Ford:ブロックチェーンやジオフェンシングで「空気が綺麗な都市」目指す

by BITTIMES

大手自動車メーカーであるFord(フォード)は、ブロックチェーンやジオフェンシング(*1)の技術を「プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)」に搭載することによって、車両が"排気ガス規制区域"に侵入した際に自動的に"電気駆動モード"が発動する仕組みを構築し、ドイツのケルンなどでテストを行なっています。この技術が確立されることによって、都心部の空気汚染を減らし、環境を保全することができると期待されています。
(*1)ジオフェンシング:GPS・RFID(無線ICタグ)・Wi-Fi・携帯データ通信などによる位置情報データを使用して、特定の場所の周りに「仮想的な境界(ジオフェンス)」を設定し、モバイル端末やRFIDタグがその境界線内に入った際、また境界線から出た際に、アプリなどのソフトウェアで特定のアクションを実行する技術のこと。

こちらから読む:仮想通貨が稼げる"駐車場情報共有アプリ"登場「自動車」関連ニュース

「排気ガス規制区域の変更」にもスムーズに対応

Ford(フォード)は、同社が「プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)」を用いてロンドンとスペイン・バレンシアの路上で行なっているテストをドイツのケルンでも実施することを発表しました。このテストは人口の多い都心部の空気を綺麗にすることを目的としたものであり、ブロックチェーンやジオフェンシングなどの技術が活用されています。

ドイツでは、旧式の排気ガス規制レベルにしか対応していないディーゼル車の市内走行を禁止する措置が実施されており、汚染度の高い車両の運転ができない"排気ガス規制区域"が設定されていますが、これらの地域はドライバーにとって認識しづらいという問題がありました。

今回のテストでは、このような問題を解決するための施策が取られており、テストのために準備された合計10台のPHEVには、ブロックチェーンやジオフェンシングの機能を搭載したデバイスが備えられています。この試乗車が排気ガス規制区域に侵入すると、車両の"電気駆動モード"が発動し、走行距離・排出モード・時間などのデータがブロックチェーン上に記録され、市当局・車両・車両関係者などの間で共有されます。

車両にはジオフェンシング技術が活用されているため、排気ガス規制区域が変化した際にもリアルタイムに適応することが可能だと説明されています。環境保護のための"排気ガス規制区域"は、将来的に天候や環境条件に基づいて管理区域の調整や新しい区域が設定される可能性があるものの、ジオフェンシング技術を採用することによってスムーズに対応することができると期待されます。

排気量の記録・追跡に最適なブロックチェーン技術

「Ford-Werke GmbH」の取締役会会長であるGunnar Herrmann氏は、ブロックチェーン技術は車の排気量を安全に記録し、データを追跡することができるため、今回のテストに最適な技術であると説明しています。

ケルンでテストされているブロックチェーン技術は、車両の排気量を安全かつ改ざんが難しい状態で記録し、データを追跡することもできるため、PHEVパイロットにとって理想的なものになります。

排気量データの安全性、信頼性、透明性は、このプロジェクトのすべての利害関係者にとって最も重要であり、都市の空気をきれいにするというビジョンの鍵となります。

このプロジェクトでは、Fordが「SmartCity Cologne」の公式パートナーになることも見込まれているとされています。ケルンのエネルギー供給業者である「RheinEnergie AG」が立ち上げた「SmartCity Cologne」は、地域全体のパートナーが気候保護とエネルギー移行を促進する技術とサービスを試験するための共同プラットフォームだと説明されています。

ブロックチェーン技術を積極的に活用している「Ford」は、HONDA(ホンダ)などの大手メーカーも参加しているブロックチェーンの国際団体「モビリティ・オープン・ブロックチェーン・イニシアチブ(MOBI)」に加盟しており、先日は「運転中の自動決済」をブロックチェーンで効率化するプロジェクトが進められていることなども報告されています。

>>「Ford」の公式発表はこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインETFが生む「価格上昇と多くの問題」専門家アンドレアス・アントノプロス

ビットコインETFが生む「価格上昇と多くの問題」専門家アンドレアス・アントノプロス

ビットコインの「GiveAway詐欺」止まらず|数億円規模の被害報告も

ビットコインの「GiveAway詐欺」止まらず|数億円規模の被害報告も

ブロックチェーンで「電力の個人間取引」を検証|シェアリングエネルギー×Power Ledger

ブロックチェーンで「電力の個人間取引」を検証|シェアリングエネルギー×Power Ledger

Libra協会:独立した「技術運営委員会」を設立|専門家チームで開発・設計を監督

Libra協会:独立した「技術運営委員会」を設立|専門家チームで開発・設計を監督

BINANCE:オントロジー(Ontlogy/ONT)の「先物取引」提供へ

BINANCE:オントロジー(Ontlogy/ONT)の「先物取引」提供へ

Travala.com:NEM決済で「200万以上のホテル予約」が可能に【最大40%割引】

Travala.com:NEM決済で「200万以上のホテル予約」が可能に【最大40%割引】

注目度の高い仮想通貨ニュース

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

DeFi+CeFiの「ハイブリッド型金融サービス」暗号資産取引所で導入進む

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

ドイツ老舗レコードレーベル「Kompakt」仮想通貨決済に対応|Utrustと協力

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

Starbucks:ブロックチェーン用いた「コーヒー豆のトレーサビリティツール」導入

Starbucks:ブロックチェーン用いた「コーヒー豆のトレーサビリティツール」導入

スイス:大学・企業が連携する「ティチーノ州ブロックチェーン技術協会」設立

スイス:大学・企業が連携する「ティチーノ州ブロックチェーン技術協会」設立

【Chiliz】Trabzonsporの「TRAファントークン」9月22日に限定販売へ

【Chiliz】Trabzonsporの「TRAファントークン」9月22日に限定販売へ

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

フィスコ仮想通貨取引所「株式会社 Zaif」に商号変更へ

フィスコ仮想通貨取引所「株式会社 Zaif」に商号変更へ

ブラジル中央銀行総裁「CBDC発行に必要な条件、2022年には整う可能性」

ブラジル中央銀行総裁「CBDC発行に必要な条件、2022年には整う可能性」

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BTCBOX(BTCボックス)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

BINANCE:ADA・LINKの「四半期先物取引サービス」拡大へ

BINANCE:ADA・LINKの「四半期先物取引サービス」拡大へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す