アダム・ドレイパー:仮想通貨は「今後10年で法定通貨を超える」父親譲りの強気予測

by BITTIMES

仮想通貨やブロックチェーンをはじめとする最先端テクノロジーへの投資を行なっている「Boost VC」の共同創設者でありながら、ビットコイン強気派の億万長者Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏の息子でもあるAdam Draper(アダム・ドレイパー)氏は、最近公開された「Podcast」のトークの中で、10年後には法定通貨よりも仮想通貨の方が多くなり、25年間後にはビットコインが世界通貨になっている可能性があると語りました。

こちらから読む:英国最大の旅行会社がBTC決済導入「ビットコイン」関連ニュース

Adam Draper(アダム・ドレイパー)とは?

Adam Draper(アダム・ドレイパー)氏は、
仮想通貨(暗号資産)
ブロックチェーン
人工知能(AI)
・バーチャルリアリティ(VR)
・拡張現実(AR)
・オーシャンテック
・スペーステック
・ヒューマンオーグメンテーション(人間増強)
といった、様々な最先端技術への投資を行なっているベンチャーキャピタル「Boost VC」の共同創設者兼マネージングディレクターです。

ビットコイン強気派の億万長者として知られる著名投資家Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏の息子である同氏は、父親と同様に「BTC誕生初期からのビットコイン支持者」でもあります。

仮想通貨業界でも有名な人物であるアダム・ドレイパー氏は「Morgan Creek Digital Assets」の設立者であるAnthony Pompliano(アンソニー・ポンプリアーノ)氏との会話の中で「今後10年〜25年間に渡ってビットコインや世の中がどのように変化していくか」について語りました。

ビットコインが「グローバル通貨」になる日

アダム・ドレイパー氏は「仮想通貨業界では不可能だと思われていたことが可能になる可能性がある」との考えからそれらを支持していると説明し、ビットコインはインターネットのように機能するため、今後10年間で法定通貨よりも多くのデジタル通貨が誕生し、25年後にはビットコインがグローバル通貨になっている可能性もあると語っています。

ドレイパー氏は、ビットコインをより使いやすいものにするための様々なプロトコルが存在していることも説明しており、Lightning Network(ライトニングネットワーク)がビットコインの取引においてどれほど役に立つものであるのかを強調しています。

私はライトニングネットワークがビットコインと同じように機能すると考えています。賢い人々が本当に賢いものを生み出しているのです。それがユーザーのために応用できることはBINANCEを使えばすぐにわかります。

ビットコインはすでに多くの国の企業や店舗などで採用されており、人々は実際にそれらを通貨として使用し始めています。また、通貨として使用されていなかったとしても「価値の保存手段」として使用されています。従来の決済手段で支払いを行う場合には、高い手数料が必要となりますが、ビットコインなどの仮想通貨は非常に安い手数料で支払いを行うことができるため、国際的な取引などでは特に活用されています。

Lightning Networkはこのような仮想通貨取引における問題点を解決し、より魅力的な通貨にすることができるソリューションとして注目を集めており、ネットワークが現在も拡大を続けています。このネットワークを通じて送金を行えば、取引にかかる時間はわずか数秒で、手数料もほぼ無料に抑えることができます。この技術の実用化が進んでいることを考えると、ビットコインの問題点として挙げられていたスケーラビリティの問題は将来的に解決されることになると考えられます。

ブロックチェーン・仮想通貨は「日常の一部」に

Adam Draper氏の意見は、その父親であるTim Draper氏の意見とほぼ一致しています。ティム・ドレイパー氏も以前から『ビットコインは将来的に法定通貨を超える存在になる』と語っており、同氏に至っては今後5〜7年後にはビットコインが法定通貨を凌ぐと語っています。

ドレイパー親子は昨年9月にForbes(フォーブス)とのインタビューの中で、『仮想通貨やブロックチェーンは2022年には全ての技術に統合されることになるため、その頃には「仮想通貨」や「ブロックチェーン」という言葉は誰も口にしないようになっているだろう』との考えを語っています。

彼らは今後3年間をかけて世の中にこれらの技術が統合されていくと考えており、ティム・ドレイパー氏は2022年にはビットコイン価格が25万ドル(約2,800万円)になっていると予想しています。

2019年4月20日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は「近い将来大幅に下落する可能性がある」ということが複数の専門家によって警告されていましたが、今月12日に55万近くまで以降は徐々に上昇を続けており、2019年4月20日時点では「1BTC=598,400円」で取引されています。

2019年3月21日〜2019年4月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月21日〜2019年4月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リクルート:ビットコインウォレット「Breez」に出資|Lightning Network利用拡大を支援

リクルート:ビットコインウォレット「Breez」に出資|Lightning Network利用拡大を支援

ビットコイン最大の謎、ナカモトサトシの正体がついに判明した

ビットコイン最大の謎、ナカモトサトシの正体がついに判明した

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

新生ビットコイン取引所「bitbank.cc」がビットバンクより誕生

新生ビットコイン取引所「bitbank.cc」がビットバンクより誕生

Bithumbが仮想通貨取引を一部禁止|厳し過ぎる規制の理由は?

Bithumbが仮想通貨取引を一部禁止|厳し過ぎる規制の理由は?

ビットコインでランボルギーニが購入可能に!

ビットコインでランボルギーニが購入可能に!

注目度の高い仮想通貨ニュース

金融庁・財務省主導の「仮想通貨版SWIFT」FATFの承認獲得|数年以内の稼働目指す

金融庁・財務省主導の「仮想通貨版SWIFT」FATFの承認獲得|数年以内の稼働目指す

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

Accenture:ブロックチェーンと「生体認証」で観光客を識別|カナダ・オランダ政府と協力

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

IOTA(MIOTA)公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」公開【日本語対応】

IOTA(MIOTA)公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」公開【日本語対応】

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

ビットコイン、わずか半日で「20%」上昇|価格調整は終了したのか?

ビットコイン、わずか半日で「20%」上昇|価格調整は終了したのか?

ブロックチェーンで「学校給食」の安全性を保証|生産情報などが確認可能に:韓国

ブロックチェーンで「学校給食」の安全性を保証|生産情報などが確認可能に:韓国

Libra(リブラ)への規制強化で「ビットコイン需要」さらに増加へ:eToro CEO

Libra(リブラ)への規制強化で「ビットコイン需要」さらに増加へ:eToro CEO

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

IOTA:ブロックチェーン活用した「食物アレルギー追跡アプリ」開発へ|Primorityと提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す