ブロックチェーン用いた「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」実証実験開始へ

by BITTIMES

株式会社シフトセブンコンサルティングは2019年10月30日、ブロックチェーン技術を活用した改ざんできない「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」の提供に向けた実証実験を開始すると発表しました。

こちらから読む:家計簿アプリ"Zaim"とコインチェックが連携「国内ニュース」

「返礼品の産地情報」をブロックチェーンで保証

ふるさと納税とは、自分が応援したい都道府県・市区町村などに自治体に寄附することによって、寄附金が所得税・住民税の控除対象となる制度のことであり、自治体によっては寄附金に応じて地域の特産品・名産品がお礼の品として貰えるため、近年多くの人々に利用されています。

ふるさと納税の返礼品は、2019年6月に施行された法律によって「"地域の経済に寄与する地場産品"でなければならない」と正式に定められましたが、自治体は各地域にある複数の事業者から複数の返礼品の提供を受けているため、"全ての返礼品が地場産品であるかどうかを管理するのは難しい"という問題がありました。

もしも「地場産品以外の返礼品」を提供していた場合には、寄附者に対して「虚偽の産地の返礼品」を送付してしまうことになるため、最終的にはふるさと納税の制度対象自治体から外されてしまう可能性もあります。

しかし、産地証明情報をブロックチェーン上に記録すれば、記録された情報は「事業者(生産者)・自治体・システム管理会社」の誰であっても改ざんすることができないため、"産地情報偽造"を防止することができるようになります。また、産地情報記録の台帳を各地域で分散管理すれば、それぞれの自治体が互いに情報を保持しあって"適切な産地情報が登録されていること"を保証できるようになります。

将来的には「返礼品の品質保証」も

株式会社シフトセブンコンサルティングが開始する「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」の実証実験は、このようなブロックチェーン技術の利点を生かして、
・各地域の事業者が大きな負担を伴うことなく、産地証明情報を登録できること
・登録された産地証明情報の改ざんリスクが発生しないこと
・登録された産地証明情報を分散台帳として全国の自治体で共有すること
を検証するとしています。

また、将来的には「地場産品の証明」だけでなく、「食の安全記録活動」や「トレーサビリティ」までを含めた情報をブロックチェーン上で管理することによって、"ふるさと納税の返礼品は食の安全性が高い"ということを証明できるようにしたいと説明されています。

「ふるさと納税返礼品・産地証明サービス」の実証実験は、2019年11月~2020年2月までの期間にかけて実施される予定となっており、サービスの提供開始時期は「2020年2月末予定」だとされています。

>>「シフトセブンコンサルティング」のプレスリリースはこちら

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【速報】コインチェック「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

【速報】コインチェック「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

SBIフィナンシャル:暗号資産マーケットメーカー「B2C2 Limited」を子会社化

SBIフィナンシャル:暗号資産マーケットメーカー「B2C2 Limited」を子会社化

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」提供へ|XRP・LTCなど5名柄に対応

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」提供へ|XRP・LTCなど5名柄に対応

コインチェック「最大20,000円」キャッシュバック!新規登録キャンペーン開催中

コインチェック「最大20,000円」キャッシュバック!新規登録キャンペーン開催中

注目度の高い仮想通貨ニュース

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

【重要】Liquid:本人確認書類など「28,000件流出」の可能性|ユーザーからの批判殺到

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

BINANCE:Chiliz関連ファントークン「ATM・ASR・OG」取扱いへ

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す