タイ銀行は国際送金サービスにユーロとポンドを追加

by BITTIMES   

タイの大手商業銀行であるサイアム・コマーシャル・バンク(SCB)は今年第3四半期までに、現在採用しているRipple社のブロックチェーン技術による国際送金サービスにユーロとポンドのサポートを追加する予定です。

SCBが欧州のリップルパートナー銀行を検索した結果サービスをサポートしていたことから、ヨーロッパからの送金を見ている小売顧客にはブロックチェーンの送金が当初から利用可能であることが明らかになりました。

SCBの最高戦略責任者であるArak Sutivong氏によると、小売顧客からのタイへ向けた、ユーロとポンドの強い支払い流入があるとのことです。

タイ銀行のサンドボックス(*1)でサービスがテストされているにもかかわらず、これまで国際送金に利用可能であった通貨は日本円のみとなっていたようです。

(*1)サンドボックスとは、外部から受け取ったプログラムを保護された領域で動作させることで、システムが不正に操作されるのを防ぐセキュリティ機構のことです。

ヨーロッパの通貨のサービスは、最初はインバウンドの国境を越えた送金を利用している小売顧客に利用可能であり、銀行はリップルネットワークに参加する新しい銀行を探しています。

またアラブ首長国連邦準備銀行は、自らのサービスでも同じ技術プラットフォームを使用しているため「SCBが他の通貨を使用するだけであれば、規制サンドボックスで再度実験する必要はない」と語っています。

中央銀行は昨年6月に開始されたテストの後に、国際送金サービスがサンドボックスから出る許可を承認するのを待っています。

タイの銀行は「包括的に監視したいと考えているが、サービスシステムは安定している」と述べています。中央銀行はブロックチェーン技術を採用して、サプライチェーン部門の商業顧客にサービスを提供しています。

SCBは、SBIグループのサービスである「SBIレミット」と協力しリップルソリューションを利用して日本とタイ間でのリアルタイム送金を行っており、初期の段階では日本で働いているタイの小売顧客向けにサービスを提供しています。

日本には約40,000人のタイ人が住んでおり、日本からタイへ送金される額は、年間約2億5000万ドルにものぼるとされています。

(引用元:bangkokpost.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ユニセフ仮想通貨ファンド:テクノロジー企業8社に「合計125ETH」を投資

ユニセフ仮想通貨ファンド:テクノロジー企業8社に「合計125ETH」を投資

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

仮想通貨取引所Huobi「Klaytnガバナンス評議会」に参加

仮想通貨取引所Huobi「Klaytnガバナンス評議会」に参加

仮想通貨の新団体設立へ「STOの健全な普及」目指す:SBI北尾社長

仮想通貨の新団体設立へ「STOの健全な普及」目指す:SBI北尾社長

ビットコイン(BTC)の適正価格は「156万〜168万円」Thomas Lee

ビットコイン(BTC)の適正価格は「156万〜168万円」Thomas Lee

ナイジェリアの仮想通貨取引所「KuBitX」新プラットフォーム・ベータ版を公開

ナイジェリアの仮想通貨取引所「KuBitX」新プラットフォーム・ベータ版を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

韓国政府:仮想通貨取引の税金制度「2023年」から導入へ|利益に対して20%の課税

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

暗号資産取引所FXcoin「システムトレードのシグナル配信サービス」開始

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

Enjin×グラコネ:日本初のチャリティープロジェクト「KIZUNA NFTプロジェクト」開始

NASDAQ上場企業「150億円相当のビットコイン」を購入:Marathon Patent Group

NASDAQ上場企業「150億円相当のビットコイン」を購入:Marathon Patent Group

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す