2020年、現金取引制限で仮想通貨「需要増加」の可能性:マレーシア

by BITTIMES

マレーシアで2020年から現金取引の上限が「25,000RM(約66万円)」に設定される可能性があることが現地メディア「The Star」の報道で明らかになりました。一部では、この制限が設けられることによって仮想通貨の需要が高まる可能性があると言われています。

こちらから読む:仮想通貨市場で"水増し取引"が悪化「仮想通貨」関連ニュース

現金取引制限で「仮想通貨需要」が増加?

マレーシア政府はマネーロンダリング(資金洗浄)などの違法行為に対処するために、2020年から「25,000RM(約66万円)の現金取引上限」を課すことを計画していますが、一部では「この上限設定がビットコイン(BTC)などといった仮想通貨の需要を高める可能性がある」と予想されています。

マレーシアの経済学者であるBarjoyai Bardai氏は「現金取引に上限が設けられることによってデジタル通貨の採用が促進される可能性がある」と述べており、「消費者がデジタル通貨に慣れてくるとビジネスでの取引が増加し、取引量という形で経済にプラスの影響を与える可能性がある」と説明しています。

現金の使用が制限されれば、その他デジタル通貨での取引量が増加することになるため、仮想通貨も同様に取引量が増加する可能性があります。しかしその一方では「現在提案されている新しい政策は一般的なマレーシア人に影響を与えるほどのものではないため、その影響も限定的なものになるだろう」といった意見も出ています。

「金融機関は適用対象外」影響は限定的との声も

提案されている現金取引制限は「医療・観光・ホテル・卸売業者」などの業界に影響を与えるものの、銀行はすでにアンチマネーロンダリング(資金洗浄防止)の規制を満たしているため、金融機関を経由する取引に新しい制限は適用されないと報告されています。

また、マレーシアの一般家庭の収入の中央値は22万円ほどとなっており、提案されている上限をはるかに下回っているため、その3ヶ月分に相当する66万円の上限はあまり影響を与えないとも考えられています。

現金の支払いに上限を設定する取り組みはオーストラリアでも計画されており、同国では1万豪ドル(75万円)の上限が検討されています。マレーシアとオーストラリアで提案されている内容では、仮想通貨に関する明確な言及はなされておらず、この上限が与える影響に関しては意見が分かれていますが、これらの政策の行方には以前から注目が集まっています。

>>「The Star」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ラスベガスで進む「ブロックチェーン計画」新たなエンターテイメント都市を目指す

ラスベガスで進む「ブロックチェーン計画」新たなエンターテイメント都市を目指す

ブラジルのスーパーマーケットチェーンが「仮想通貨決済」の受け入れを開始

ブラジルのスーパーマーケットチェーンが「仮想通貨決済」の受け入れを開始

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

スペインの港湾局:IBMとMaerskのブロックチェーン・プラットフォームに参加

【仮想通貨ユーザー要注意】Androidに「深刻な脆弱性」見つかる|データ漏洩の可能性も

【仮想通貨ユーザー要注意】Androidに「深刻な脆弱性」見つかる|データ漏洩の可能性も

Tron(TRX)「最も革新的なパブリックチェーン賞」を受賞

Tron(TRX)「最も革新的なパブリックチェーン賞」を受賞

ブロックチェーンで「音声通信」のデータ保護|英クラウドサービス会社が特許を取得

ブロックチェーンで「音声通信」のデータ保護|英クラウドサービス会社が特許を取得

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

東京都:独自通貨活用で長期戦略|2025年、キャッシュレス決済比率「50%」目指す

東京都:独自通貨活用で長期戦略|2025年、キャッシュレス決済比率「50%」目指す

マンガアプリ「GANMA!」人気ブロックチェーンゲームとコラボ企画を開催

マンガアプリ「GANMA!」人気ブロックチェーンゲームとコラボ企画を開催

MyCryptoHeroes専用アプリ「GO!マイクリ」リリース:株式会社スマートアプリ

MyCryptoHeroes専用アプリ「GO!マイクリ」リリース:株式会社スマートアプリ

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

eスポーツプラットフォーム「Luckbox」ビットコインなど仮想通貨4銘柄に対応

世界最大の仮想通貨マイニング施設に「SBI・GMO」参加か=Bloomberg報道

世界最大の仮想通貨マイニング施設に「SBI・GMO」参加か=Bloomberg報道

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月22日〜28日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月22日〜28日

暗号化技術活用したデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」公開:ビットキー

暗号化技術活用したデジタルキープラットフォーム「bitkey platform」公開:ビットキー

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

BINANCE:イーサリアムクラシック(ETC)の「先物取引」を追加

Tron財団:2020年元旦「330億TRX」ロック解除へ

Tron財団:2020年元旦「330億TRX」ロック解除へ

米SEC「Wilshire Phoenix」のビットコインETF、可否判断を再び延期

米SEC「Wilshire Phoenix」のビットコインETF、可否判断を再び延期

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

バイオ医薬品大手がブロックチェーン企業「Lympo」と提携|肥満に悩む人々を支援

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す