Libra協会:最大賞金10,000ドルの「バグ報奨金プログラム」を開始

by BITTIMES

仮想通貨Libra(リブラ)の開発を主導している「Libra Association(リブラ協会)」は2019年8月27日、Libraのバグや脆弱性を発見した人に対して、最大10,000ドル(約106万円)の賞金を授与する「Libra Bug Bounty」を発表しました。

こちらから読む:SBI社長、リブラに言及「Libra」関連ニュース

Libra Association(リブラ協会)は、2020年に公開される予定となっている「Libra(リブラ)」のセキュリティ面での懸念に対処し、安全性・信頼性を高めるために「バグバウンティプログラム(バグ報奨金プログラム)」を開始することを発表しました。

リブラ協会はこのバグ報奨金プログラムを開始することによって、様々なスキルを有している多くの専門家を集め、Libraブロックチェーンのセキュリティをテストします。

このプログラムに参加してセキュリティの問題を発見した人々は、その問題の重要性に応じて、
・10,000ドル(約106万円)
・5,000ドル(約53万円)
・1,500ドル(約16万円)
・500ドル(約5万円)
の報酬を得ることができるようになっています。

リブラ協会は2019年6月にもベータ版でバグバウンティプログラムを実施しており、この時はブロックチェーンの専門知識を持つ50人のセキュリティ研究者が招待されています。

Libraに対しては、世界各国から様々な懸念点が指摘されていますが、リブラ協会はそれら全ての懸念に対処していく方針を語っており、先月末にはFacebook(フェイスブック)のCEOであるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏が、プライバシー保護のための対策をすべてのシステムに組み込んでいく予定であることも説明しています。

ここ最近では、日本国内でも複数の企業がLibraを取り入れていく方針を明かしているため、Libraの今後の進展にはさらに注目が集まります。

>>「Libra Bug Bounty」プログラムの詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

ドージコイン創設者が語る「投資のルール」と「好きな仮想通貨」

ドージコイン創設者が語る「投資のルール」と「好きな仮想通貨」

仮想通貨決済大手BitPay「ドージコイン」をサポート|NBAチームもDOGE決済に対応

仮想通貨決済大手BitPay「ドージコイン」をサポート|NBAチームもDOGE決済に対応

自然災害対策として「デジタル通貨発行」を計画:バハマ中央銀行(CBOB)

自然災害対策として「デジタル通貨発行」を計画:バハマ中央銀行(CBOB)

Huobi Global「ジャスミーコイン(JASMY)」取扱い開始|海外取引所への上場続く

Huobi Global「ジャスミーコイン(JASMY)」取扱い開始|海外取引所への上場続く

リップル(XRP)世界184カ国で利用される金融アプリで「使用量No.1」を獲得:Uphold

リップル(XRP)世界184カ国で利用される金融アプリで「使用量No.1」を獲得:Uphold

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説