BitMEX:ビットコインの出金額、1日で「約91億円相当」に|調査報道でクジラも撤退か

by BITTIMES

米商品先物取引委員会(CFTC)が仮想通貨取引所「BitMEX(ビットメックス)」の調査を行なっているとの報道の後に、同取引所で大量の資金が出金されていることが明らかになりました。一部では今回の巨額出金により、取引板が薄くなっていることや、暗号資産を大量に保有している"クジラ"が消えた可能性があるとも報告されています。

こちらから読む:米規制当局、仮想通貨取引所「BitMEX」の違法性を調査

BTC「入金額13億円に対し、出金額は約91億円」

仮想通貨市場のデータを分析・公開している企業「TokenAnalyst(トークンアナリスト)」は、2019年7月20日のツイートで仮想通貨取引所「BitMEX(ビットメックス)」から巨額の仮想通貨が出金されていることを報告しています。

(画像:TokenAnalyst Twitter)(画像:TokenAnalyst Twitter

このツイートは、主要な仮想通貨取引所における24時間の入出金量を報告したものであり、各取引所で以下のような入出金が行われたことを示しています。
BINANCE:5,800万ドルの入金|5,400万ドルの出金
BitStamp:5,200万ドルの入金|5,000万ドルの出金
Bittrex:400万ドルの入金|500万ドルの出金
Poloniex:600万ドルの入金|400万ドルの出金
BitMEX:1,200万ドルの入金|8,500万ドルの出金

このデータを見ると他の取引所では入金と出金の額に100万〜400万ドル(約1億800万〜4億3,000万円)ほどの差しかないことがわかりますが、これに対してBitMEXは出金額が7,300万ドル(約78億6,400万円)ほど多くなっています。

CFTCの調査報道で投資家たちが資金移動

BitMEXにおける巨額な出金は、先日報じられた「米商品先物取引委員会(CFTC)がBitMEXの違法営業の可能性を調査している」との報道に関連したものであり、事態が深刻化することを恐れた投資家たちが一斉に出金しているのだと考えられています。

米国に住む人々に仮想通貨取引サービスを提供するためには、CFTCに登録を行う必要がありますが、セーシェル共和国で登録を行なっている「BitMEX」はCFTCへの登録を行なっていないため、もし仮に米国居住者向けにサービスを提供していた場合は"ルール違反を侵している"ということになります。

BitMEXに対する規制が厳しくなるのであれば、これまで居住国をごまかしてサービスを利用していたユーザーが特定される可能性も考えられるため、そのようなことを懸念した人々が資金を移動していると考えられています。

クジラ・大物投資家「撤退」の可能性も?

今回の調査に関しては、CFTCやBitMEXからの公式発表は行われていないものの、実際に調査が行われている場合には今後必要な措置が取られる可能性があります。

今回の出金に伴い、インターネット上ではBitMEXの板が薄くなっていることも報告されており、一部ではBitMEXで積極的に取引を行なっていた「大物投資家」や「クジラ」が消えた可能性があるとも言われています。

BitMEXはビットコイン価格への影響も強い仮想通貨取引所として知られており、これまでの大規模な価格変動時にもBitMEXとの関連性が度々挙げられてきました。今回の報道によって、BitMEXにおける仮想通貨の流動性が著しく低下するのであれば、仮想通貨市場にも何らかの影響が出る可能性があります。

2019年7月21日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は今のところ大きく変化してはおらず、2019年7月21日時点では「1BTC=1,152,591 円」で取引されています。

2019年7月7日〜2019年7月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月7日〜2019年7月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エバードーム(Everdome/DOME)大手暗号資産取引所「Bybit」に上場

エバードーム(Everdome/DOME)大手暗号資産取引所「Bybit」に上場

日本円連動ステーブルコイン、発行体を「銀行・資金移動業者」に限定:金融庁

日本円連動ステーブルコイン、発行体を「銀行・資金移動業者」に限定:金融庁

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Cool Wallet開発企業「Startup Island TAIWANのNEXT BIG」に選出|日本での事業展開も加速

Cool Wallet開発企業「Startup Island TAIWANのNEXT BIG」に選出|日本での事業展開も加速

Bloktopia:メタバース用3Dアバターを自動生成できる「Ready Player Me」と提携

Bloktopia:メタバース用3Dアバターを自動生成できる「Ready Player Me」と提携

ICO(クラウドセール)のココを見ろ「成功する7つのルール」

ICO(クラウドセール)のココを見ろ「成功する7つのルール」

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

ビットコイン「60,000ドル台まで価格急落」今後はどこまで下がるのか?

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

コインチェック「Nine Chronicles M」のNFTコレクション取扱いへ【国内初】

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

カルダノウォレット「Lace 1.9」リリース|マルチアカウント・マルチウォレット機能を搭載

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

「SHIBは買い」ビットコイン初期投資家ダヴィンチ・ジェレミー氏が支持

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す