GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

by BITTIMES

世界中で利用されているソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub(ギットハブ)」のデータに基づいてブロックチェーンプロジェクトの開発活動を調査・分析している「MetaBlock(メタブロック)」のデータによると、2019年9月時点の「GitHubにおける開発貢献度ランキングTOP3」は、ウェーブス(Waves/WAVES)、イーサリアム(Ethereum/ETH)、カルダノ(Cardano/ADA)という順になっています。

こちらから読む:待望の取引サービス"BITMAX"公開「仮想通貨」関連ニュース

ブロックチェーンプロジェクトの開発状況

ブロックチェーンプロジェクトの成長において「開発がしっかりと進められているか」はとても重要なことです。ほとんどのプロジェクトは現在も開発の途中段階であり、ブロックチェーン技術を扱うことができるエンジニアの数も少ないのが現状であるため、「実際にどれくらい開発が進められているか」を確認するのはプロジェクトが現実的にどれくらいの可能性を持っているかを判断するのに役立ちます。

GitHub(ギットハブ)はソースコードをホスティングすることによって複数人でソフトウェアを開発・管理することができるプラットフォームであり、世界中のソフトウェア開発者に利用されています。このプラットフォームはブロックチェーンプロジェクトの開発でも広く活用されているため、GitHubでの開発状況を分析したデータは、仮想通貨市場の将来を予測する上で重要なデータになると考えられます。

MetaBlock(メタブロック)は、2009年4月1日から1ヶ月毎に「Githubにおけるブロックチェーンプロジェクトの開発状況」を報告しており、2019年9月時点では合計57のプロジェクトがコミット数に応じてランク付けされています。

2019年9月「GitHub開発貢献度ランキングTOP3」

MetaBlockが公開した2019年9月のランキングTOP3は、
1.ウェーブス(Waves/WAVES)
2.イーサリアム(Ethereum/ETH)
3.カルダノ(Cardano/ADA)
となっており、Wavesの開発が最も活発に進められていることが報告されています。

(画像:MetaBlock)(画像:MetaBlock

バーガーキングも活用する「Waves/WAVES」

ウェーブス(Waves/WAVES)は、2016年に最も大きな金額を集めたICOとして世界中で大きな注目を集めたロシアの仮想通貨プロジェクトであり、仮想通貨はもちろん法定通貨を含めた異なる通貨を容易に取引できるプラットフォームを提供しています。

ユーザーはWaves上で独自通貨を発行することができ、Wavesの分散型取引所(DEX)で高速かつ安い手数料ですぐに取引を行うことができます。またスマートコントラクトの機能も備えているため、イーサリアムのように分散型アプリケーション(DApps)を構築することもできるようになっています。

日本ではあまり注目されていない仮想通貨ではあるものの、時価総額ランキングでは記事執筆時点で51位にランク付けされており、世界的に有名なハンバーガーチェーン「バーガーキング(Burger King)」が独自トークン「Whoppercoin(WHO)」を発行する際にWavesを採用したことも有名です。

重要アップデートが迫る「Ethereum/ETH」

イーサリアム(Ethereum/ETH)は、世界中の仮想通貨ユーザーが知られている「DApps」や「スマートコントラクト」を構築するためのプラットフォームであり、これまでにも非常に多くの仮想通貨がイーサリアム上で発行されています。

Ethereumのブロックチェーン技術は世界中の様々な大手企業で活用されていますが、価格面で見ると2017年の高騰以降は下落傾向が続いていました。しかし、今月1日頃からは順調に価格も回復し始めているため、投資家からの注目も集まっています。

技術開発は常に進められており、特に注目されている次の重要なアップデート「Ethereum 2.0(Serenity/セレニティ)」の実装予定日なども公開され、最近では仮想通貨を保有し続けることによって報酬を得ることができる「ステーキング」に関する続報も明らかにされているため、今後は開発面でもさらに注目度が高まっていくことになると期待されます。

開発ランキング上位をキープ「Cardano/ADA」

カルダノ(Cardano/ADA)は、イーサリアムの共同設立者でもある天才数学者のCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏が発案した仮想通貨プロジェクトであり、従来のプロトコルよりも優れたスマートコントラクトを搭載した「第三世代のブロックチェーンプラットフォーム」として知られています。

Cardanoプロジェクトは立ち上げ当初から非常に多くの人々に支持されており、ADA価格の低迷にも関わらず現在も多くの投資家や開発者などから強い支持を得ています。既存のブロックチェーンの問題点を考慮した上で、長期的に利用していけるブロックチェーンを目指しているCardanoプロジェクトは「耐量子コンピュータ」の機能や「プルーフオブステーク(PoS)」といった、今後主流になっていくと予想される仕組みを採用して開発を進めています。

2019年9月の「GitHub開発ランキング」でのカルダノの順位は「3位」となっているものの、過去のデータでは基本的にカルダノが1位となっており、2019年6月以降は「Cardano」が常に1位を獲得していたため、来月からの順位にも注目です。

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨でチャージ可能に?電子マネー「Suica」などへの対応検討:ディーカレット

仮想通貨でチャージ可能に?電子マネー「Suica」などへの対応検討:ディーカレット

XRP価格、ついに「10円台」突入|今後注目すべきサポートライン・抵抗線は?

XRP価格、ついに「10円台」突入|今後注目すべきサポートライン・抵抗線は?

ブロックチェーンがTwitter・facebookの代わりになる日

ブロックチェーンがTwitter・facebookの代わりになる日

Galaxy S10などに仮想通貨の「市場分析・価格予想」アプリを追加:SAMSUNG

Galaxy S10などに仮想通貨の「市場分析・価格予想」アプリを追加:SAMSUNG

ビットコインの「フルノード機能」搭載!ブロックチェーンスマホの最新機種を発表:HTC

ビットコインの「フルノード機能」搭載!ブロックチェーンスマホの最新機種を発表:HTC

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

注目度の高い仮想通貨ニュース

MyCryptoHeroes専用アプリ「GO!マイクリ」リリース:株式会社スマートアプリ

MyCryptoHeroes専用アプリ「GO!マイクリ」リリース:株式会社スマートアプリ

東京都:独自通貨活用で長期戦略|2025年、キャッシュレス決済比率「50%」目指す

東京都:独自通貨活用で長期戦略|2025年、キャッシュレス決済比率「50%」目指す

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の「国際共同研究グループ」を設立

日本銀行:中央銀行デジタル通貨の「国際共同研究グループ」を設立

Libra協会から携帯電話大手「Vodafone」が離脱

Libra協会から携帯電話大手「Vodafone」が離脱

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

YouTube:仮想通貨関連の動画削除は「間違いだった」と説明

YouTube:仮想通貨関連の動画削除は「間違いだった」と説明

Ripple社:2020年初頭から「ブラジル金融機関」との提携拡大へ

Ripple社:2020年初頭から「ブラジル金融機関」との提携拡大へ

BINANCE「ビットコインを半額で購入できる」キャンペーン開催へ

BINANCE「ビットコインを半額で購入できる」キャンペーン開催へ

仮想通貨取引所Huobi「ジャパンネット銀行」からのクイック入金に対応

仮想通貨取引所Huobi「ジャパンネット銀行」からのクイック入金に対応

デジタル人民元「日本にとって極めて大きな問題」麻生財務相が警戒感示す

デジタル人民元「日本にとって極めて大きな問題」麻生財務相が警戒感示す

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

STO関連でCardano活用を促進|EMURGO「ウズベキスタン政府」とタスクフォース設立

STO関連でCardano活用を促進|EMURGO「ウズベキスタン政府」とタスクフォース設立

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す