ソシオスドットコム:会員証機能を備えたデビットカード「Socios ID」発行へ

by BITTIMES

チリーズ(ChiliZ/CHZ)が提供するファン投票&報酬アプリ「Socios.com(ソシオスドットコム)」は、2020年2月24日に仮想通貨CHZを法定通貨に交換して支払いを行うことができる"デビット機能"と"メンバーシップ機能"を搭載したカード「Socios ID」を発行すると発表しました。

こちらから読む:G20、共同声明でステーブルコインに言及「仮想通貨」関連ニュース

グローバルID番号を与え「様々な特典」を付与

Socios.com(ソシオスドットコム)が発表した「Socios ID」は、ブロックチェーン技術を基盤としたスポーツエンタメ業界向けの世界初のID認証カードだとされており、保有するCHZ枚数に基づいてカスタマイズが可能なグローバルID番号を世界中のファン/ユーザーに与え、様々な特典を付与することを目的としていると説明されています。

「Socios ID」は本人確認手続き済みの認証ツールとして「Socios.com」のプラットフォームで取得できるようになる予定となっていますが、2020年夏頃には「Socios.comプリペイドカード」を発行することも計画していると伝えられています。

「Socios.comプリペイドカード」には、Socio ID情報と保有している仮想通貨ウォレットが紐付けられており、CHZ以外の通貨も使用できるようになる予定だと説明されています。このカードは「会員証」および「決済カード」の両方として使用することができ、Socios.comアプリ内のウォレットとシームレスに連動する"CHZ/FIATデビットカード"としてSocios.comの報酬の引換やパートナー割引などに利用することができるとのことです。

「Chiliz」と「Socios.com」は、これらのカードを発行することによって仮想通貨CHZや各種チームのファントークンの取引を活発化させることを目指しています。ChilizのCEOであるAlexandre Dreyfus(アレクサンドレ・ドレイファス)氏は「Socios ID」の発行について次のように語っています。

ブロックチェーン技術を用いてファンに独自のIDを与えるということは、スポーツおよびチケット業界で幅広い活用が期待できるユースケースと言えます。スポーツエンタメファンの方々に使用していただける製品のローンチはもちろん目的の一つですが、弊社が提携を結んでいるパートナークラブのエコシステムとの新たな繋がりを作り出すという大きな目的もあります。

これによりファントークンの持つ力がより強固なものとなり、CHZやその他特典を受け取ることが可能となります。ブロックチェーンおよびスポーツ業界で革新的なリーダーとしての位置を保ち続けるための戦略とも言えます。スポーツエンタメ業界のIPとファンベースの距離をより近いものにすることが可能となるでしょう。

「Socios ID」は最初に欧州地域でリリースされることになっており、その後は「南米・トルコ・アジア」などのグローバル市場に事業を拡大していく予定だとされています。カード発行者に関する詳細はカードローンチ時に発表される予定であり、現在はローンチに向けて仮想通貨業界やその他業界のパートナーとの協議を進めていると報告されています。

>>「Socios.com」の公式発表はこちら

2020年2月25日|チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格

チリーズ(ChiliZ/CHZ)の価格は今月17日に1.35円付近まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2020年2月25日時点では「1CHZ=1.45円」で取引されています。

CHZを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2020年2月11日〜2020年2月25日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)2020年2月11日〜2020年2月25日 CHZのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

カルダノ「模擬スナップショットウォレット」公開|テストネット用残高の確認が可能に

スイスの金融市場監督機関が ICO の規制に関するガイドラインを発表

スイスの金融市場監督機関が ICO の規制に関するガイドラインを発表

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

仮想通貨決済の「消費税」を免税に|税金制度の草案を公開:シンガポール内国歳入庁

仮想通貨決済の「消費税」を免税に|税金制度の草案を公開:シンガポール内国歳入庁

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

注目度の高い仮想通貨ニュース

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

ビットポイント:仮想通貨XRPの「即時送金サービス」提供開始

ビットポイント:仮想通貨XRPの「即時送金サービス」提供開始

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

インド中央銀行:最高裁判所の「仮想通貨禁止令撤回」要求に異議

インド中央銀行:最高裁判所の「仮想通貨禁止令撤回」要求に異議

FX-Listから始める外国為替投資

FX-Listから始める外国為替投資

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

仮想通貨リンク(LINK/LN)とは?基本情報・特徴・対応取引所などを解説

仮想通貨リンク(LINK/LN)とは?基本情報・特徴・対応取引所などを解説

日本通運:ブロックチェーン基盤の「輸送網」構築へ|倉庫設備などに1000億円投資

日本通運:ブロックチェーン基盤の「輸送網」構築へ|倉庫設備などに1000億円投資

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

ブロックチェーンゲーム「The Sandbox」スクウェア・エニックスなどから2億円の資金調達

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す