機関投資家向けビットコイン取引「今後数週間」で開始か:米金融大手Fidelity

by BITTIMES

米国の金融大手Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)が昨年立ち上げた暗号資産(仮想通貨)関連のサービス会社「Fidelity Digital Assets(フィデリティ・デジタル・アセット)」が機関投資家向けのビットコイン(Bitcoin/BTC)取引サービスを今後数週間で開始する可能性があることが「Bloomberg」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:7,000BTC保有するクジラの価格予想「ビットコイン」関連ニュース

ビットコインの「OTC取引」今後数週間以内に

Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメンツ)が昨年立ち上げた「Fidelity Digital Assets(フィデリティ・デジタル・アセット)」は、機関投資家を対象に仮想通貨取引(トレーディングデスク)や、仮想通貨管理(カストディ)のサービスを提供するための取り組みを進めてきました。

その大元である「Fidelity Investments」は、800兆円を超える顧客資産を管理している超大手企業であるため、仮想通貨関連サービスの開始は"仮想通貨市場にも大きな影響を与える可能性が高い"として以前から多くの専門家によって「好材料」として語られてきました。

「Fidelity Digital Assets」は、2018年10月に設立されており、今月3月には一部顧客に対してカストディサービスを開始していましたが、「Bloomberg」が6日に"関係者の話"として報じた内容によると、同社は現在仮想通貨のOTC(店頭)取引を今後数週間以内に開始する予定だと伝えられています。

フィデリティの広報担当Arlene Roberts(アーリーン・ロバーツ)氏は、ブルームバーグに対してメールで次のように述べたとされています。

私たちは現在、プラットフォームで選ばれた顧客をサポートしています。当社は顧客のニーズや管轄権およびその他の要因に基づいて、今後数週間〜数ヶ月間に渡ってサービスを展開し続けるでしょう。

現在私たちはビットコインのサービス提供に焦点を当てています。

Fidelityが5月2日に発表した調査結果によると、機関投資家の47%が「デジタル資産は投資する価値がある」と考えていることが明らかにされています。また、ドバイに拠点を置く金融コンサルタント会社「deVere Group」が最近実施した調査結果でも富裕層の半分以上の人々が今後3年以内に仮想通貨に投資しようと考えていることが判明しています。

昨年は価格下落が続いていたことなどによって、仮想通貨への関心が薄れていると言われていましたが、今後は再び仮想通貨への注目が集まることになると予想されます。

2019年5月7日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月3日に65万円近くまで上昇して以降は横ばいの状態が続いており、2019年5月7日時点では「1BTC=643,967円」で取引されています。

2019年4月30日〜2019年5月7日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年4月30日〜2019年5月7日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年6月20日〜26日

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

ベネズエラ最大のデパートが「仮想通貨ATM」を導入|決済に続きBTC購入も可能に

日本初ビットコインでガス料金支払いが可能に「年内スタートか?」

日本初ビットコインでガス料金支払いが可能に「年内スタートか?」

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

ビットコインがポンジ・スキームであろうとなかろうと、誰もが参加すべきである

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Chiliz&Socios:トルコサッカー業界の技術革新に向け「Turkish Union of Clubs」と協力

Chiliz&Socios:トルコサッカー業界の技術革新に向け「Turkish Union of Clubs」と協力

LINE BITMAX:毎日抽選で「5,000円相当のLINE Pay残高」が当たるキャンペーン開始

LINE BITMAX:毎日抽選で「5,000円相当のLINE Pay残高」が当たるキャンペーン開始

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

パラグアイの議員:話題の仮想通貨法案は「BTCを法定通貨化するものではない」と説明

DMMビットコイン「新規口座開設完了で2,000円もらえるキャンペーン」開始

DMMビットコイン「新規口座開設完了で2,000円もらえるキャンペーン」開始

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す