IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

by BITTIMES

アイオータ(IOTA/MIOTA)の共同設立者であるSergey Ivancheglo(セルゲイ・イヴァンチェグロ)氏は、自身が保有していたMIOTAを全て売却し、仮想通貨関連のビジネスをやめると発表しました。同氏は自身が新たに着手した他のプロジェクトとの利益相反を避けるためにMIOTA売却を決定したと語っています。

こちらから読む:"自立分散型マーケットプレイス"立ち上げ「IOTA/MIOTA」関連ニュース

会社のビジョンの変化により退職を決意

アイオータ(IOTA/MIOTA)は、
・デイビッド・サンステボ(David Sonstebo)氏
・セルゲイ・イバンチェグロ(Sergey Ivancheglo)氏
・ドミニク・シーナー(Dominik Schiener)氏
・セルゲイ・ポポフ(Serguei Popov)氏
の4名によって創設されましたが、その中の1人であるセルゲイ・イバンチェグロ氏は最近「MIOTAを全て売却し、仮想通貨関連のビジネスをやめる」と発表しました。

自身が新しく立ち上げたプロジェクトとの利益相反を避けるためにMIOTAを売却したと語る同氏は、新しいプロジェクトが「IOTA」を使用していることも報告しています。

今日は仮想通貨の仕事をする私の最後の日です。私はもう個人の仮想通貨を所有していません。私のプロジェクトでは、これまでで最高の分散型レジストリテクノロジーであるIOTAを使用しています。

イバンチェグロ氏は今年の6月にIOTA財団の取締役会を辞任しており、その後は財団の非公式アドバイザーとして仕事を行なって来ました。

IOTAの共同設立者の1人であるデイビッド・サンステボ氏によると、イバンチェグロ氏は会社のビジョンの変化によって退職することを決定したとされており、イバンチェグロ氏も今年7月に投稿したブログ記事の中で『私はIOTA財団が"2014年と2015年に作成すると目指したものを実現するための最良の環境である"とはもはや思っていません』と述べています。

イバンチェグロ氏は以前から「Qubic」及び「Aigarth」と呼ばれるプロジェクトで作業を行なっていました。これらのプロジェクトはそれぞれブロックチェーン・スマートコントラクト人工知能(AI)を利用したものですが、同氏はこの両方のプロジェクトに引き続き取り組むと述べています。

2019年11月12日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は、今年8月に24円近くまで下落して以降は30円付近での推移を続けており、2019年11月12日時点では「1MIOTA=28.30円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年5月17日〜2019年11月12日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月17日〜2019年11月12日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Honeywell「ブロックチェーン×ラベルプリンター」でサプライチェーン管理

Honeywell「ブロックチェーン×ラベルプリンター」でサプライチェーン管理

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

【LINE Pay】マイナポイント申込みで「暗号資産LINK」がもらえるキャンペーン開催へ

【LINE Pay】マイナポイント申込みで「暗号資産LINK」がもらえるキャンペーン開催へ

【重要】BINANCE:2019年3月12日に「約8時間のメンテナンス」を実施

【重要】BINANCE:2019年3月12日に「約8時間のメンテナンス」を実施

ビットコインの「未来シナリオ」CFA協会認定アナリストが強気予想に言及

ビットコインの「未来シナリオ」CFA協会認定アナリストが強気予想に言及

RippleNetと国際送金アプリ「OnePay FX」が統合 ー 利用可能国がさらに拡大

RippleNetと国際送金アプリ「OnePay FX」が統合 ー 利用可能国がさらに拡大

注目度の高い仮想通貨ニュース

Decentralandの仮想空間に「Atari Casino」構築へ:Decentral Games × Atari

Decentralandの仮想空間に「Atari Casino」構築へ:Decentral Games × Atari

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

SBI子会社「運用型信託業」の免許取得|暗号資産・キャッシュレス関連業務に進出

SBI子会社「運用型信託業」の免許取得|暗号資産・キャッシュレス関連業務に進出

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

コインチェック「オーエムジー(OMG Network/OMG)」取扱い開始

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の実証実験」開始|CBDCの基本機能を検証

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す