ドラッグディーラーに対し「ビットコイン1,700万円相当」の没収判決:米裁判所

by BITTIMES   

アメリカ・ウィスコンシン州の裁判所がダークウェブ上でドラッグを販売していたChristopher Bania(クリストファー・バニア)氏に対して、日本円で約1,700万円に相当する「約16.91880054BTC」を没収する判決を下したことが「Cointelegraph」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:Ethereum、アップデート予定日が決定「仮想通貨」関連ニュース

「大麻・コカイン・MDMA・LSD」などを闇市場で販売

アメリカ・ウィスコンシン州の裁判所からビットコインの支払いを命じられたChristopher Bania(クリストファー・バニア)氏は、ダークウェブ上で違法薬物の販売を行なっていたとして有罪判決を受けています。

同氏は元々、マネーロンダリング(資金洗浄)、規制物質の輸入、ドラッグの保有などの罪で起訴されていましたが、2019年9月6日に起訴された内容は「販売目的の規制物質所持」に関するものとなっており、刑期は最大20年だと報じられています。

この事件を担当した捜査官はBania氏のノートパソコンを調べた結果、ダークウェブを使用して薬物を販売していたことを見つけたとされています。

なお、Bania氏本人は「マリファナ(大麻)、コカイン、MDMA、LSD」をダークウェブ上で販売したことは認めているものの、当局が彼の自宅で発見したという「メタンフェタミン(覚せい剤)、ヘロイン、コカイン」の容疑は否認しているとのことです。

裁判所はBania氏の逮捕時に「124BTC(約1.24億円)」などを一時的に没収しているものの、そのほとんどは返却される模様だと報じられています。

一部では「仮想通貨を使用した犯罪の調査は犯人の特定が困難である」とも言われていましたが、ここ最近では日本国内でも仮想通貨関連の事件で逮捕者が出ています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SolanaのDEXアグリゲーター「Jupiter」JUPトークンのエアドロップ実施へ

SolanaのDEXアグリゲーター「Jupiter」JUPトークンのエアドロップ実施へ

眠っていた「クジラ」が活動開始|BTC・XRPなど複数の仮想通貨で大量の資金移動

眠っていた「クジラ」が活動開始|BTC・XRPなど複数の仮想通貨で大量の資金移動

社会貢献活動に「東京都独自のデジタル通貨」を|小池都知事が所信表明

社会貢献活動に「東京都独自のデジタル通貨」を|小池都知事が所信表明

インフレに苦しむ「子供たち」を仮想通貨で支援|ベネズエラで進むチャリティー活動

インフレに苦しむ「子供たち」を仮想通貨で支援|ベネズエラで進むチャリティー活動

XRPの有価証券性をめぐる裁判の判決「今後覆される可能性」元SEC関係者の意見

XRPの有価証券性をめぐる裁判の判決「今後覆される可能性」元SEC関係者の意見

コインチェック「実現損益チェッカー」提供開始|確定申告の参考情報を提供

コインチェック「実現損益チェッカー」提供開始|確定申告の参考情報を提供

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説