議デモ」が開始されて以降、初めて過半数を上回っています。

ブロックチェーン技術の活用を強く支持しているマクロン大統領が今後、どのようにこれらの技術を取り入れていくのかにも注目が集まります。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

米国版Huobi:リップル(Ripple/XRP)上場予定日を発表「3種類」の通貨ペア追加へ

米国版Huobi:リップル(Ripple/XRP)上場予定日を発表「3種類」の通貨ペア追加へ

イーサリアムは次のApple(アップル)になるかもしれない|Steve Wozniak

イーサリアムは次のApple(アップル)になるかもしれない|Steve Wozniak

繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

ドージコイン共同創設者「DOGE-ETHブリッジ」の構築を計画|NFTが購入可能に?

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

XANALIA:NFT技術導入で「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

ビットバンク:取引所チャートに「指値/逆指値注文の表示機能」追加|キャンセルも簡単に

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

Chiliz:イギリスのeスポーツ団体「Endpoint CeX」と提携|$ENDCEXファントークン発行へ

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す