EOS開発企業「Block.one」罰金2,400万ドル支払いで米SECと和解

by BITTIMES

米国証券取引委員会(SEC)は2019年9月30日に、仮想通貨イオス(EOS)を開発している企業「Block.one(ブロック・ワン)」が未登録でイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を行なったことに対して2,400万ドル(約26億円)の罰金を請求し、同社がこの支払いに同意したことによって和解が成立したことを発表しました。

こちらから読む:自主規制団体"日本STO協会"設立「仮想通貨」関連ニュース

Block.one:SECの和解請求に対し「速やかに合意」

仮想通貨イオス(EOS)の発行元として知られる「Block.one(ブロック・ワン)」は、2017年6月から2018年6月までの1年間でイニシャル・コイン・オファリング(ICO)による資金調達を行い、約41億ドル(約4,430億円)相当の資金を調達しました。

同社は米証券取引委員会(SEC)がICOの調査・規制に関するレポートを公開する以前からICOを行なっており、レポートが公開された後も約1年間に渡ってICOを継続していたものの、ICOを証券オファリングとして登録しておらず、登録要件の対象となることも、免除を求めることもなかったとされています。

SECは「Block.oneが連邦証券法の登録条項に違反している」との判断を下し、2,400万ドルの罰金を支払って和解することを請求しました。これに対して「Block.one」は、調査結果を肯定することも否定することもせずに支払いに同意したと伝えられています。

「Block.one」は、本日1日に「Block.one、米国証券取引委員会との和解を発表」と題してこのことを報告し、『私たちは規制当局や政策担当者との継続的な協力に取り組んでいる』と説明しています。

SECとの議論を解決できることを嬉しく思います。世界がデジタル資産の規制遵守枠組みをより明確にしながら開発を続けている中で、私たちは規制当局や政策立案者との継続的な協力に取り組んでいます。

SECはこれまでにも複数のブロックチェーン・仮想通貨プロジェクトを"未登録証券"として起訴していますが、EOSは今回の件で和解したことによって、よりスムーズにプロジェクトを展開していくことができるようになると期待されます。

>>「米SEC」の公式発表はこちら
>>「Block.one」の公式発表はこちら

2019年10月1日|イオス(EOS)の価格

イオス(EOS)の価格は、今回の発表が行われた9月30日頃からやや上昇しており、2019年10月1日時点では「1EOS=328.74円」で取引されています。

EOSを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年9月24日〜2019年10月1日 EOSのチャート(引用:coingecko.com)2019年9月24日〜2019年10月1日 EOSのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨法案2017年4月1日施行で取引所はどうなるのか

仮想通貨法案2017年4月1日施行で取引所はどうなるのか

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

米SEC「BlackRockの現物イーサリアムETF」承認判断を延期

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

日本円連動型のステーブルコイン「GMO Japanese YEN/GYEN」実証実験を開始

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

注目度の高い仮想通貨ニュース

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

ビットコインを通貨として使用する「ブラジル3つの観光都市」Coinext報告

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

次のトップ・ミームコインと噂されるDogecoin20、プレセールで早くも200万ドルを突破

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す