仮想通貨決済「米自動車ディーラー」で導入が進む|オクラホマ州18店舗でも利用可能に

by BITTIMES   

アメリカ・オクラホマ州の大手自動車ディーラーである「Bob Moore Auto Group」は、仮想通貨決済サービスを提供している「Aliant Payment」と提携を結び、ビットコイン(Bitcoin/BTC)、イーサリアム(Ethereum/ETH)、ライトコイン(Litecoin/LTC)などの暗号資産を支払い手段として受け入れることを発表しました。

こちらから読む:スイスのネット通販大手が10銘柄に対応「仮想通貨決済」関連ニュース

Bob Moore Auto Groupは、アメリカ・オクラホマ州周辺に合計18の販売店を構えている同州最大の自動車ディーラーです。同社は、新車・中古車の両方を幅広く取り扱っており、公式サイトには、
・Audi(アウディ)
・Buick(ビュイック)
・Cadillac(キャデラック)
・Chrysler(クライスラー)
・Dodge(ダッジ)
・Ford(フォード)
・GMC(ジーエムシー)
・Infiniti(インフィニティ)
・Jaguar(ジャガー)
・Jeep(ジープ)
・KIA(キア)
・Land Rover(ランドローバー)
・Maserati(マセラティ)
・Mazda(マツダ)
・Nissan(ニッサン)
・Porsche(ポルシェ)
・Ram(ラム)
・Subaru(スバル)
などのブランドを取り扱っていると記されています。

仮想通貨決済を導入するための技術は、アメリカ・フロリダ州のクレジットカード処理プロバイダーである「Aliant Payment Systems」が提供しており、利用できる仮想通貨は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
となっています。また「仮想通貨は自動車の購入だけでなく車のパーツを購入する際にも使用できる」とも説明されています。

「Bob Moore Auto Group:Subaru」のゼネラルマネージャーであるCharles E. Davis(チャールズ・E・デイビス)氏は、今回の発表の中で次のように語っています。

オクラホマ州最大のディーラーグループとして、我が社が州内で最初に仮想通貨決済を導入した大手グループの1社に慣れたことを大変嬉しく思います。

Subaruは革新的なブランドであるため、グループ内でデジタル通貨を導入する最初のブランドになるだけの価値があります。私たちは絶え間なく進化するこの業界と、ボラティリティを排除する「Aliant Payment Systems」の技術力によって、素晴らしい結果が得られると期待しています。

米国では、ここ数年で非常に多くの自動車販売業者が仮想通貨決済を導入しており、実際に仮想通貨で自動車を購入したというケースも複数報告されています。

仮想通貨決済は高額な支払いを行う店舗で広く採用されているため、今後もより多くの自動車販売店で導入されていくことが期待されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

Cardano創設者:90年代のRPGゲーム「Legend of Valour」を買収

Cardano創設者:90年代のRPGゲーム「Legend of Valour」を買収

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok/BOB」日本先行発売を開始:PundiX(NPXS)

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok/BOB」日本先行発売を開始:PundiX(NPXS)

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

暗号資産で電子マネー「楽天キャッシュ」をチャージ|楽天ウォレットが新サービス

暗号資産で電子マネー「楽天キャッシュ」をチャージ|楽天ウォレットが新サービス

ビットコインにかかる税金の簡単な計算方法【国税庁のアナウンスより】

ビットコインにかかる税金の簡単な計算方法【国税庁のアナウンスより】

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

分散型自律組織の自主規制団体「日本DAO協会」設立へ

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

米国の国家予算を「ブロックチェーン」で公開する方針:米大統領候補ケネディJr氏

米国の国家予算を「ブロックチェーン」で公開する方針:米大統領候補ケネディJr氏

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

仮想通貨ニュース週間まとめ「JMY・XYM・ADA・SHIB」などの注目記事をまとめて

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

金持ち父さん著者:キャシー・ウッド氏の「1BTC=230万ドル予想」を支持

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す