IOTA共同設立者「仮想通貨ビジネス」から撤退|保有するMIOTAも全て売却

by BITTIMES

アイオータ(IOTA/MIOTA)の共同設立者であるSergey Ivancheglo(セルゲイ・イヴァンチェグロ)氏は、自身が保有していたMIOTAを全て売却し、仮想通貨関連のビジネスをやめると発表しました。同氏は自身が新たに着手した他のプロジェクトとの利益相反を避けるためにMIOTA売却を決定したと語っています。

こちらから読む:"自立分散型マーケットプレイス"立ち上げ「IOTA/MIOTA」関連ニュース

会社のビジョンの変化により退職を決意

アイオータ(IOTA/MIOTA)は、
・デイビッド・サンステボ(David Sonstebo)氏
・セルゲイ・イバンチェグロ(Sergey Ivancheglo)氏
・ドミニク・シーナー(Dominik Schiener)氏
・セルゲイ・ポポフ(Serguei Popov)氏
の4名によって創設されましたが、その中の1人であるセルゲイ・イバンチェグロ氏は最近「MIOTAを全て売却し、仮想通貨関連のビジネスをやめる」と発表しました。

自身が新しく立ち上げたプロジェクトとの利益相反を避けるためにMIOTAを売却したと語る同氏は、新しいプロジェクトが「IOTA」を使用していることも報告しています。

今日は仮想通貨の仕事をする私の最後の日です。私はもう個人の仮想通貨を所有していません。私のプロジェクトでは、これまでで最高の分散型レジストリテクノロジーであるIOTAを使用しています。

イバンチェグロ氏は今年の6月にIOTA財団の取締役会を辞任しており、その後は財団の非公式アドバイザーとして仕事を行なって来ました。

IOTAの共同設立者の1人であるデイビッド・サンステボ氏によると、イバンチェグロ氏は会社のビジョンの変化によって退職することを決定したとされており、イバンチェグロ氏も今年7月に投稿したブログ記事の中で『私はIOTA財団が"2014年と2015年に作成すると目指したものを実現するための最良の環境である"とはもはや思っていません』と述べています。

イバンチェグロ氏は以前から「Qubic」及び「Aigarth」と呼ばれるプロジェクトで作業を行なっていました。これらのプロジェクトはそれぞれブロックチェーン・スマートコントラクト人工知能(AI)を利用したものですが、同氏はこの両方のプロジェクトに引き続き取り組むと述べています。

2019年11月12日|アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格は、今年8月に24円近くまで下落して以降は30円付近での推移を続けており、2019年11月12日時点では「1MIOTA=28.30円」で取引されています。

MIOTAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年5月17日〜2019年11月12日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月17日〜2019年11月12日 MIOTAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Braveブラウザ:パブリッシャー登録数「350,000」を突破|YouTubeなどで利用者拡大

Braveブラウザ:パブリッシャー登録数「350,000」を突破|YouTubeなどで利用者拡大

暗号資産取引所HBTC「Filecoin先物トークン(FIL3)」上場へ|キャンペーンも開催

暗号資産取引所HBTC「Filecoin先物トークン(FIL3)」上場へ|キャンペーンも開催

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok/BOB」日本先行発売を開始:PundiX(NPXS)

ブロックチェーンスマホ「Blok on Blok/BOB」日本先行発売を開始:PundiX(NPXS)

UASFユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォークとは?

UASFユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォークとは?

ビットコインキャッシュ(BCH)今後4年間の相場・価格予測

ビットコインキャッシュ(BCH)今後4年間の相場・価格予測

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

TaoTao株式会社:BINANCEとの「提携交渉終了」を発表

TaoTao株式会社:BINANCEとの「提携交渉終了」を発表

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ブロックチェーンで「週刊少年ジャンプ人気漫画の公式コミュニティ」構築:Gaudiy

ブロックチェーンで「週刊少年ジャンプ人気漫画の公式コミュニティ」構築:Gaudiy

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

ザイフ「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催

ザイフ「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す