Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

by BITTIMES

チリーズ(Chiliz/CHZ)は2020年2月21日に、仮想通貨トレーダー向けの自動トレードソリューションを提供している「Paratica(パラチカ)」と提携したことを発表しました。今回の提携によって「Chiliz.net」の取引量が増大すると期待されています。

こちらから読む:ユヴェントスFC、 "Sorare"で選手カード発行へ「スポーツ」関連ニュース

自動取引機能を「Chiliz.net」に統合

チリーズ(Chiliz/CHZ)が提携を結んだ「Paratica(パラチカ)」は、仮想通貨トレーダー向けの自動トレードソリューションを提供している企業であり、「テンプレートを用いて作成した戦略」や「上級者トレーダーの戦略をコピーした戦略」などで自動取引できるサービスを初心者と上級者の両方向けに提供しています。

Paratica(パラチカ)が提供している自動トレードソリューションは「Huobi」や「Binance」のサービスに対応していましたが、今回の提携によってChilizが提供するファントークン取引所でも同社のサービスを活用することができるようになるとされています。

Chilizは、仮想通貨CHZを基盤としたファン投票&報酬アプリ「Socios.com(ソシオスドットコム)」で発行されているスポーツチームの公式ファントークンを取引するためのサービス「Chiliz.net」を提供していますが、今回の提携によって「Chiliz.net」には「Paratica」の自動トレードソリューションを組み込まれるため、ファントークンの取引量が増大することになると期待されています。

「Paratica」の自動トレード機能を活用することによって「Chiliz.net」のユーザーは、仕事や社会生活に支障をきたすことなく高度な取引を行うことができるようになるとのことです。

「Socios.com」にはすでに非常に多くのサッカークラブやeスポーツチームが参加していますが、最近では「2020年末までにはフットボールeスポーツ・その他スポーツ&エンターテイメント分野に関連した50種類ものファントークンが公開される」ということも明らかにされているため、Chilizの流動性はさらに高まっていくことになると期待されます。

>>「Chiliz」の公式発表はこちら

2020年2月24日|チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格

チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格は今月17日に1.35円付近まで下落したものの、その後は横ばいの状態が続いており、2020年2月24日時点では「1CHZ=1.47円」で取引されています。

CHZを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年2月10日〜2020年2月24日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)2020年2月10日〜2020年2月24日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月9日〜15日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年2月9日〜15日

大学のブロックチェーン研究「世界規模で推進」Ripple社の支援プログラムに11校が参加

大学のブロックチェーン研究「世界規模で推進」Ripple社の支援プログラムに11校が参加

ビットコインは詐欺なのか?「法定通貨は価値の裏付けがある」の真っ赤なウソ

ビットコインは詐欺なのか?「法定通貨は価値の裏付けがある」の真っ赤なウソ

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

米通貨監督庁:国立銀行の「暗号資産カストディ提供」を許可

Apple:ビットコイン「アイコン」と「CryptoKit(クリプトキット)」公開へ

Apple:ビットコイン「アイコン」と「CryptoKit(クリプトキット)」公開へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「ポルカドット(DOT)のステーキング」に対応

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

BINANCE:ビットコイン入金で「SegWit」に対応|送金時の注意点も

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

MOBI:ブロックチェーン用いた車両識別標準規格第2弾「VID II」リリース

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

ビットコイン価格「300万円」まで下落|著名投資家が予想する今後の動きは?

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す