EMURGO:CARDANOブロックチェーンエクスプローラー「SEIZA(セイザ)」リリースへ

by BITTIMES   

カルダノプロジェクトの商業化部門を担っている「EMURGO(エマーゴ)」は、同社が開発したCardanoブロックチェーンエクスプローラー「SEIZA(セイザ)」を近日中にリリースすることを発表しました。ユーザーはこの検索ツールを使用することによって、今後より重要になると予想される「ブロックチェーンデータへのアクセス」を瞬時に行うことができるようになります。

こちらから読む:あの焼肉店がADAPayに対応?「Cardano/ADA」関連ニュース

SEIZA(セイザ)とは?

Seiza

EMURGO(エマーゴ)が開発したブロックチェーンエクスプローラー「SEIZA(セイザ)」は、Cardanoブロックチェーン上に記録されている取引履歴を素早く確認することができる検索ツールです。

SEIZA(セイザ)という名前は日本語の「星座」に由来しており、EMURGOが開発したカルダノエイダコイン(ADA)を保管するためのウォレットである「YOROI(ヨロイ)」のように「EMURGOに受け継がれる日本らしさを反映すると共に、ブロックチェーンにおける総合的な指針となることを目指す」という意味が込められていると説明されています。

Cardanoのブロックチェーン上には現在240万以上の有効化されたブロックが存在していますが、セイザを使用すれば、
・ブロック
・過去の取引
・中断された取引
・ウォレットアドレスの取引履歴
などといった、特定のブロックチェーンに関するデータの検索を素早く行うことができるとされています。

カルダノエイダコインの発案者として知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は「セイザ」について次のように語っています。

EMURGOがこのようにコミュニティーにとって有用で革新的なプロダクトを開発したことに興奮しています。透明性を担保することはCardanoブロックチェーンの核たる機能であり、『セイザ』はこの機能を素晴らしい方法でユーザーに届けるでしょう。

「Shellyの時代」における重要なツール

今後カルダノは開発の第二段階である「Byron(バイロン)」の時代から、真の地方分権化を目指す「Shelly(シェリー)」の時代へと移行していきますが、「セイザ」はこの"Shellyの時代"において広く活用される重要なツールになると言えます。

Cardanoは、通信ネットワークへの負担が少ないという利点を備えているプルーフオブステーク(PoS)というコンセンサスメカニズムを採用しているため、これから開発が進むにつれてADA保有者はステークプールに参加してステーキング報酬を獲得できるようになります。

プルーフオブステークを採用したブロックチェーンプロトコルは、より多くのステーキングを行なっているユーザーがブロック作成者として選ばれる仕組みとなっており、その分報酬を得る機会も拡大するようになっています。そのためネットワークの安全性を保ち、トランザクションの認証を行うにあたって、ステーキングは重要な役割を果たします。

ステークプールは「常にオンラインの状態であることを保証できる複数のユーザー」によって運営され、ユーザーは自身のステークをプールに委任することができます。ADA保有者はこれらのステークプールにアクセスする際に「セイザ」を使用することによって、データに瞬時にアクセスすることが可能になります。

EMURGOの公式発表によると、このCardanoブロックチェーンエクスプローラー「SEIZA(セイザ)」は、5月末に正式にリリースされる予定だと説明されています。真に分散化されたブロックチェーンに向けた重要な節目を迎えているCardano(ADA)のプロジェクトには今後も注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン活用して「個人情報を価値に交換」CyberAgentが実証実験を開始

ブロックチェーン活用して「個人情報を価値に交換」CyberAgentが実証実験を開始

金融庁:法令改正へ「仮想通貨による出資」にも規制適用

金融庁:法令改正へ「仮想通貨による出資」にも規制適用

CARDANO(ADA):ハードウェアウォレット「Trezor Model T」で保管可能に

CARDANO(ADA):ハードウェアウォレット「Trezor Model T」で保管可能に

Huobi(フォビ)が日本居住者向けサービスを停止|7月2日までにすべきこと

Huobi(フォビ)が日本居住者向けサービスを停止|7月2日までにすべきこと

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

東京五輪開催に向け仮想通貨交換業者などの「サイバー対策」を総点検:金融庁

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

CARDANO財団の新会長「IOHKの顧問弁護士」に決定|審議会もさらに強化

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

SAMSUNG:DAppsストアの開発キットで「Tron/TRX」をサポート

SAMSUNG:DAppsストアの開発キットで「Tron/TRX」をサポート

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

Bakkt:仮想通貨決済アプリ2020年公開へ「スタバでBTC決済」が現実的に

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

デジタル人民元、発行は近い?中国で「暗号法」可決

デジタル人民元、発行は近い?中国で「暗号法」可決

2020年、現金取引制限で仮想通貨「需要増加」の可能性:マレーシア

2020年、現金取引制限で仮想通貨「需要増加」の可能性:マレーシア

Abra:投資可能な仮想通貨「200種類以上」追加へ|ステーブルコインもサポート

Abra:投資可能な仮想通貨「200種類以上」追加へ|ステーブルコインもサポート

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

DeCurret:ビットコインや現金が貰える「2大キャンペーン」を開催【2019年11月1日〜】

DeCurret:ビットコインや現金が貰える「2大キャンペーン」を開催【2019年11月1日〜】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す