Braveブラウザ:パブリッシャー登録数「350,000」を突破|YouTubeなどで利用者拡大

by BITTIMES

ブロックチェーン仮想通貨を活用したプライバシー重視のブラウザ「Brave(ブレイブ)」は、仮想通貨市場の下落にも関わらず順調に成長を続けています。「BATGrowth」のデータによると、Braveに登録しているパブリッシャーの数は「350,000」を突破したと報告されています。

こちらから読む:次世代型WEBブラウザ「Brave」とは?概要やダウンロード方法から

YouTube・Twitterユーザーなどに人気

Brave(ブレイブ)のパブリッシャー数や、仮想通貨ベーシック・アテンション・トークン(Basic Attention Token/BAT)のアドレス数などのデータを公開している「BATGrowth」によると、Braveブラウザのパブリッシャー数は「350,000」を、BATアドレスの数は「220,000」を突破したと報告されています。

Braveの報酬プログラムに登録を行った「WEBサイト製作者」や「クリエイター」などは、閲覧者から仮想通貨BATによる寄付を受け取ることができるため、このようなパブリッシャーの数は順調に増加し続けています。

記事執筆時点で「合計351,826」とされている"Braveブラウザパブリッシャー"のうち、最も多いのは「YouTube」となっており、その後には「Twitter・WEBサイト・Twitch・Reddit」などが続いています。各コンテンツのパブリッシャー数は以下の通りです。

YouTube232,134
Twitter39,508
WEBサイト38,855
Twitch19,524
Reddit12,677
Github6,945
Vimeo2,183
SoundCloud0

1年足らずで「820%」増加

Braveブラウザのパブリッシャーの数は、2019年初頭の時点で38,000未満だったと報告されているため、パブリッシャー数はわずか1年足らずで「820%」ほど増加したことになります。

これは「BATGrowth」のデータでもはっきりと示されており、YouTubeなどのパブリッシャー数を示したチャートも右肩上がりの状態が続いています。

(画像:BATGrowth)(画像:BATGrowth)

Braveのパブリッシャーの中には、
・Wikipedia(ウィキペディア)
・the Guardian(ガーディアン)
・the Washington Post(ワシントンポスト)
・Wikihow(ウィキハウ)
などといった世界的に有名なWEBサイトやメディアなども含まれているため、今後も新規登録者の数は増加していくことになると予想されます。

>>「BATGrowth」の公式サイトはこちら

2019年12月17日|Basic Attention Token(BAT)の価格

Basic Attention Token(BAT)の価格は、先月18日に30円台まで回復したものの、その後は下落傾向が続いており、2019年12月18日時点では「1BAT=19.28円」で取引されています。

BATを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年10月18日〜12月17日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2019年10月18日〜12月17日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

DMMビットコイン:スマホアプリに初心者向けの新機能「STモード」追加

DMMビットコイン:スマホアプリに初心者向けの新機能「STモード」追加

現物ビットコインETFは「2023年内」に承認される?ギャラクシー・デジタルCEOの予想

現物ビットコインETFは「2023年内」に承認される?ギャラクシー・デジタルCEOの予想

Flare「FlareDashboard」と提携|FTSOなどの情報提供でコミュニティの透明性向上

Flare「FlareDashboard」と提携|FTSOなどの情報提供でコミュニティの透明性向上

暗号資産取引所「OKX」日本居住者向けサービスで利用制限|出金できないとの報告も

暗号資産取引所「OKX」日本居住者向けサービスで利用制限|出金できないとの報告も

スイス食品メーカー:ブロックチェーンで「魚缶詰」を追跡|消費者に透明性ある情報を

スイス食品メーカー:ブロックチェーンで「魚缶詰」を追跡|消費者に透明性ある情報を

Decentraland上のメタバース都市「Oasis KYOTO」プレオープン:コインチェック

Decentraland上のメタバース都市「Oasis KYOTO」プレオープン:コインチェック

注目度の高い仮想通貨ニュース

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

総額888万円相当を山分け「暗号資産クイズ祭り」開催:OKCoinJapan

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

自動損益計算のクリプタクト「GESO Verse」と「DM2 Verse」に対応

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

Apple共同創設者:仮想通貨詐欺動画に関する訴訟で「YouTube」に勝訴

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す