Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

by BITTIMES   

仮想通貨取引所Bitfinexは、現在香港に構えている拠点を、今後スイスに移す予定であることが明らかになりました。スイス当局との交渉もすでに行われていることが、スイスのnewsweekly Handelszeitungによって報告されています。スイスは潜在的な目的地リストのトップにあり、ロンドンも代替策と考えられているとのことです。

スイスのnewsweekly Handelszeitungによると、Bitfinexの役員とスイスの国際財務事務局(SIF)との間では、すでにいくつかの会合が行われていることから、Bitfinexの最高経営責任者であるJean-Louis van der Velde氏を直接的に挙げています。

Bitinfexはスイス連邦経済教育省のJohann Schneider-Ammann教授と接触しています。Schneider-Ammann教授は、今年の会議で講演した以前から、業界に優しい規制環境を作り、世界の「暗号国家」となるためにスイスに呼びかけてきました。

Bitfinexのチーフはスイス当局と建設的に話し合いを進めているとされており、次のように語っています。

「私たちはBitfinexと親会社であるiFinexの永続的な新しい家を探しています。そこでは以前にいくつかの場所に分散していた業務を統合したいと考えています。」

Bitfinexでは、過去5年間で約5億回の取引が行われている世界でも最大規模の仮想通貨取引所であり、Bitfinex社の親会社であるiFinex Switzerlandを新AG(Aktiengesellschaft)として設立しています。公的な証券取引所でiFinexは現在イギリス領バージン諸島にあります。

アジアから欧州への実質的な移転は、iFinexの法務部門と財務部門がBitfinexの開発および顧客サービス拠点と一緒にスイスに移っていることも伝えられています。

Bitfinexは、多くの国際的な取引所で頻繁に取引されるドル建てのトークンであるテザー(USDT)を発行するiFinex子会社のTetherとの関係に関して、多くの批判を受けています。

BitfinexとTetherは、米国商品先物取引委員会(CFTC)の召喚令状も受け取り、Bitfinexはスイスのすべての規制要件に準拠しています。

BitfinexのCEOであるvan der Velde氏は次のように述べています。

「我々はすべての取引所の中で最も透明で、スイスの規制当局の要求を満たすことを望んでいます。」

スイスの規制状況は?

スイスは今年2月に、今後のICOをどう評価し、どの法律を適用するかを決定するために、ICOで発行されるトークンを、決済トークン/ユーティリティトークン/資産トークンという3つのカテゴリーに分類し、それぞれに適用する法律を明らかにしています。

スイスからは、ICOや仮想通貨に対して前向きな姿勢が伺えます。

Binanceもマルタ島に拠点を移す予定

拠点の移動を検討しているのはBitfinexだけではありません。
世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)は、ブロックチェーン・アイランドになることを目指しているマルタ島に拠点を移す予定であることを発表しています。

バイナンスは、日本での取引所開設も予定していましたが、今月日本の金融庁から警告を受けることとなりました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メルセデス・ベンツ:ブロックチェーンで「コバルト」の生産情報管理

メルセデス・ベンツ:ブロックチェーンで「コバルト」の生産情報管理

ブロックチェーンスマホ「Acute Angle」中国・東南アジア地域で発売へ|Huobiも出資

ブロックチェーンスマホ「Acute Angle」中国・東南アジア地域で発売へ|Huobiも出資

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

ビットコイン「再び急落」の可能性|強気相場突入前に70万円台接触か

ビットコイン「再び急落」の可能性|強気相場突入前に70万円台接触か

2018年12月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2018年12月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

IBMのブロックチェーン技術で「鶏肉ブランド」の安全保証|フランス小売大手カルフール

IBMのブロックチェーン技術で「鶏肉ブランド」の安全保証|フランス小売大手カルフール

注目度の高い仮想通貨ニュース

原子力発電所の余剰電力で「仮想通貨マイニング」ウクライナ政府が提案

原子力発電所の余剰電力で「仮想通貨マイニング」ウクライナ政府が提案

ライトコイン財団:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携

ライトコイン財団:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携

ビットコイン「3度目の半減期」を通過|価格への影響と今後予想される動き

ビットコイン「3度目の半減期」を通過|価格への影響と今後予想される動き

富士通×BOOSTRY:異なるブロックチェーン間の「デジタル資産取引」に成功

富士通×BOOSTRY:異なるブロックチェーン間の「デジタル資産取引」に成功

投票結果に基づき「Cardano/ADA」の購入機能追加:ハードウェアウォレットELLIPAL

投票結果に基づき「Cardano/ADA」の購入機能追加:ハードウェアウォレットELLIPAL

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

ポル「PoL Enterprise」正式リリース|企業のブロックチェーン導入・開発を支援

ポップアートの巨匠「Andy Warhol」の作品をトークン化|STRAYMで分割販売へ

ポップアートの巨匠「Andy Warhol」の作品をトークン化|STRAYMで分割販売へ

Ripple社「ローン関連の新事業」展開か|公式サイトで製品管理ディレクターの求人募集

Ripple社「ローン関連の新事業」展開か|公式サイトで製品管理ディレクターの求人募集

仮想通貨交換所ELQUIREX「ウォレット・投資オプション」の機能を追加

仮想通貨交換所ELQUIREX「ウォレット・投資オプション」の機能を追加

イーサリアム:100ETH以上保有するアドレス数「過去最高値」を更新

イーサリアム:100ETH以上保有するアドレス数「過去最高値」を更新

Huobi Japan:フォビトークンがもらえる「HT新規取扱い記念キャンペーン」開始

Huobi Japan:フォビトークンがもらえる「HT新規取扱い記念キャンペーン」開始

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

Ripple社「ISO 20022」の標準化団体メンバーに参加【DLT関連企業初】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す