繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

by BITTIMES

繊維メーカー大手である「Lenzing(レンチング)」は、繊維製品のサプライチェーンを適切に管理し、透明性を高めるためにブロックチェーン技術を導入すると発表しました。Lenzingは香港のテック企業である「TextileGenesis」との提携を通じて、同社のブランドである「TENCEL(テンセル)」の製造にブロックチェーンを活用し、木材から完成品までの透明性を確保します。

こちらから読む:繊維製品の製造工程に透明性をもたらす「ブロックチェーン」の仕組み

Lenzing(レンチング)とは

Lenzing-logo

Lenzing(レンチング)とは、オーストリアのレンチングという町に本社を構え「ビスコース繊維・モーダル繊維・リヨセル繊維、フィラメント糸」などの木製繊維を生産している大手企業です。

これらの繊維製品は、衣料品・家庭用繊維製品・工業用繊維製品・不織布産業などで使用されています。

・TENCEL™
・VEOCEL™
・LENZING™
などのブランドを展開している同社の推定年間売上高は27億ドル(約2,970億円)とも言われています。

木製繊維の起源をブロックチェーンで追跡

特殊繊維の世界的リーダーでもある「Lenzing」は2019年5月17日に、香港を拠点とするテクノロジー企業「TextileGenesis」と提携を結び、ブロックチェーン技術を「TENCEL™」の繊維事業に活用していくことを発表しました。

同社は、木材から完成品に至るまでのサプライチェーン情報をブロックチェーン上で確認することができるトレーサビリティプラットフォームの開発に取り組んでおり、今後数カ月間で幾つかのテストを行うことを予定しています。このプラットフォームは、2020年には完全に機能するだろうと説明されています。

このプラットフォームが正式に稼働すると、すべての顧客及びパートナーは各生産・流通段階で「TENCEL™」の繊維やそれぞれの木材供給源を識別することができるようになります。また、最終的には消費者の人々も「QRコード」をスキャンすることによって、自分が購入しようとしている服の起源を辿ることができるようになるだろうとも発表されています。

ブロックチェーン技術は、様々な分野のサプライチェーン管理に活用され続けており、その勢いはさらに加速しています。今後数年後には店舗で販売されている多くの商品で生産情報を確認できるようになっているのかもしれません。

>>「Lenzing」の公式発表はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

米映画館チェーンAMC:オンラインで「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど4銘柄

米映画館チェーンAMC:オンラインで「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど4銘柄

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

Tron財団:スーパー代表の貢献を讃え「5,000万TRX」付与へ

Tron財団:スーパー代表の貢献を讃え「5,000万TRX」付与へ

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

Grayscale親会社「約270億円分のビットコイン投資信託(GBTC)購入」を計画

注目度の高い仮想通貨ニュース

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

ビットコイン「半減期まで残り1ヶ月」過去データを比較するレポートも公開

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

日本の年金基金:運用資産の多様化に向け「ビットコイン・暗号資産」などの情報提供依頼

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す