イーサリアムのアドレスが丸見えに?MetaMask利用者は「プライバシーモード」の設定を

by BITTIMES

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)のウォレットであり分散型アプリケーション(DApps)を利用する際にも使用されているブラウザ拡張機能「MetaMask(メタマスク)」に、プライバシーに関する問題があることが明らかになりました。簡単な設定を完了するだけでこれらの問題は解決することができるため、早めに設定しておくようにしましょう。

こちらから読む:仮想通貨を持つなら知っておきたい「資産管理」関連ニュース

ネットワーク参加者が「ETHアドレス確認可能」な状態に

MetaMask(メタマスク)は、仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)を保管・管理するための一般的な方法として使用されているブラウザ拡張機能です。この拡張機能はETHウォレットとして機能するものであり、分散型アプリケーション(DApps)を利用する際に気軽にETHを送金することができるため非常に多くのユーザーに利用されてきました。

しかし、最近の報告で「MetaMask」をインストールして初期設定の状態で使用している場合には、ユーザーがアクセスした全てのウェブサイトにMetaMaskのETHアドレスがブロードキャスト(*1)される仕様になっていることが明らかになりました。
(*1)ブロードキャスト:同じネットワークに接続されている全ての端末に対して、相手を特定せずにデータを送ること

MetaMaskは昨年の時点でこの問題に対処するために「プライバシーモード」という機能を追加しています。このモードが"オン"になっていればデータが公開される心配はないものの、初期設定ではプライバシーモードが"オフ"になっています。

プライバシーモードが「オフ」になっている場合には、ユーザーがサイトを閲覧している間に「広告」や「トラッカー」がETHアドレスを見つけ出すことができます。

コンソール画面に表示されたETHアドレス(画像:thenextweb.com)コンソール画面に表示されたETHアドレス(画像:thenextweb.com

このことを報告した仮想通貨コミュニティのメンバーは次のように警告しています。

Amazon、Google、PayPalなどのサイトは、あなたのブロックチェーン取引をクレジットカード決済に関連づけることができるため、あなたの身元や最後に取引した人の身元がわかるようになり、システム内のすべての人のプライバシーが犠牲になります。

プライバシーモードが「オフ」になっている理由

MetaMaskは実際にこのような問題があることを認識しており、MetaMuskの主任開発者であるDan Finlay(ダン・フィンレイ)氏は"初期設定でプライバシーモードを有効にしていない理由"として「プライバシーモードをオンにした場合には古いDAppsに不具合が生じる可能性があるため」だと説明しています。

MetaMask側がこの問題の修正を行うのは簡単なことのように思えますが、MetaMaskはこれらの問題に対して"より安全に"対処するための方法を考えていると説明されています。フィンレイ氏は「同社の対応が遅いことに対する批判は正当な意見である」と語っており、このような問題を真剣に受け止めていると述べています。

しかし、現時点では「このプログラムの修正がいつ行われるか」に関する発表は行われておらず、『MetaMuskをインストールしている方は「プライバシーモード」が"オン"になっているかどうかを確認したほうが良い』とも報じられているため、ユーザーの方は再確認を行なっておくようにしましょう。

「プライバシーモード」の確認・設定方法

「プライバシーモード」の確認・設定方法は次の通りです。

①ブラウザの右上隅にある「MetaMaskのマーク」をクリック
②ポップアップウィンドウの右上隅にある「小さなアイコン」をクリック
③「設定」をクリック
④「プライバシーモード」が表示されるまで下にスクロール
⑤「有効」になっていることを確認(スライダーを右にすれば有効)

MetaMaskの「プライバシーモード」がMetaMaskの「プライバシーモード」が"有効"になっている状態

自分自身で「プライバシーモード」を"オン"に設定する作業自体は非常に簡単なため、早めに終わらせておくと良いでしょう。

仮想通貨をより安全に保管するためのハードウェアウォレットLedger NanoXの購入は以下の公式代理店からどうぞ。

Ledger NanoXの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【速報】BITPoint:仮想通貨「約35億円相当」が流出|ホットウォレットの資産が被害に

【速報】BITPoint:仮想通貨「約35億円相当」が流出|ホットウォレットの資産が被害に

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

JVCEA:国内仮想通貨取引所の「統計情報(最新版)」を公開|口座数は300万を突破

ジョン・マカフィーが仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」を発表

ジョン・マカフィーが仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」を発表

カリフォルニア大学ロサンゼルス校「ブロックチェーンエンジニア育成コース」を設立

カリフォルニア大学ロサンゼルス校「ブロックチェーンエンジニア育成コース」を設立

メタップスが決済手数料0.95%に挑戦!ウォレットアプリ「pring」

メタップスが決済手数料0.95%に挑戦!ウォレットアプリ「pring」

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

「運転中の自動決済」をブロックチェーンで効率化|HONDAなど大手5社が実証実験

「運転中の自動決済」をブロックチェーンで効率化|HONDAなど大手5社が実証実験

テックビューロ×岐阜大学:ブロックチェーンで「歯髄細胞の流通管理」共同研究を開始

テックビューロ×岐阜大学:ブロックチェーンで「歯髄細胞の流通管理」共同研究を開始

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

Ripple社:政府との関係強化に向け「米ワシントン」に新オフィス開設

Ripple社:政府との関係強化に向け「米ワシントン」に新オフィス開設

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

ブロックチェーン・仮想通貨業界向けの「ライター育成コース」を発表:PoL

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

アルトコイン要求する「性的脅迫メール」が増加傾向=Cofense報告

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

多通貨決済対応の「ブロックチェーン国際送金システム」を開発:シンガポール中央銀行

【国内初】コインチェック「Stellar Lumens/XLM」取り扱いへ

【国内初】コインチェック「Stellar Lumens/XLM」取り扱いへ

Telegram「Gramトークンは違法だ」と主張する米SECに猛反論

Telegram「Gramトークンは違法だ」と主張する米SECに猛反論

BITMAX:1,000円相当の仮想通貨XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催

BITMAX:1,000円相当の仮想通貨XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す