Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

by BITTIMES   

仮想通貨取引所Bitfinexは、現在香港に構えている拠点を、今後スイスに移す予定であることが明らかになりました。スイス当局との交渉もすでに行われていることが、スイスのnewsweekly Handelszeitungによって報告されています。スイスは潜在的な目的地リストのトップにあり、ロンドンも代替策と考えられているとのことです。

スイスのnewsweekly Handelszeitungによると、Bitfinexの役員とスイスの国際財務事務局(SIF)との間では、すでにいくつかの会合が行われていることから、Bitfinexの最高経営責任者であるJean-Louis van der Velde氏を直接的に挙げています。

Bitinfexはスイス連邦経済教育省のJohann Schneider-Ammann教授と接触しています。Schneider-Ammann教授は、今年の会議で講演した以前から、業界に優しい規制環境を作り、世界の「暗号国家」となるためにスイスに呼びかけてきました。

Bitfinexのチーフはスイス当局と建設的に話し合いを進めているとされており、次のように語っています。

「私たちはBitfinexと親会社であるiFinexの永続的な新しい家を探しています。そこでは以前にいくつかの場所に分散していた業務を統合したいと考えています。」

Bitfinexでは、過去5年間で約5億回の取引が行われている世界でも最大規模の仮想通貨取引所であり、Bitfinex社の親会社であるiFinex Switzerlandを新AG(Aktiengesellschaft)として設立しています。公的な証券取引所でiFinexは現在イギリス領バージン諸島にあります。

アジアから欧州への実質的な移転は、iFinexの法務部門と財務部門がBitfinexの開発および顧客サービス拠点と一緒にスイスに移っていることも伝えられています。

Bitfinexは、多くの国際的な取引所で頻繁に取引されるドル建てのトークンであるテザー(USDT)を発行するiFinex子会社のTetherとの関係に関して、多くの批判を受けています。

BitfinexとTetherは、米国商品先物取引委員会(CFTC)の召喚令状も受け取り、Bitfinexはスイスのすべての規制要件に準拠しています。

BitfinexのCEOであるvan der Velde氏は次のように述べています。

「我々はすべての取引所の中で最も透明で、スイスの規制当局の要求を満たすことを望んでいます。」

スイスの規制状況は?

スイスは今年2月に、今後のICOをどう評価し、どの法律を適用するかを決定するために、ICOで発行されるトークンを、決済トークン/ユーティリティトークン/資産トークンという3つのカテゴリーに分類し、それぞれに適用する法律を明らかにしています。

スイスからは、ICOや仮想通貨に対して前向きな姿勢が伺えます。

Binanceもマルタ島に拠点を移す予定

拠点の移動を検討しているのはBitfinexだけではありません。
世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)は、ブロックチェーン・アイランドになることを目指しているマルタ島に拠点を移す予定であることを発表しています。

バイナンスは、日本での取引所開設も予定していましたが、今月日本の金融庁から警告を受けることとなりました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

LINEの独自通貨リンク(LINK/LN)韓国の大手取引所「Bithumb」に上場

LINEの独自通貨リンク(LINK/LN)韓国の大手取引所「Bithumb」に上場

暗号資産取引所Bitget「香港市場から撤退」ライセンス取得を断念

暗号資産取引所Bitget「香港市場から撤退」ライセンス取得を断念

Ripple:コマーシャル動画「2カ国」で放送開始|ブランドの認知度向上へ

Ripple:コマーシャル動画「2カ国」で放送開始|ブランドの認知度向上へ

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

ビットコインATM設置台数、ついに「10,000台」を突破|世界71ヵ国に展開

BINANCE:仮想通貨販売所で「8種類の法定通貨」に新規対応

BINANCE:仮想通貨販売所で「8種類の法定通貨」に新規対応

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

シバイヌ(SHIB)「TOKEN2049 DUBAI」のゴールドスポンサーに|多数の著名人が参加

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す