銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

by BITTIMES

イタリアの銀行である「Banco Sella(バンコ・セラ)」は、銀行独自のプラットフォームを介して顧客がビットコイン(Bitcoin/BTC)を直接売買したり、仮想通貨で支払いを行うことができるサービスのテストを開始しました。

こちらから読む:ビットコイン価格60万円台に回復「仮想通貨」関連ニュース

銀行アプリに「仮想通貨機能」を追加

Banco Sella(バンコ・セラ)が開始したビットコイン取引サービスは「Hype」と呼ばれる銀行独自のプラットフォームを介してベータ版として提供されています。このプラットフォームは同銀行が100万人以上の顧客向けに提供している銀行アプリであり「iOS・Android・デスクトップ」で利用できるようになっています。

「Hype」は一般的な銀行サービスを提供するアプリとなっているため、利用者の人々は銀行の残高を確認したり、店舗で支払いを行なったり、支払いによるキャッシュバックを受け取ったりできるものとなっていますが、現在は仮想通貨関連の機能が追加されているため、ビットコインを売買するだけでなく、仮想通貨を使用して商品を購入したりすることもできるようになっています。

公式サイトの情報によると、このアプリには一般的な仮想通貨ウォレットと同様の機能が搭載されており「ユーザーはわずか4回のタップで簡単かつ無料でビットコインウォレットを作成できる」と説明されています。作成されたウォレットは「Hype」のアカウント情報に紐づけられるため、そのままアプリ上で仮想通貨を購入したり、ビットコインを管理したりすることが可能です。

ビットコイン取引サービスは仮想通貨取引所などといった第三者機関を介さずに提供されているため、利用者は直接ビットコインを売買することができます。ただし、取引できるBTCの数量は登録しているプランに応じて上限が定められており、手数料も「購入手数料は購入金額の1%」「販売手数料は販売金額の1%+マイニング料金」と設定されています。

ドイツでは「40以上の銀行」が仮想通貨に関心

ビットコイン(BTC)などをはじめとする仮想通貨関連のサービスはこれまで銀行以外の企業などから提供されていましたが、最近では複数の国の銀行がビットコインに関心を示しており、ドイツでは合計40行の銀行が"仮想通貨管理サービス"に関するライセンスを申請していると報告されています。

銀行で直接仮想通貨関連のサービス提供が開始されれば、仮想通貨の信頼性も高まり、より気軽に仮想通貨を購入することができるようになるため、仮想通貨市場全体の成長につながると期待されます。

現時点で多くの銀行はビットコインなどの仮想通貨に対して懐疑的な見方を示していますが、一部の銀行は仮想通貨を受け入れ始めているため、このような流れの中でその他の銀行がどのような対応を取るかにも注目です。

(参照:Hype公式サイト

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

タイムチケットの仮想通貨タイムコイン(TMCN)「BitForex」上場決定

タイムチケットの仮想通貨タイムコイン(TMCN)「BitForex」上場決定

Bithumb:分散型取引所(DEX)のサービス開始「手数料無料・エアドロップ」イベントも

Bithumb:分散型取引所(DEX)のサービス開始「手数料無料・エアドロップ」イベントも

【抵抗線突破】NEM/XEM「5円台」まで価格回復|今後の注目ポイントは?

【抵抗線突破】NEM/XEM「5円台」まで価格回復|今後の注目ポイントは?

ビットコインドキュメンタリー映画が完成

ビットコインドキュメンタリー映画が完成

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

仮想通貨法案成立で日本が仮想通貨先進国へ

仮想通貨法案成立で日本が仮想通貨先進国へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

個人データ提供でファントークンがもらえる情報銀行アプリ「YELLDatabank」公開

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

銀座渡利:寿司職人の包丁さばきNFT「SUSHI TOP SHOT」nanakusaで限定販売へ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

DMMビットコイン:新規口座開設完了で「2,000円がもらえるキャンペーン」開始

DMMビットコイン:新規口座開設完了で「2,000円がもらえるキャンペーン」開始

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す