Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

by BITTIMES

Ripple(リップル)社でプロダクト責任者を務めているAsheesh Birla(アシェシュ・ビルラ)氏は、最近行われたインタビューで『Ripple社は今後2年間で大きな成果をあげる』と語り、特にアジアが業界をリードしていくと考えていることを明かしました。

こちらから読む:ビットポイント、XRPの即時送金サービスを開始「Ripple」関連ニュース

「アジアが業界をリードする」とも予想

Facebook(フェイスブック)のCEOであるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏の姉であり、ラジオMCを務めているRandi Zuckerberg(ランディ・ザッカーバーグ)氏は、2020年3月19日のツイートでRipple社のプロダクト責任者であるAsheesh Birla(アシェシュ・ビルラ)氏に取材を行った際の会話内容を引用し、Ripple社やその取り組みなどについての紹介を行いました。

同氏の報告によると、Asheesh氏は『Ripple社は次に2年間で大きな成果をあげる』と語っており、『今後は特にアジアが業界をリードする』と考えるているとのことです。

「私はRipple社が次の2年間で本当に大きな成果をあげると考えています。ブロックチェーン技術によって世界秩序は再編されることになるでしょう。私は特にアジアが今後をリードすることになると考えています。」@Asheesh Birla氏

Asheesh氏はブロックチェーン技術の重要なポイントとして「銀行やその他金融機関に関わらず仲介者を排除できること」を挙げており、ブロックチェーン技術がインターネットを枠を超えて"金融サービス"にも大きな影響を与えるということを説明しています。

Randi氏のツイートにはRipple社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏も反応しており『Asheesh氏はプロダクト担当者だが常にビジネスのことを熟知している』と付け足しています。

『アジアが今後をリードする』という発言についての具体的な説明は行われていないものの、Ripple社は日本のSBIホールディングと「SBI Ripple Asia」を立ち上げており、アジア地域での提携関係を拡大しているため、Ripple社はアジアを重要な市場として捉えているのだと考えられます。

Ripple社は今月初めにタイのフィンテック企業である「DeeMoney」と提携を結んだ他、2月末には韓国の送金会社3社と提携を結んでいます。

2020年3月21日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は今月13日に13円台まで下落したものの、その後はやや回復しており、2020年3月21日時点では「1XRP=17.51円」で取引されています。

2020年3月7日〜2020年3月21日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2020年3月7日〜2020年3月21日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年、ビットコインが世界市場シェア「5%」を獲得と予想:米著名投資家

2023年、ビットコインが世界市場シェア「5%」を獲得と予想:米著名投資家

ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

グローバル・ステーブルコイン規制に向けた「10の要点」を発表:金融安定理事会

グローバル・ステーブルコイン規制に向けた「10の要点」を発表:金融安定理事会

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

MicroStrategy:ビットコイン「267億円相当」を追加購入

コインチェック「SorareのNFT選手カード」取扱いへ|49名のレアカードも限定販売

コインチェック「SorareのNFT選手カード」取扱いへ|49名のレアカードも限定販売

イラン政府:電力不足受け「ビットコインマイニングの一時的な禁止措置」を発表

イラン政府:電力不足受け「ビットコインマイニングの一時的な禁止措置」を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

GMOコイン「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産サービスでサポート

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

ビットバンク:1万円が当たる「XYM取引高世界1位達成記念キャンペーン」開始

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

BINANCE「中国本土向けサービス完全停止」へ|2021年末に人民元建て取引を終了

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

COTI:カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す