ビットコインは「世界で9番目に価値ある通貨」マネタリーベースは韓国・ロシアと同等に

by BITTIMES

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)はおよそ10年ほど前に誕生して以降、急速にユーザー数と価値を高め続けており、今や世界中の誰もが知っている新しいお金となりつつあります。「cryptovoices.com」が公開しているデータによると、ビットコインはすでに「世界で9番目に価値の大きい通貨」にまで成長していると報告されています。

こちらから読む:まだ"大幅下落"の可能性あり?「ビットコイン」関連ニュース

韓国・ロシアと並び、ビットコインが「9位」に浮上

ビットコインを含めた経済に関する様々な情報を提供している「cryptovoices.com」のデータによると、ビットコインは今や世界で「9番目に価値の大きい通貨」にまで成長しています。以下の画像は、金や銀を含めた世界各国のベースマネー(*1)を表したものであり「金は黄色、銀はグレー、ビットコインはオレンジ」で色分けされています。
(*1)ベースマネー(マネタリーベース):銀行などが発行するお金の合計のこと。今回の画像はドルベースでそれぞれの価値を表している。

グローバルベースマネーアップデート:8,940ドルのビットコインは韓国のマネタリーベースよりも大きい(2019年第1四半期のウォン値)

つまり、ビットコインのマネタリーシステムは現在世界で「9番目」に大きいものとなっています。金と銀を含めると「11番目」です。フルアップデートはCV 2019 Q2アップデートに続きます。

最もベースマネーが大きいのは金(ゴールド/Gold)となっており、その価値は7.7兆ドル(約829兆円)に相当するとされています。金と銀を含めて考えるとビットコインは11位に位置付けられることになりますが、それらの貴金属を除いて通貨として考えると、ビットコインのマネタリーベースはロシア韓国と並ぶ0.2兆ドル(約21兆円)で「9位」とされています。

なお、このレポートにサウジアラビアやデンマークのような国が含まれていない理由としては「それらの通貨は他のものと連動する通貨であり、ベースマネーはUSDとEURであるためカウントすべきでない」と説明されています。

仮想通貨が「新たなグローバルコイン」に?

日本中国・ユーロ圏・米国などの国と比較すると、ビットコインはまだまだ規模の小さい資産であることがわかりますが、メキシコオーストラリアブラジルカナダインドネシアなどの国のマネタリーベースよりは大きいことがわかります。

ビットコイン価格は長期的に見ると高まり続けており、一部のアナリスト達はBTC価格は2019年末までに40,000ドル(約430万円)を超えるとも予想しています。もっとも価値の高い金と同レベルにまで成長するにはもう少し時間がかかると予想されますが、過去10年間でビットコインが急速な成長を遂げてきたことを踏まえて考えると、そのほかの通貨と同レベルにまで成長するにはそれほど長い時間はかからないとも予想されます。

しかし最近では、Facebook(フェイスブック)の独自通貨「Libra(リブラ)」の情報が明らかになったことによって「これまでの法定通貨とは異なる全く新しいグローバルコインが普及していく可能性がある」とも言われているため、今後はそのような複数の仮想通貨がどのように成長していくかにも注目です。

実際に大手企業などが発行する仮想通貨が世の中で広く使用されるようになるのであれば、現在のランキングの内容は大きく変わり、ビットコイン・イーサリアム・リップル・リブラ・金・銀などが主流と資産として表記されるようになるのかもしれません。

2019年6月20日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月16日頃から100万円前後での推移を続けており、2019年6月20日時点では「1BTC=1,000,686円」で取引されています。

2019年6月6日〜2019年6月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月6日〜2019年6月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

マクドナルド・ネスレなど3社、ブロックチェーンで「デジタル広告」効率化へ

マクドナルド・ネスレなど3社、ブロックチェーンで「デジタル広告」効率化へ

ブロックチェーン認証された「公式グッズオークション」開催:サクラメント・キングス

ブロックチェーン認証された「公式グッズオークション」開催:サクラメント・キングス

マクロミルポイント「仮想通貨3銘柄」への交換が可能に|コインチェックが新サービス

マクロミルポイント「仮想通貨3銘柄」への交換が可能に|コインチェックが新サービス

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

注目度の高い仮想通貨ニュース

スタンダードキャピタル社:セキュリティトークン発行に向け「COINCOME運営会社」と提携

スタンダードキャピタル社:セキュリティトークン発行に向け「COINCOME運営会社」と提携

日本STO協会「公式ウェブサイト」を公開

日本STO協会「公式ウェブサイト」を公開

コーヒー豆追跡用のブロックチェーンアプリ「Thank My Farmer」公開へ:IBM×Farmer Connect

コーヒー豆追跡用のブロックチェーンアプリ「Thank My Farmer」公開へ:IBM×Farmer Connect

ベネズエラのBurger Kingで「DASH決済」が可能に|対応仮想通貨も拡大予定

ベネズエラのBurger Kingで「DASH決済」が可能に|対応仮想通貨も拡大予定

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

バハマ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「試験導入」を開始

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

Google Playストア:アンドロイド向け「MetaMaskアプリ」を再度許可

Google Playストア:アンドロイド向け「MetaMaskアプリ」を再度許可

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

コインセキュリティーの落とし穴

コインセキュリティーの落とし穴

アメリカ・イリノイ州「ブロックチェーン契約」を合法化

アメリカ・イリノイ州「ブロックチェーン契約」を合法化

BINANCE:仮想通貨販売所で「日本円」をサポート

BINANCE:仮想通貨販売所で「日本円」をサポート

STO関連でCardano活用を促進|EMURGO「ウズベキスタン政府」とタスクフォース設立

STO関連でCardano活用を促進|EMURGO「ウズベキスタン政府」とタスクフォース設立

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す