JCB:ブロックチェーン企業「keychain」とパートナーシップ締結|決済分野で技術活用

by BITTIMES   

日本の大手クレジットカード会社である「JCB」は、2019年12月23日にブロックチェーン技術のリーディングカンパニーである合同会社「Keychain(キーチェーン)」と戦略的パートナーシップ契約を締結したことを発表しました。両社は「決済領域におけるブロックチェーンの活用」について検討していくと説明しています。

こちらから読む:警視庁、XEM流出事件で家宅捜査「国内ニュース」

Keychain(キーチェーン)とは

Keychain-logo

Keychain(キーチェーン)は、東京都港区に本社を構えるブロックチェーン技術のリーディングカンパニーであり「データ整合性の向上・管理コスト削減」のほか、金融・製造・医療などといった様々な分野で新規事業の支援を行っています。

様々な業種の企業に対して、ブロックチェーン上でデータセキュリティとIdentity基盤を実装できる「Keychain Core(キーチェーン・コア)」を提供している同社は、シンガポール銀行協会から「Global Fintech Award」、日本では経済産業省主催のIoT推進ラボで「審査員特別賞」を受賞しています。

今回の発表では、日本の大手クレジットカード会社である「株式会社ジェーシービー(JCB)」と戦略的パートナーシップ契約を結び、決済領域におけるブロックチェーンの活用について検討を開始したことが発表されています。

Keychain Core(キーチェーン・コア)とは

(画像:keychain.io)(画像:keychain.io)

Keychain(キーチェーン)が提供する「Keychain Core(キーチェーン・コア)」は、どのブロックチェーンプラットフォーム上でも利用することができるアプリケーション開発フレームワークです。

企業は「Keychain Core」を使用することによって、既存のインフラやアプリケーションと簡単に統合することができ「IoTスマートフォン・パソコン・スマートウォッチ」などといった様々なデバイスに対応することができます。

「Keychain Core」を導入することによって実現できることとしては以下のようなことが挙げられています。

ユーザーによる自己主権的なデジタルID管理

ユーザーは「Keychain Core」を導入することによって、デジタルアイデンティティを主体性をもって保持・管理することができるようになります。

データ・セントリック・セキュリティ

ユーザーのデータがクラウド上に分散型で保存されている場合でも、デバイスや通信環境を問わずに、ユーザーが事故主権的にデータセキュリティを管理することができるようになります。

セキュアなワークフロー

アクセス権限とワークフローを端末レベルで認証するため「未認証の端末からのアクセス・なりすまし・文章改ざん」などを防止することができます。

シームレスな契約締結

契約書データへの電子署名により、国内外を問わずに素早く契約を締結することができるようになります。

決済インフラのデータ整合性向上

決済インフラに必要な「端末認証技術」や「データ保護技術」を提供することによって、企業の利用している既存の決済インフラのデータ整合性を向上させることができます。

デジタルアセットの発行

中央銀行デジタル通貨(CBDC)・自治体が発行するデジタル資産・電子記録債権の発行などを技術的に支援します。

「新たな決済ソリューションサービス」提供へ

JCBは、このようなブロックチェーン技術に関する専門的知識や技術を有している「Keychain」と共に"決済領域におけるブロックチェーンの活用"について検討することによって、「サイバーセキュリティの強化」や「次世代の決済領域におけるオペレーション整合性の向上」などといった、新しい決済ソリューションサービスの提供を目指すとしています。

JCBは先日22日にアメリカ・カリフォルニア州のブロックチェーンスタートアップ企業「Paystand(ペイスタンド)」と覚書(MOU)を締結し、日本の中小企業を対象とした新たなB2B決済ソリューションサービスの検討に着手したことも発表しています。

>>「Keychain」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ライトニングラボがベータ版ソフトウェアLNDを発表

ライトニングラボがベータ版ソフトウェアLNDを発表

ブロックチェーンとIoTデバイスで「死んだ川」を浄化 ー フィリピン × Cypher Odin

ブロックチェーンとIoTデバイスで「死んだ川」を浄化 ー フィリピン × Cypher Odin

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月26日〜6月1日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月26日〜6月1日

ボストン大学:ブロックチェーンプロジェクトのICO調査結果を発表

ボストン大学:ブロックチェーンプロジェクトのICO調査結果を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

Binance US「XRP取引・入金の一時停止」を発表|大手取引所で上場廃止報告続く

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Flare Networks「ライトコインの統合」を発表|Sparkトークン(FLR)配布も予定

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ビットフライヤー:暗号資産自動積立サービス「bitFlyer かんたん積立」提供開始

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

ブロックチェーン用いた「賃貸入居プロセスのワンストップ化サービス」開始:NEXCHAIN

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

【Chiliz&Socios】Locker Roomに「F1関連の新トークン」追加|Locker One(LOCK-1)

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

Kraken:米国居住者向けのXRP取引サービス「一時停止」へ|リップル訴訟問題受け

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

決済大手Square「FinCENの仮想通貨規制案」に反対意見|様々な問題点を指摘

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す