イスラエル当局関係者「私たちはクリプトバレーになりたい」

by BITTIMES

イスラエル証券局と税務当局が3月19日に発行した「ICOに関する中間報告」は、イスラエルのリーダーとしての地位を固める政策枢動の始まりを示すとみられています。イスラエル当局は仮想通貨通貨とブロックチェーン技術を扱う企業の開発と取引を促進するための規制枠組み作りに向けた暫定的な第一歩を踏み出しました。

イスラエルではこれまで厳しい規制状況が続いていました。
ブロックチェーン企業は、イスラエルの銀行口座を開設することやテルアビブ株式市場のインデックスに参加することができません。

テルアビブのShibolet and Co.法律事務所のブロックチェーンとスマートコントラクトのパートナーであるSaul Adereth氏は、次のように語っています。

「彼らは間違いなくドアが開かれており、ここで歓迎されるプロジェクトがあることを示しています。過去2週間で、これらの企業に向けて徐々に開放し、イスラエルでこの技術を奨励するデモンストレーションが行われました」

イスラエル当局者は次のように語っています。

「技術を禁止し進歩を妨げるような領土にはなりたくない。それどころか、私たちは『クリプトバレー』になりたいと思っています」

多くの国では、業界が急速に成長し変化するにつれて、現在、適切な税務上の取り扱いと仮想通貨と仮想通貨関連の企業の規制に苦しんでいます。

イスラエル証券局の中間報告書は、イスラエルの経済が暗号通貨を扱う企業を受け入れることで利益を得る方法を強調しています。
この報告書は、イスラエルのICOへの規制アプローチを検討するため8月に開催された委員会によって、3月19日に発行されました。

3月14日の当局は、米国証券取引委員会(CISA)の政策を反映して、仮想通貨関連の企業は株式交換指数に含まれないことを確認しました。

当局の報告書は次のように述べています。

「分散型台帳技術に基づく業界は、イスラエルや世界中で、我々が知っているように金融界を変革し、合理化する可能性のある革新的な業界です。イスラエルのユニークな特徴とこの業界における世界的な地位は、この分野がイスラエル経済の発展に寄与することにつながる。通貨が証券と見なされるかどうかの問題は、法律の目的を背景に各事件の状況と特徴の全体に応じて決定される。」

税務当局Circularは、2018年7月からユーティリティー・トークンICOとその背後にある企業に対して、大幅な税制優遇を適用します。
またイスラエルの企業は、規制環境がより歓迎されている海外でICOを保有することを好んでおり、イスラエルのように税制上の優遇措置をその供与金の収益にまで広げようとしていると考えられています。

テルアビブの国際課税パートナーであるYitzchak Chikorel氏は「業界にとっては良いことだ」と述べています。

「それは経済を認めている。これらの企業やテクノロジーの分散型ビジネスモデルを実現します。彼らはそれについてもっとはっきりしています。彼らは分権化された経済学の哲学を理解している。今彼らはそれを理解している。」

この回覧では、直接ユーティリティトークンと発行会社から資産やサービスを購入するのではなく、他の企業から購入するトークンを発行する企業の収入の承認を延期することができます。

また、ユーティリティトークンICOからの収益は、「トークンの使用ペースに応じて会社の損益報告書に公表される責任または前払いの収益として記録される」とChikorel氏は述べています。

「彼らは収益認識を延期し、プラットフォームを構築し、コミュニティをサポートし、あらゆるプラットフォームに応じて必要なものをアップグレードし、実行するために会社が資金を活用できるようにします。だから大きな利点がある」

VAT負債は、サービスが提供されるまで延期され、イスラエルの住民ではないトークン所有者にはゼロ点が付与されます。

また、イスラエル中部にいる場合は法人税率を通常の23%から12%に引き下げることができる「優先技術企業」の特別税制の恩恵を受ける場合もあるエルサレムまたは周辺地域の国の「優先ゾーン」の1つから運営されている場合は、7.5%と低い。さらに、株主は配当金の50%ではなく20%の税金を支払うことができます。Chikorel氏は、「別の大きなメリット」と語った。

その姿勢の変化は、銀行からのポジティブな立場につながりました。これまで銀行は、暗号通貨を扱う企業の口座開設を拒否していました。「大手銀行の少なくとも1社は厳格な条件の下で口座開設を検討している」とChikorel氏は述べています。

Chikorel氏は次のようなコメントも述べています。

「これは画期的なことです。それは春の最初の飲み物のようです。最初のものですが、ドアを開けると他の人が続くでしょう。まだ承認されていません。それは依然としてその企業の主な障害ですが、私は解決策の兆しが見えると思います」

「銀行はまた、米国の規制当局を恐れている」

「より多くの人が、マネーロンダリング防止とクライアントの抱える問題の技術的解決策があることを知り、最終的に彼らは解決策を受け入れるだろう」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

BitBayがマルタ共和国に拠点を移動

BitBayがマルタ共和国に拠点を移動

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

タイは仮想通貨とICOに関する規制の強化を検討

世界初!仮想通貨アートオークション開催|Andy Warhol氏の作品出展

世界初!仮想通貨アートオークション開催|Andy Warhol氏の作品出展

ブロックチェーンの学生向けオンラインコースを開始|インドとIBMが協力

ブロックチェーンの学生向けオンラインコースを開始|インドとIBMが協力

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

注目度の高い仮想通貨ニュース

coincheckが海外送金サービス停止

coincheckが海外送金サービス停止

CARDANO(ADA)11%上昇!coinbaseが上場予定の仮想通貨5種類を発表

CARDANO(ADA)11%上昇!coinbaseが上場予定の仮想通貨5種類を発表

ビットコインキャッシュ(BCH)のW杯ゲームアプリがリリース|Bitcoin Cash Football

ビットコインキャッシュ(BCH)のW杯ゲームアプリがリリース|Bitcoin Cash Football

Facebook仮想通貨広告の一部を許可|ブロックチェーン研究チーム本格始動か

Facebook仮想通貨広告の一部を許可|ブロックチェーン研究チーム本格始動か

スイス証券取引所が仮想通貨取引所を設立|金融市場の新時代へ

スイス証券取引所が仮想通貨取引所を設立|金融市場の新時代へ

オランダの空港がビットコインATMを設置!余ったユーロはBTCやETHに

オランダの空港がビットコインATMを設置!余ったユーロはBTCやETHに

幻冬舎が仮想通貨やブロックチェーンのウェブメディア「あたらしい経済」を創刊|独自トークンも発行予定

幻冬舎が仮想通貨やブロックチェーンのウェブメディア「あたらしい経済」を創刊|独自トークンも発行予定

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

Huobi(フォビ)が日本居住者向けサービスを停止|7月2日までにすべきこと

Huobi(フォビ)が日本居住者向けサービスを停止|7月2日までにすべきこと

Bitcoinの価格は再び165万円に「今が良い買い時」元Goldman Sachs VP

Bitcoinの価格は再び165万円に「今が良い買い時」元Goldman Sachs VP

コインチェック1億リップル(XRP)補填完了!サービスの全面再開迫る

コインチェック1億リップル(XRP)補填完了!サービスの全面再開迫る

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す