環境問題へのブロックチェーン活用に向け「若者のスキル」を育成:ドバイ電気・水道局

by BITTIMES

ブロックチェーン技術の活用に積極的取り組んでいるドバイは、二酸化炭素(CO2)排出量の削減などといった環境問題解決のための取り組みにもブロックチェーン技術を活用していくことを計画しています。ドバイ電気・水道局(DEWA)は2019年7月4日、このような分野で最先端技術を活用するスキルを身につけるための「Carbon Ambassadors Program(カーボンアンバサダープログラム)」というトレーニングプログラムを組織したことを発表しました。

こちらから読む:ドバイ政府が積極的に活用している「ブロックチェーン技術」とは

ブロックチェーンで「気候変動」などの問題に対処

ドバイ電気・水道局(DEWA)は、環境問題解決のために進められているプロジェクトでブロックチェーン技術を活用していくためのスキルを身につけることを目的とした「Carbon Ambassadors Program(カーボンアンバサダープログラム)」と呼ばれるトレーニングに取り組んでいると伝えられています。

報告によると、このプログラムは、
・ドバイ電気・水道局(DEWA)
・国連開発計画(UNDP)
・ドバイカーボンセンターオブエクセレンス
の共同で立ち上げられたものであり、同国の若者たちが「気候変動・再生可能エネルギー・天然資源の保全・国内外の問題解決」などに参加するきっかけを作ることを目的としていると報じられています。

アラブ首長国連邦(UAE)は、二酸化炭素排出量(CO2)の排出量を削減するための取り組みを行っていますが、今回のプログラムはUAEの若者が「CO2排出量削減のための取り組み」を支援するために必要となるスキルを身につけることができるものだとされています。

カーボンアンバサダープログラムは、UAEに住む若者に力を与えることによって、二酸化炭素排出量を削減するための政府の戦略を積極的に支援・実行する能力を開発し、この目的を達成するための適切なメカニズムを開発することを目指しています。

カーボンアンバサダーは、野心的な国家戦略と計画を実行し、それらの取り組みを長期的に続けていくための革新的な取り組みに貢献している次世代の専門家およびリーダーです。

将来を見据えた「ドバイ・UAE」のブロックチェーン戦略

DEWAチームはこの他にも、「Carbon Ambassadors Program」は若者が新しい技術の恩恵を受けれるようにするための大規模な計画の一部であるとも説明しています。

具体的な取り組みとしては、「DEWA職業・学術開発キャンパス」で開催された研修に参加した人々に「ブロックチェーン技術の基本的な内容」や「それらの技術を環境保全プログラムに活用する方法」などを教えたとされており、これまでに180人の若い学生と従業員がカーボンアンバサダープログラムを卒業したと報告されています。

ドバイUAEブロックチェーン技術の活用に積極的に取り組んでいる代表的な国の一つであり、2021年までには政府間取引の50%を、最終的には政府取引の100%をブロックチェーン技術を用いて処理していく計画を明らかにしています。

これらの取り組みには「NEM財団」や「PundiX」などといった仮想通貨に関連している団体も関わっているため、仮想通貨コミュニティの間でも注目されています。

>>ドバイ電気・水道局(DEWA)の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ジャスティン・サン氏「WTO常駐代表」に就任|TRONは真の分散化フェーズへ

ジャスティン・サン氏「WTO常駐代表」に就任|TRONは真の分散化フェーズへ

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」英語版サービス提供開始|正式版に移行

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」英語版サービス提供開始|正式版に移行

暗号資産決済専用マーケット「クリプトモール」年末キャンペーン開始|OKB決済で1%還元

暗号資産決済専用マーケット「クリプトモール」年末キャンペーン開始|OKB決済で1%還元

SQUARE ENIX:NFTデジタルシール第二弾「資産性ミリオンアーサー -邪神、暴走-」発売へ

SQUARE ENIX:NFTデジタルシール第二弾「資産性ミリオンアーサー -邪神、暴走-」発売へ

Chiliz&Socios:インドネシアの強豪「ペルシジャ・ジャカルタ」と提携|ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシアの強豪「ペルシジャ・ジャカルタ」と提携|ファントークン発行へ

Big Time Studios:NFT活用した本格アクションRPG「ビッグタイム」開発へ

Big Time Studios:NFT活用した本格アクションRPG「ビッグタイム」開発へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

Solana上のラップドトークン「soBTC・soETH」がデペグ|実際価格の半分程度に

Solana上のラップドトークン「soBTC・soETH」がデペグ|実際価格の半分程度に

Chiliz「テスト用CHZのステーキング」などが可能に|テストネット第5フェーズに突入

Chiliz「テスト用CHZのステーキング」などが可能に|テストネット第5フェーズに突入

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

The Sandbox「LAND SALE」11月25日から開始|主要ブランドの近隣土地を販売

ビットバンク:イーサリアム保有者に対する「ETHF」の付与方針を発表

ビットバンク:イーサリアム保有者に対する「ETHF」の付与方針を発表

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

コインチェック:The SandboxのLAND「414個」追加販売へ|2022年11月17日から

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

The Sandbox:ゲーム開発会社「LINE Studio」と提携|専用エリア設置へ

MetaMask:ユーザー情報の保存期間「7日間」に狭める予定

MetaMask:ユーザー情報の保存期間「7日間」に狭める予定

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

ゲーム専門NFTローンチパッド「Zaif INO」公開|第1回販売は2022年11月21日から

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す