繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

by BITTIMES

繊維メーカー大手である「Lenzing(レンチング)」は、繊維製品のサプライチェーンを適切に管理し、透明性を高めるためにブロックチェーン技術を導入すると発表しました。Lenzingは香港のテック企業である「TextileGenesis」との提携を通じて、同社のブランドである「TENCEL(テンセル)」の製造にブロックチェーンを活用し、木材から完成品までの透明性を確保します。

こちらから読む:繊維製品の製造工程に透明性をもたらす「ブロックチェーン」の仕組み

Lenzing(レンチング)とは

Lenzing-logo

Lenzing(レンチング)とは、オーストリアのレンチングという町に本社を構え「ビスコース繊維・モーダル繊維・リヨセル繊維、フィラメント糸」などの木製繊維を生産している大手企業です。

これらの繊維製品は、衣料品・家庭用繊維製品・工業用繊維製品・不織布産業などで使用されています。

・TENCEL™
・VEOCEL™
・LENZING™
などのブランドを展開している同社の推定年間売上高は27億ドル(約2,970億円)とも言われています。

木製繊維の起源をブロックチェーンで追跡

特殊繊維の世界的リーダーでもある「Lenzing」は2019年5月17日に、香港を拠点とするテクノロジー企業「TextileGenesis」と提携を結び、ブロックチェーン技術を「TENCEL™」の繊維事業に活用していくことを発表しました。

同社は、木材から完成品に至るまでのサプライチェーン情報をブロックチェーン上で確認することができるトレーサビリティプラットフォームの開発に取り組んでおり、今後数カ月間で幾つかのテストを行うことを予定しています。このプラットフォームは、2020年には完全に機能するだろうと説明されています。

このプラットフォームが正式に稼働すると、すべての顧客及びパートナーは各生産・流通段階で「TENCEL™」の繊維やそれぞれの木材供給源を識別することができるようになります。また、最終的には消費者の人々も「QRコード」をスキャンすることによって、自分が購入しようとしている服の起源を辿ることができるようになるだろうとも発表されています。

ブロックチェーン技術は、様々な分野のサプライチェーン管理に活用され続けており、その勢いはさらに加速しています。今後数年後には店舗で販売されている多くの商品で生産情報を確認できるようになっているのかもしれません。

>>「Lenzing」の公式発表はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

ジョン・マカフィー「死の脅威」からBWC登壇を断念

アメリカ空軍「戦闘・空域管理」などでのブロックチェーン活用を検討

アメリカ空軍「戦闘・空域管理」などでのブロックチェーン活用を検討

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

ブロックチェーン選挙システム「OMEGA」開発・運用へ【アクト×クーガー】

ブロックチェーン選挙システム「OMEGA」開発・運用へ【アクト×クーガー】

公共料金・地方税:仮想通貨でも「納税可能」にすべき|イギリス下院議員

公共料金・地方税:仮想通貨でも「納税可能」にすべき|イギリス下院議員

注目度の高い仮想通貨ニュース

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

GMOコイン:販売所サービスの「最小注文数量・最小注文単位」引き下げ

GMOコイン:販売所サービスの「最小注文数量・最小注文単位」引き下げ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

Ripple社に対する米SECの訴訟「2021年2月22日」に審理前会議開催へ

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す