ビットコインは「世界で9番目に価値ある通貨」マネタリーベースは韓国・ロシアと同等に

by BITTIMES

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)はおよそ10年ほど前に誕生して以降、急速にユーザー数と価値を高め続けており、今や世界中の誰もが知っている新しいお金となりつつあります。「cryptovoices.com」が公開しているデータによると、ビットコインはすでに「世界で9番目に価値の大きい通貨」にまで成長していると報告されています。

こちらから読む:まだ"大幅下落"の可能性あり?「ビットコイン」関連ニュース

韓国・ロシアと並び、ビットコインが「9位」に浮上

ビットコインを含めた経済に関する様々な情報を提供している「cryptovoices.com」のデータによると、ビットコインは今や世界で「9番目に価値の大きい通貨」にまで成長しています。以下の画像は、金や銀を含めた世界各国のベースマネー(*1)を表したものであり「金は黄色、銀はグレー、ビットコインはオレンジ」で色分けされています。
(*1)ベースマネー(マネタリーベース):銀行などが発行するお金の合計のこと。今回の画像はドルベースでそれぞれの価値を表している。

グローバルベースマネーアップデート:8,940ドルのビットコインは韓国のマネタリーベースよりも大きい(2019年第1四半期のウォン値)

つまり、ビットコインのマネタリーシステムは現在世界で「9番目」に大きいものとなっています。金と銀を含めると「11番目」です。フルアップデートはCV 2019 Q2アップデートに続きます。

最もベースマネーが大きいのは金(ゴールド/Gold)となっており、その価値は7.7兆ドル(約829兆円)に相当するとされています。金と銀を含めて考えるとビットコインは11位に位置付けられることになりますが、それらの貴金属を除いて通貨として考えると、ビットコインのマネタリーベースはロシア韓国と並ぶ0.2兆ドル(約21兆円)で「9位」とされています。

なお、このレポートにサウジアラビアやデンマークのような国が含まれていない理由としては「それらの通貨は他のものと連動する通貨であり、ベースマネーはUSDとEURであるためカウントすべきでない」と説明されています。

仮想通貨が「新たなグローバルコイン」に?

日本中国・ユーロ圏・米国などの国と比較すると、ビットコインはまだまだ規模の小さい資産であることがわかりますが、メキシコオーストラリアブラジルカナダインドネシアなどの国のマネタリーベースよりは大きいことがわかります。

ビットコイン価格は長期的に見ると高まり続けており、一部のアナリスト達はBTC価格は2019年末までに40,000ドル(約430万円)を超えるとも予想しています。もっとも価値の高い金と同レベルにまで成長するにはもう少し時間がかかると予想されますが、過去10年間でビットコインが急速な成長を遂げてきたことを踏まえて考えると、そのほかの通貨と同レベルにまで成長するにはそれほど長い時間はかからないとも予想されます。

しかし最近では、Facebook(フェイスブック)の独自通貨「Libra(リブラ)」の情報が明らかになったことによって「これまでの法定通貨とは異なる全く新しいグローバルコインが普及していく可能性がある」とも言われているため、今後はそのような複数の仮想通貨がどのように成長していくかにも注目です。

実際に大手企業などが発行する仮想通貨が世の中で広く使用されるようになるのであれば、現在のランキングの内容は大きく変わり、ビットコイン・イーサリアム・リップル・リブラ・金・銀などが主流と資産として表記されるようになるのかもしれません。

2019年6月20日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月16日頃から100万円前後での推移を続けており、2019年6月20日時点では「1BTC=1,000,686円」で取引されています。

2019年6月6日〜2019年6月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月6日〜2019年6月20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

ビットコインマイニングを個人でした男性は「いくら」稼いだのか?

ビットコインマイニングを個人でした男性は「いくら」稼いだのか?

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

Ripple投資部門「XRP Ledger」のアップデートを発表|修正案の投票受付も

Ripple投資部門「XRP Ledger」のアップデートを発表|修正案の投票受付も

【速報】仮想通貨取引所「OKCoinJapan」事前登録受付開始|正式に交換業者登録

【速報】仮想通貨取引所「OKCoinJapan」事前登録受付開始|正式に交換業者登録

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

慶應義塾大学:ブロックチェーン用いた「デジタル学生証」を実証実験|国内5社が協力

慶應義塾大学:ブロックチェーン用いた「デジタル学生証」を実証実験|国内5社が協力

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

GMOコイン「必ず現金がもらえる!ログインキャンペーン」開催へ

GMOコイン「必ず現金がもらえる!ログインキャンペーン」開催へ

FXcoin「ライトコイン(LTC)の現物取引」提供開始|取扱う暗号資産は3銘柄に

FXcoin「ライトコイン(LTC)の現物取引」提供開始|取扱う暗号資産は3銘柄に

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す