環境問題へのブロックチェーン活用に向け「若者のスキル」を育成:ドバイ電気・水道局

by BITTIMES

ブロックチェーン技術の活用に積極的取り組んでいるドバイは、二酸化炭素(CO2)排出量の削減などといった環境問題解決のための取り組みにもブロックチェーン技術を活用していくことを計画しています。ドバイ電気・水道局(DEWA)は2019年7月4日、このような分野で最先端技術を活用するスキルを身につけるための「Carbon Ambassadors Program(カーボンアンバサダープログラム)」というトレーニングプログラムを組織したことを発表しました。

こちらから読む:ドバイ政府が積極的に活用している「ブロックチェーン技術」とは

ブロックチェーンで「気候変動」などの問題に対処

ドバイ電気・水道局(DEWA)は、環境問題解決のために進められているプロジェクトでブロックチェーン技術を活用していくためのスキルを身につけることを目的とした「Carbon Ambassadors Program(カーボンアンバサダープログラム)」と呼ばれるトレーニングに取り組んでいると伝えられています。

報告によると、このプログラムは、
・ドバイ電気・水道局(DEWA)
・国連開発計画(UNDP)
・ドバイカーボンセンターオブエクセレンス
の共同で立ち上げられたものであり、同国の若者たちが「気候変動・再生可能エネルギー・天然資源の保全・国内外の問題解決」などに参加するきっかけを作ることを目的としていると報じられています。

アラブ首長国連邦(UAE)は、二酸化炭素排出量(CO2)の排出量を削減するための取り組みを行っていますが、今回のプログラムはUAEの若者が「CO2排出量削減のための取り組み」を支援するために必要となるスキルを身につけることができるものだとされています。

カーボンアンバサダープログラムは、UAEに住む若者に力を与えることによって、二酸化炭素排出量を削減するための政府の戦略を積極的に支援・実行する能力を開発し、この目的を達成するための適切なメカニズムを開発することを目指しています。

カーボンアンバサダーは、野心的な国家戦略と計画を実行し、それらの取り組みを長期的に続けていくための革新的な取り組みに貢献している次世代の専門家およびリーダーです。

将来を見据えた「ドバイ・UAE」のブロックチェーン戦略

DEWAチームはこの他にも、「Carbon Ambassadors Program」は若者が新しい技術の恩恵を受けれるようにするための大規模な計画の一部であるとも説明しています。

具体的な取り組みとしては、「DEWA職業・学術開発キャンパス」で開催された研修に参加した人々に「ブロックチェーン技術の基本的な内容」や「それらの技術を環境保全プログラムに活用する方法」などを教えたとされており、これまでに180人の若い学生と従業員がカーボンアンバサダープログラムを卒業したと報告されています。

ドバイUAEブロックチェーン技術の活用に積極的に取り組んでいる代表的な国の一つであり、2021年までには政府間取引の50%を、最終的には政府取引の100%をブロックチェーン技術を用いて処理していく計画を明らかにしています。

これらの取り組みには「NEM財団」や「PundiX」などといった仮想通貨に関連している団体も関わっているため、仮想通貨コミュニティの間でも注目されています。

>>ドバイ電気・水道局(DEWA)の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

セルビア共和国「暗号資産の取引・発行・マイニング」を合法化|デジタル資産法を発効

カルダノオンラインイベント「Cardano Virtual Summit 2020」7月開催へ

カルダノオンラインイベント「Cardano Virtual Summit 2020」7月開催へ

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

ブロックチェーンで「電力の個人間取引」を検証|シェアリングエネルギー×Power Ledger

ブロックチェーンで「電力の個人間取引」を検証|シェアリングエネルギー×Power Ledger

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月24日〜30日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年3月24日〜30日

注目度の高い仮想通貨ニュース

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

米SEC:仮想通貨XRPの有価証券問題で「Ripple社」提訴へ|XRP価格の下落続く

米SEC:仮想通貨XRPの有価証券問題で「Ripple社」提訴へ|XRP価格の下落続く

PayPal:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収断念か=Fortune報道

PayPal:暗号資産カストディ大手「BitGo」の買収断念か=Fortune報道

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

GMO:日本円・米ドル連動のステーブルコイン「GYEN・ZUSD」発行へ

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

仮想通貨を「ギャンブル用口座」に送金する技術で特許取得:カジノ機器製造大手IGT

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

身体的危害を示唆する脅迫メールで「仮想通貨送金」を要求|Ledger購入者から報告

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

ビットコイン関連のツイート数「過去最高値」を更新|Googleでの検索量も増加傾向

ビットコイン関連のツイート数「過去最高値」を更新|Googleでの検索量も増加傾向

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す