EMURGO:CARDANOブロックチェーンエクスプローラー「SEIZA(セイザ)」リリースへ

by BITTIMES   

カルダノプロジェクトの商業化部門を担っている「EMURGO(エマーゴ)」は、同社が開発したCardanoブロックチェーンエクスプローラー「SEIZA(セイザ)」を近日中にリリースすることを発表しました。ユーザーはこの検索ツールを使用することによって、今後より重要になると予想される「ブロックチェーンデータへのアクセス」を瞬時に行うことができるようになります。

こちらから読む:あの焼肉店がADAPayに対応?「Cardano/ADA」関連ニュース

SEIZA(セイザ)とは?

Seiza

EMURGO(エマーゴ)が開発したブロックチェーンエクスプローラー「SEIZA(セイザ)」は、Cardanoブロックチェーン上に記録されている取引履歴を素早く確認することができる検索ツールです。

SEIZA(セイザ)という名前は日本語の「星座」に由来しており、EMURGOが開発したカルダノエイダコイン(ADA)を保管するためのウォレットである「YOROI(ヨロイ)」のように「EMURGOに受け継がれる日本らしさを反映すると共に、ブロックチェーンにおける総合的な指針となることを目指す」という意味が込められていると説明されています。

Cardanoのブロックチェーン上には現在240万以上の有効化されたブロックが存在していますが、セイザを使用すれば、
・ブロック
・過去の取引
・中断された取引
・ウォレットアドレスの取引履歴
などといった、特定のブロックチェーンに関するデータの検索を素早く行うことができるとされています。

カルダノエイダコインの発案者として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は「セイザ」について次のように語っています。

EMURGOがこのようにコミュニティーにとって有用で革新的なプロダクトを開発したことに興奮しています。透明性を担保することはCardanoブロックチェーンの核たる機能であり、『セイザ』はこの機能を素晴らしい方法でユーザーに届けるでしょう。

「Shellyの時代」における重要なツール

今後カルダノは開発の第二段階である「Byron(バイロン)」の時代から、真の地方分権化を目指す「Shelly(シェリー)」の時代へと移行していきますが、「セイザ」はこの"Shellyの時代"において広く活用される重要なツールになると言えます。

Cardanoは、通信ネットワークへの負担が少ないという利点を備えているプルーフオブステーク(PoS)というコンセンサスメカニズムを採用しているため、これから開発が進むにつれてADA保有者はステークプールに参加してステーキング報酬を獲得できるようになります。

プルーフオブステークを採用したブロックチェーンプロトコルは、より多くのステーキングを行なっているユーザーがブロック作成者として選ばれる仕組みとなっており、その分報酬を得る機会も拡大するようになっています。そのためネットワークの安全性を保ち、トランザクションの認証を行うにあたって、ステーキングは重要な役割を果たします。

ステークプールは「常にオンラインの状態であることを保証できる複数のユーザー」によって運営され、ユーザーは自身のステークをプールに委任することができます。ADA保有者はこれらのステークプールにアクセスする際に「セイザ」を使用することによって、データに瞬時にアクセスすることが可能になります。

EMURGOの公式発表によると、このCardanoブロックチェーンエクスプローラー「SEIZA(セイザ)」は、5月末に正式にリリースされる予定だと説明されています。真に分散化されたブロックチェーンに向けた重要な節目を迎えているCardano(ADA)のプロジェクトには今後も注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月2日〜8日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月2日〜8日

My Crypto Heroes:仮想通貨取引所「Decurret」とのコラボキャンペーンを開催

My Crypto Heroes:仮想通貨取引所「Decurret」とのコラボキャンペーンを開催

【熊本県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

【熊本県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

仮想通貨「即時交換モジュールAPI」を企業・開発者向けに提供へ:インフィニト

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

金融庁の仮想通貨に対する取り組みに「最高評価」ー 英調査機関

金融庁の仮想通貨に対する取り組みに「最高評価」ー 英調査機関

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

BINANCE:コスモス(Cosmos/ATOM)の「先物取引」提供へ

ASローマ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」と提携

ASローマ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」と提携

ビットコインは「糞コイン」ジョン・マカフィーが猛烈批判|価格は100万円台で安定

ビットコインは「糞コイン」ジョン・マカフィーが猛烈批判|価格は100万円台で安定

BINANCE:ベーシック・アテンション・トークン(BAT)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ベーシック・アテンション・トークン(BAT)の「先物取引」提供へ

Cardano開発企業:ワイオミング大学に「50万ドル相当のADA」を寄付

Cardano開発企業:ワイオミング大学に「50万ドル相当のADA」を寄付

ロート製薬:ブロックチェーン実用化に向け「ユニメディア」と共同研究開始

ロート製薬:ブロックチェーン実用化に向け「ユニメディア」と共同研究開始

フィスコ仮想通貨取引所:ハードフォークで生じたBSV「日本円」で付与へ

フィスコ仮想通貨取引所:ハードフォークで生じたBSV「日本円」で付与へ

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

Liquid by QUOINE「ビットコインSV相当の日本円」対象ユーザーに付与へ

Liquid by QUOINE「ビットコインSV相当の日本円」対象ユーザーに付与へ

NASDAQ「ビットコイン先物取引」を検討=Bloomberg報道

NASDAQ「ビットコイン先物取引」を検討=Bloomberg報道

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月2日〜8日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月2日〜8日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す